« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月26日 (日)

いつ終わったことにするのか。

オリンピックを一年延ばしたけれど、その一年後も怪しくなってきて、中止というのが賢明かなと老人は思うが。

Okoreyo1


オリンピックを開催する経費を直接コロナ対策や救済策にあてるべきだとか、オリンピックの開催こそが景気浮揚策であり世界経済の再生の出発点であり世界同時恐慌を日本から反転させる日本のコアコンピタンス足りうるのだよとか、老人はひねもす庭の金魚と語り合う毎日だ。

戒厳令の解除が連休明けから五月イッパイまで延びて学校も休みが続いて、飲食のみならずあらゆる経済活動が瀕死の状態では、コロナの死者よりコロナ戒厳令による死者の増加の方が懸念されるワケだ。

Okoreyo3



こんな時に経済の問題など語るのはとても下品だよ、命あっての物種だとおっしゃる方も多いが、今日の金が無ければ生きていけない人も多くいて、二ヶ月も収入が無ければ生きていけない人はかなり多いと思う。



麻生のバカが「俺は金持ってるから10万円なんぞイラネーヨ」なんてことを上から目線で言うから、「問題が違うだろう!」と、後頭部を思いっきり金づちで叩いてやろうかと思うが、まあお会いすることもない人生なワケで。 

Okoreyo2

コロナの終息というのは、世の中のほとんどの人が感染して抗体が出来た時だとするならば、このところの厳しい自粛は、世の中のほとんどの人が感染して抗体が出来るという状態を先送りしただけで、終息を遅らせただけではないのかと庭の金魚に問うが、金魚だってそんなことはわからないから、尻尾をヒラヒラさせているだけだ。

Photo_20200426090701



このところ百合子は、とても頑張っていて、お洒落な手作りマスクを使い捨てのように毎日取り換えてハツラツとしてお元気でコロナハイだな。
安倍チャンの小さすぎるマスクは、小学校のクラスに一人か二人いたタワケの子みたいで、こういう子がいたよなと微笑ましいが、昭恵に知恵があれば何とかするはずだが二人そろってバカだな。なんてコトを気晴らしに。

Imaculada

五月中に終息なんてことはあり得ないが、自分の命と経済のせめぎ合いの中でコロナを受け入れて少しずつ動かしていく、ダラダラと動き始める、そうやって何とかなってきたのが世の中ってものではないか。

とにかく連休は自重しようと思う。

 

| | コメント (2)

2020年4月19日 (日)

ことしもウラシマ草の群落が。


Dsc08351

このところコロナで頭がおかしくなりそうだから、YouTubeで「郡上おどり」を見て気を紛らわしているのだが、まるで別世界だな。いったいこれは何なんだと改めて失くしたものの大きさを感じる今日この頃だが、老人の庭では今年も“ウラシマ草”が沢山咲いた。岐阜県の準絶滅危惧種ということだが20年前に植えたものが今年は50株に増えた。


Dsc08364

街の中の小さな中庭と裏庭で、しかも完全日陰の庭で、光といえば朝方お隣との隙間から入る光がガラス戸に反射してその反射光がブロック塀に当たるのが頼りというわけで花が塀の方を向いてしまうのはお愛嬌。

Dsc08329


ウラシマ草はマムシ草とも言い、怖いとか奇妙だとかご婦人方の評価は宜しくはないが、老人のめざすエドワーディアンな廃墟趣味の庭では、とても良い雰囲気を出している。すこし行き過ぎてヴィクトリアンになっているが。

家の中が、まるで奥山の林の中の風情で老人の今の気分にぴったりだ。

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

前進的古希老人の自宅待機。

先月、二十年使い続けた洗濯機が壊れたので、買い換えて、ついでに40年前の乾燥機も捨てたら洗面所がスッキリした。タオルやら家族の下着入れになってたベビー箪笥を家族も減ったことだし小振りな無印の収納に変えたら更にスッキリして明るくなったから、棚やらタオルハンガーを付けようと、ヴィクトリアンな物をオークションでと思ったが急いでいたので、鉄製の新しい物をアンティーク塗装して取り付けた。

要らなくなったベビー箪笥は処分しようと思ったが、退屈しのぎにアンティーク塗装をしてみたら良い雰囲気になったので寝室に入れて寝室のゴタゴタを整理したらスッキリしたので、壁面の装飾をもう少し整えようとアンティークのフォトフレームをアメリカのサイトで少し落札した。

ガレージで作業をしていて、ガレージのゴタゴタを整理しようと思いついたが、少し急激に働き過ぎたので、先週は何もしないことにしてひたすら安静にしていたが、週が明けた月曜日はガレージのゴタゴタを整理した。
捨てるべき物を捨てられず問題解決を先送りにしていたにすぎないゴミの山だが、ゴミは捨てて、寝室を整理したときにコンテナが二つ余ったから、大工道具とアウトドアの道具類をコンテナにおさめて再配置して整理した。

Dsc08306

玄関の上がり框が傷んでいたので部分的にラッカーをかけたら、見苦しいことになったので、上がり框を徹底的に再塗装しようとホームセンターでサンダーを借りて塗装をはがした。これが大変な作業で厚い塗装をペーパーで削り取るのだが、コロナのマスクをして埃まみれになって二日がかり、その後、水彩絵の具で色合わせした。

明日は最後の仕上げでクリアラッカーの塗装。マスキングやらその後の片づけと怒涛の日々が続く。

コロナへの対抗戦のつもりで始めたが、これはこれで古希老人には過酷だったな。


ガレージの床の塗装もしたいのだが・・・。死ぬカモ知れないな。

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

古希のガレージライフ。


Dsc08293

さて、コロナのおかげで不要不急の外出は避けよと東京の百合子が言うが。

老人なぞ、もはや不要不急の人生なワケで、街に出てコロナ警察に「不要不急ではないか?」と問われれば、不要不急にきまってるから捕まってしまうかもしれない今日この頃、ここ数日はガレージに籠って、捨てようと思っていたベビー箪笥をネオヴィクトリアン風にアンティーク塗装をしてみた。

インダストリアルなダークグレーのボディに、ゴールドに緑を混ぜて緑青をおもわせるイタリアンな引き出しパネル、黒をゴールドで汚したゴシックな取っ手。フローレンス風に赤で模様を入れるつもりだったが、このままでシャビーな良い雰囲気が出たから、シンプルなネオヴィクトリアンという事にして終了。

Dsc08301



おかげで何度スクワットをしたことか、良い運動になったな。

老人にガレージと庭があればコロナは防げる。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »