郡上踊り

2018年8月26日 (日)

劇団ともしびのミュージカル「野菊の礎」を観て八幡神社で郡上おどりを踊る。


811

Dsc04087

Dsc04023

Dsc04032


郡上の「劇団ともしび」は、ことし、創立60周年ということで、これは大変なことで、劇団などと言うのは、一つ芝居をやることに、喧嘩別れしたり分裂したりが普通で、人の人生程の歳月を劇団として保ち続けているというのは、素晴らしいことだと思う。

Dsc04022

Dsc04043

Dsc04062

Dsc04056

「ともしび」の上演演目の歴史を劇団のホームページで見てみると、日本の新劇運動の歴史を見るようで面白い。

Dsc04093

とてもいいお芝居だった。とてもいい台本で納得のいく結末だった。

さらに磨き上げて、郡上八幡の名物のミュージカルにしてほしい。

正直、これだけの劇団だと思わなかった。素晴らしい。


825

会場の郡上市総合文化センターは、ご覧の様に満員。そしてカーテンコールでは、惜しみない拍手が。


Dsc04091

先月の豪雨による延期のお陰で、郡上の「劇団ともしび」のミュージカル「野菊の礎」と、郡上おどりを同じ日に楽しむことが出来た。

Dsc04097

平成30年 8月25日(土)の郡上おどりは、八幡神社の小野天神祭

それでは、いつものように写真速報を。

Dsc04102

Dsc04110

Dsc04113

Dsc04116

Dsc04119

Dsc04131

Dsc04143

Dsc04142


さてさて、こんな時間に話が長くなって恐縮だが、盆おどり人柱と言えば、小泉八雲の“人柱にされた娘”というお話がある。


8252

山陰の島根の松江は、“盆おどりを踊らない街” だ。

昔、松江城の石垣を築く際、何度やっても石垣がくずれ、途方に暮れた家臣が、盆踊りに集まった娘のなかから踊り上手を選んで城の人柱にした。

Dsc04045

盆踊りを踊ると人柱にされる。

松江の城下で盆踊りを踊ると天守閣が揺れる。盆踊りを踊ると城で娘がすすり泣く声が聞こえる。

以来、松江では盆踊りが踊られなくなった。ということだ。

郡上おどりでは、踊り上手に免許状がもらえるが、松江では、踊り上手は人柱にされる。

Dsc04146

おそがい話だ。

つくづく、郡上でよかったと思う、今日この頃だ。

Dsc04100






いや、もしかして、およしちゃんは、踊り上手だったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

郡上城の人柱 “およしちゃん”のミュージカル。

825

さて、最近は、GJ8マンとならんで、すっかり郡上八幡の人気キャラクターとして定着した、郡上城の人柱・伝説の“およしちゃん”。

その“およしちゃん”のミュージカル「野菊の礎」(いしずえ)が地元の劇団で上演される。

「劇団ともしび」なんて名前も、とてもなつかしくて、50年代60年代の日本の演劇状況を彷彿とさせるネーミングで、つまり日本人が、とてもまじめに一生懸命いきていた時代の、まじめな若者の時代、“ともしび”という名前は、あのロシア民謡からだと思うが、あの国がインテリの憧れでもあった時代なのだ。

こういう劇団が続いている郡上八幡はステキだと思う。

本当は、7月に上演されることになっていたが、あの豪雨災害で自粛して8月に延期になった。

会場は、郡上市役所の隣の郡上市総合文化センター。

8月25日(土)の“郡上おどり”会場は、八幡神社。

市役所からは、ほんの数分の場所だ。毎年この日は、市役所の隣の愛宕駐車場に車を停める。

公演が夕方6時半からなので、観劇後、八幡神社で郡上おどりというコースがピッタリだ。

駐車場はとても広いし、料金ゲートはあるが、たしかこの時期は無料のはずだ? 

25日は、なごりの郡上おどりを、およしちゃんと踊るつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

郡上おどり 平成30年 団体おどりコンクール 写真速報。

平成30年8月19日(日) 日吉神社祖霊祭 立町

Dsc03878

Dsc03864

Dsc03884

Dsc03886_2

Dsc04011

Dsc03895

Dsc03903

Dsc03914

Dsc03905

Dsc03927

Dsc03931

Dsc03957

Dsc03967

Dsc03979

Dsc03981

Dsc03988

Dsc03992

Dsc03996

Dsc03999

Dsc04003_2

 

Dsc04005_2

 

Dsc04008

Dsc04011_2

※ 不都合な写真は、メールを戴けば削除致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

郡上おどり 平成30年 盂蘭盆会 徹夜おどり 二日目 写真速報。

平成30年8月14日(火) 新町~橋本町

Dsc03830

Dsc03863

Dsc03679

Dsc03780

Dsc03682

Dsc03695

Dsc03694

Dsc03702

Dsc03704

Dsc03719

Dsc03709

Dsc03736

Dsc03738_2

Dsc03747

Dsc03761

Dsc03762

Dsc03766

Dsc03772

Dsc03788

Dsc03789

Dsc03793

Dsc03800

Dsc03803

Dsc03804

Dsc03813

Dsc03816

Dsc03817

Dsc03822

Dsc03833

Dsc03835

Dsc03837

Dsc03839

Dsc03842

Dsc03846

Dsc03852

Dsc03855

※ 不都合な写真は、メールをいただけば削除いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

郡上おどり 平成30年 およし祭 写真速報。

平成30年8月3日(土) 郡上城の人柱伝説の およし祭。 下殿町
Dsc03560

Dsc03562

Dsc03566

Dsc03567

Dsc03570

Dsc03584

Dsc03591

Dsc03606

Dsc03607

Dsc03609

Dsc03621

Dsc03628

Dsc03630

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

郡上おどり 平成30年7月29日 犬啼水神祭 写真速報。

Dsc03474_2

Dsc03475_3

Dsc03479_2

Dsc03484_2

Dsc03486_3

Dsc03493_2

Dsc03499_2

Dsc03520_2

Dsc03530_2

Dsc03532_2

Dsc03541_2

Dsc03543_2

Dsc03547_2

Dsc03553_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

郡上八幡 八坂神社天王祭の縁日おどりで郡上おどり。

Dsc03120

Dsc03035

八坂神社、いかにも奥美濃の小京都・郡上八幡にふさわしい神社ではないか。
今日の郡上おどりは、八坂神社天王祭の縁日おどり。

Dsc03038

Dsc03046



有名な京都の祇園祭が、平安時代に疫病や災害からの厄除けを願った祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源 であるように、八幡の八坂神社天王祭も、この時期の厄災の除去を願ったものであろうことは間違いない。

Dsc03041

神社というより、祠(ほこら)という風情だが。

昔の郡上おどりは、この八坂神社の天王祭から始まったそうだ。
祇園の八坂神社が、場所柄から恋愛のパワースポットとされるように、八幡の八坂神社も、夏休み直前の郡上の若者の、恋のパワースポットたりえるかもしれない。

Dsc03048

Dsc03053

祇園祭のような豪華絢爛な屋台こそないが、参道には子供達が描いた絵行灯に灯りがともされ、心のこもった宵の祭りだ。

Dsc03106

それでは、平成30年7月16日(土)の八坂神社天王祭、上殿町での縁日踊りの写真速報を。

Dsc03062

Dsc03073

Dsc03075

Dsc03082

Dsc03089

 

Dsc03133

Dsc03134

Dsc03135

Dsc03139

Dsc03144

Dsc03128

Dsc03106_2

Dsc03047

暗い会場で上手く写真が撮れなくって、ご勘弁願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

全国一の暑さを記録した郡上市で、平成30年度 郡上おどり おどり発祥祭。

Dsc02942

Dsc02883

先日の豪雨では、長良川の源流部・郡上市の“ひるがの高原”が五日間の総雨量が1000ミリを超す、空前の雨に見舞われ、中流部で長良川に合流する津保川では大変な被害もでたが、全体としては長良川は良く耐え、本流部は、一部で道路への土砂の崩落程度で済んだ。

Dsc02884

あれから1週間、すでに長良川は平水に戻り、なにごともなかったように水は澄んでいるが、あれから復旧や対策に追われている河川や道路、鉄道の管理者に心から感謝し、強かった長良川を造り上げてきた人達に感謝の今日この頃だ。

Dsc02888

さて、毎年この時期は、いろいろとあって大変だが、今年も、奥美濃の夏の到来を告げる“郡上おどり”が始まった。

Dsc02890

平成30年7月14日(土)14時現在 なんと郡上市は38.4度と全国一の気温を記録。

その後、多治見市が38.7度を記録。郡上市八幡町は岐阜県揖斐川町とならんで全国三位の記録となった。

Dsc02893

「おどり発祥祭」、これから9月8日のおどり納めまで、お盆の4日間の徹夜おどりも含めて31夜の盆踊りの幕開けだ。(連日というのではありません。)

Dsc02894

Dsc02901

Dsc02904

Dsc02910

Dsc02911

Dsc02913

待ちかねたように、日本全国から何万人もの人が“踊るため”に集まり、近頃では“日本の盆踊り”に魅せられた外国人のリピーターも珍しくはない。

Dsc02916

Dsc02924

Dsc02925

Dsc02926

Dsc02937

Dsc02946

さてさて、おどりの開幕を告げる発祥祭では、安全祈願の神事の後、お囃子や音頭取りが乗る屋形を中心に、保存会や各団体グループが踊り流しで、旧庁舎記念館前の広場に入り、市長の開幕宣言で踊りが始まる。

Dsc02972

Dsc02983

Dsc02986

Dsc02992

Dsc02995

Dsc03007

Dsc03017

Dsc03019

踊りの無いシーズンを耐えてきた“おどり助平”の皆さんが、ヤケドしそうな熱さで踊り屋形を何重にも囲み、音頭取りはシーズンオフに更に鍛えたノドを張り、三味線も笛も太鼓も梅雨明けの郡上の夜空に響き渡る。

Dsc03020

Dsc03024

Dsc03026

ああ、ことしも踊りに郡上へ帰ってこられた。

いろいろあったけれど、ことしも郡上へ踊りに来られた。

Dsc02886



そしてお盆には、キリコ灯篭を目印に、去年の夏に空に昇ったトヨさんも降りてきて初めての郡上おどりに参加するはずだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



郡上おどり 踊り助平歴史派必読
sign01
明治維新の悲劇・郡上藩の凌霜隊(りょうそうたい)のことが書かれた郡上の歴史家・高橋教雄先生の本を再版しようというクラウドファンディングに参加を。下の写真をクリックするとホームページへ行けます。
私もパトロンになりました。

711_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

郡上おどり 「後藤直弘の郡上節」CD完成を祝う会。

"> Dsc02881

昨夜の雨は、長良川上流部が軒並み氾濫危険水位を超えるような事態だったけれど、今朝方には水位も下がり、まだ水防団待機水位くらいはあるが、なんとか収まりそうな気配。
さて、こんな時にナニだが、郡上おどりの開幕、郡上おどり発祥祭まで一週間。
今朝の岐阜新聞に、郡上おどりの、音頭取りの名手「後藤直弘」さんのCDが完成したと大きく取り上げられていた。

Dsc02878

「郡上節」伝説の音頭取り・故桝田耕三さん直伝の唱を半世紀にわたり引き継いできた当代の名手・後藤直弘さんの「郡上魂のこもった唱を記録として残したかった。」という市民有志の自主制作によるCDが完成して、祝う会が5日夜行われた。そうだ。

Dsc02875

CDは、三千円で郡上八幡旧庁舎記念館や城下町プラザで販売されているという。

14日の「おどり発祥祭」が楽しみだ。

続きを読む "郡上おどり 「後藤直弘の郡上節」CD完成を祝う会。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

郡上おどり 平成29年度 おどり変装コンクール 写真速報 表彰式編。

Dsc00809

個人の部 表彰式 写真は下へいくほど上位

Dsc00812

Dsc00817

Dsc00823

Dsc00825

Dsc00829

団体の部 表彰式

Dsc00835

Dsc00838

Dsc00842

Dsc00849

Dsc00853

Dsc00862_2

Dsc00864

郡上おどりも、あと二回の開催になってしまいました。

Dsc00870

Dsc00882

Dsc00877

コンクール参加の個人と団体は、自由に写真をお使いください。

関係以外の方の写真の転用はお断り致します。

不都合な写真はメールを戴けば削除致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