« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月29日 (金)

郡上おどり 中止。

Dsc08529


今朝の岐阜新聞によれば、今日29日にも、郡上おどり運営委員会が、今年度の郡上おどりの中止を正式発表するようです。
去年、令和改元で盛り上がったあの日のことが夢のようですが、
まあ、誰が考えてもしょうがない事ですよね。
盆踊りなんてものは、もともとヤンチャなものなんだよ、反権力のものなんだよって、ゲリラ的に踊ってやりたいななんて思わなくもないが。

愛する、そしてお世話になっている郡上八幡の街に、我々よそ者がウィルスを持ち込むなんてことはいけないし、ここは我慢だな。

L1008969_20200529090701

運営委員会では、オンライン開催なんて事を考えてくれているようで、
すでに、ゴンタ商会の吉村氏がツィッターで面白い配信をしてくれているし、
これから、色々なグループや個人が、こんな時しか出来ない企画を打ち上げてくれると期待したいな。

そうやって、郡上おどり400年の歴史をつないでいけるといい。

私もシーズンに入ったら、この十年の郡上おどりを徹底的に振り返ってみるつもりです。

| | コメント (2)

2020年5月26日 (火)

ルネッサンスのポートレイト展。


Dsc08512_20200524125201


さて、老人の枕元のギャラリー メメント・モリでは、今、ルネッサンス絵画のポートレイトを集めて、
ルネッサンスのポートレイト展を開催中。


Dsc08266_20200525084401



Dsc08470_20200524194001




すでに公開済のラファエルロのコレクションに加えルネッサンス絵画の女性像を特集してみた。


Dsc08467_20200524211801
 


併せてアンティークフォトフレームとのマッチングの面白さをお伝え出来ればと。



Sterling and Marcasite Picture Frame.
Dsc08480


ペトルス・クリストス
若い婦人の肖像 1460-72年頃
Gemaldegaleric,Berlin-Dahlem



Dsc08482

ヤコボ・ベルニーニ
聖母子とリオネルロ・デステ 1441年
ルーブル美術館



Dsc08484

㊤ フロンズィーノ
エレオノーラ・ダ・トレドとその子の肖像 1515年頃
Galleria degh Uffizi




↓ ニューヨークのGodinger Silver Art, Co.のフレーム。

Dsc08486

レオナルド・ダ・ヴィンチ
受胎告知(部分) 1472-75
Galleria degli Uffizi



Dsc08500


昨年の今頃はアールデコのフラッパーのハーフドールを集めていたが、そのディスプレイ用に20-30年代のアイボリン(セルロイド)のフォトフレームを手に入れた。
モダンガール・フラッパーの写真を入れるつもりだったが、とりあえずルネッサンスのポートレイトを入れて見たらとても雰囲気が良い。


Dsc08524

Domenico Ghirlandaio
Birth of Mary 1486-90


Dsc08499

ニーダラインの画家
恋の魔術 1470-80年頃
Museum der Bildenden Kunste.Leipzig


Dsc08498


Portrait of Maria de Medici 1551
Galleria degli uffizi


Dsc08520

Bartolome Esteban Murillo
Immaculate Conception
無原罪の御宿り



この↓二点のミニフレームはニューヨークのファッションジュエリーブランド  RJGの物。

Dsc08501

Bronzino
Portrait of Costanza da Smmaia 1540年



Dsc08506

Antonio de pollaiolo 
Portrait of a Woman
ウフィッイ美術館



金属のフレームのアンティーク感は絶対的だな。

Dsc08495

Domenico Ghirlandaio 
Portrait of a Girl



Dsc08493


このあたり、アンティークフレームがとても良い雰囲気を出している。
ピューターや鉄 アルミのフレーム 金属のフレームはいい。

フレームにはガラスがあるが、鑑賞の邪魔なので絵の裏に入れてある。



Dsc08507



画集を複写したりネットでダウンロードした画像だがフォトショップでクイック補正してマットな上質紙にプリントアウトすると充分満足できる画質が得られる。パソコンのお陰だ。



