« 秘密の PORTRAIT GALLERY オープン。 | トップページ | 蝶の翅のブリキのアンティークフォトフレーム。 »

2020年10月13日 (火)

アールヌーボー・ユーゲントシュティルの木彫のフォトフレーム。

 

Dsc08888

 

さて、アールヌーボーの木彫のフォトフレーム。

チェコから来たから、ユーゲントシュティルというべきか。

ヨーロッパの奥座敷・東欧のチェコらしい素朴さが良い。

19世紀末か20世紀初頭。

経年劣化も割れもあるが、上手に生き延びて歴史の味を出している。

百均のフレームも良いが

古希老人としては、新しい物はしっくりと来ない。

たとえ貧の物でも百年もの時間を経てきたものには味かある。

 

チェコだもの、栄華も戦争も民族紛争も革命も

この額には全部沁み込んでいるのだな。

 

Dsc08893


我が家のミュシャの絵をカフカなお父さんがユーゲントシュティルの額に飾りスメタナを聴く秋の夜長。 なんちゃって

|

« 秘密の PORTRAIT GALLERY オープン。 | トップページ | 蝶の翅のブリキのアンティークフォトフレーム。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秘密の PORTRAIT GALLERY オープン。 | トップページ | 蝶の翅のブリキのアンティークフォトフレーム。 »