« ルルドの奇跡 プラスチックのトリプティック。 | トップページ | 寝室の聖母子像 マリア信仰と無原罪の御宿り。 »

2021年1月30日 (土)

プラハの 幼子イエス像。

Dsc09149


さて、チェコの首都プラハの 「勝利の聖母マリア教会」の 幼子イエス像。

ドイツの人口の20%が犠牲になったといわれる30年戦争(1618-1648)は

 カトリックとプロテスタントの対立 ハプスブルグ家とブルボン朝フランスとの対立 人類史上もっとも破壊的な宗教戦争だった。

台頭してきたプロテスタント プラハは東欧のカトリック最後の砦だった。



Dsc09122


幼子イエス像は 1628年にカトリック側のスペインの貴族が寄贈した像だが

ペストの大流行や プロテスタントとの戦争からプラハを守った奇跡の像として信仰を集め

世界中にその像を祀る教会が建てられているのだそうだ。


Dsc09132


Vintage Infant Jesus of Prague Celluloid Figurine Statue Religious Catholic Italy

セルロイド製でイタリアの刻印 20年代30年代というところか。

 

なんとかコロナが収まりますように

Dsc09117

|

« ルルドの奇跡 プラスチックのトリプティック。 | トップページ | 寝室の聖母子像 マリア信仰と無原罪の御宿り。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルルドの奇跡 プラスチックのトリプティック。 | トップページ | 寝室の聖母子像 マリア信仰と無原罪の御宿り。 »