バレエのトゥシューズのフォトフレーム。

Dsc08491

ラファエルロ 
三美神 1501-05
Musee Conde Chantilly



Dsc08489_20200524193001

ピエロ・ディ・コシモ
シモネッタ・ヴェスプッチの肖像
Musee Conde chantilly



Dsc08512



インスタ映えやらテレワークで自宅の壁面が露出する機会が増えている。壁面の装飾アイテムはトレンドアイテム。



永かったコロナ戒厳令がようやく解けました。

今日も老人の退屈しのぎに、最後までお付き合いいただきありがとうございました。


Dsc08467

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

壁面アンティーク化計画。


老人はこの十数年、夏は「郡上おどり」一筋できたけれど、どうやらこの夏はムリなようで、

そうであれば老人はアンティークしかないワケで、例年なら夏は休止するアンティークの蒐集を今も続けている。


Dsc08463



コロナのおかげでイーベイでアンティークのフォトフレームの面白いものをたくさん手に入れることが出来た。

こんな時にナニだが、七十年生きてきて今ちょっとした幸せを感じているけれど、文句ないよね。


Dsc08459



今回手に入れた物を、老人の枕元のギャラリー「メメント・モリ」に、とりあえず配置してみた。

コレクターとしては、この倍くらいで少しグロテスクなまでに数を増やしたい。


さて、コンテンツを決めなければ。

“キュレータごっこ”だな、とりあえずはルネッサンス絵画で埋めてみるつもりだ。

Photo_20200522210201

このところルネッサンス絵画の撮影やら修正、ネット上での画像収集で忙しい。

Photo_20200522183301


ステイホームで程よくクリエイティブな古希老人の今日この頃だ。
ムカついたらゴメン。

 

| | コメント (1)

2020年5月20日 (水)

WHOは中国の操り人形である。

Whoc

トランプの言う事はデタラメで、
三分の一は彼の無知と傲慢が言わせることで、
三分の一は意図して語る嘘で
三分の一は真実だけれど自分たちにだけ都合の良い真実だ。


5_20200524061401

トランプのやり方は暴力的だが、
しかし、これが中国という独裁を基盤とする暴力的な帝国主義に対する唯一の有効な方法であるという事実は、情けないが。

我々はまだその程度であり国連などファンタジーに過ぎないということだ。

と、左翼を自認し、かって日本人でありながら中國共産党員として抗日戦争を戦った野間教授から、中国語で毛沢東選集を学んだ老人が今日も思う。


打倒❗ 中國共産党


Who-ccp_20200520080501
画像は、ネットの拾い物です。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

庭の金魚が数百匹。

Dsc08399

さて、“安倍のマスク”はマダ届かないけれど、当地の緊急事態宣言は解除されて少しづつ世の中が動き出してきて、怖いようでほっとしたような気分だが、ことしも庭の金魚が産卵して孵化した。


Dsc08379


一回目の産卵が五月一日、先週の始めから孵化をはじめて、今、庭の水槽には埃が舞っているように沢山の稚魚が泳いでいる。ランチュウの東錦が母親で父親は丹頂か、それとも赤いランチュウか、母親は琉金かもしれない。


Dsc08369

毎日、数匹は天に昇るが、ほとんどは元気で、数百匹はいるから、今月末には庭の水槽がパンデミックする。


夏祭りに家の前にバケツを並べて皆さんに配ったらと家内が言うが、コロナのせいで夏祭りだって中止だろうに。
ご町内の全世帯に金魚二匹配布しても半分もさばけないな。

2_20200517120501


3_20200517130001

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

メメントモリ拡張計画。

2_20200509222301


こんな時に、そんなことやっているのかと言われそうだが、このところオークションはゴーストタウンの有様でショップで売れなくなった面白いアンティークが大量に出ているが参加者はほとんどなく入札しておけば全て最低価格で落札という状態だ。

十数年前にオークションを始めたが、そのすぐ後にリーマンショックが起こりアンティークを面白いほど安価に手に入れたが、それに比べても今度のコロナショックは凄まじい。競争相手が全く現れない。


お陰で東洋の島国の年金老人のささやかなお小遣いでアメリカのお宝を最低価格でゴッソリと戴くこととなった。

世界で一人だけのバカとも言えるが。

 

そんなワケで老人の枕元のギャラリー 「メメント・モリ」はこの夏、展示を大幅に拡大することとなった。

 

五木寛之風に云えば、極楽は地獄の中にあるのだよ。   ちょっと違うか?

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

毎日がステイホーム。

1_20200507172001

さて、ずっとステイホームで掃除もしたし、断捨離もしたし、庭仕事もしたしで、連休も明けたコトだし、図書館はずっとしまったままだから、欲しい本があったからお昼にウォーキングに出かけた。

駅前の駐車場はガラガラで、たいしたものだな日本人はマダマダ自粛するあたり、チャイナともコリアとも違ってなんと自制の効く民族なんだと感心したが、
近頃岐阜いちばんの飲み屋街では、半分くらいのお店が開店の準備、酒屋の配達のトラックも何台か来ていて、えっ!もうやるのか?って驚いたけれど、ひさびさに活気が戻ったようで、ホッとした。

お前らチョット早いんじゃないかとも思ったが、おまえら頑張れよっ! お店が潰れなくて良かったなって気持ちの方が大きかった。


オシャレなブティックは、どこもかも 手作りマスクのワゴンセール。
もうドラッグストアでもマスクは出回り始めたし、ひょっとして売れ残ったりするのでは?

これで終わるのかどうかは、わからないけれど、
街が少しづつ動き出したようで、ホッとした。



もう少ししてから

Gifu

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »