« 武漢肺炎 黄砂の季節。 | トップページ | イタリア・ルネッサンスの巨匠 ラファエルロ展 »

2020年3月 9日 (月)

レンブラントの自画像とゴッホの自画像。

Dsc08202_20200310183701



(横尾忠則)
 例えばレンブラントが、自画像を描くでしょ? 自分ばっか描いてるじゃないですか。

最初は多分自分の自画像だったんだけど、そのうちだんだん王様の顔になったり、乞食になったり、死刑執行人になったりしていきますよね。

あの自分の造形を使いながら、違う人格っていうか、違う存在にしていくでしょ?

 

Dsc08206



(Lee Ufan)  ところが、ゴッホの自画像はどこまでもゴッホです。ゴッホは鏡を見ながら、必死に自分を、本物を描こうって、ものすごく実存にこだわって描いたと思うんだけれど、それを見ていると見るに堪えないくらい悲惨というか、ただの精神病というか。
ゴッホの自画像にはゴッホしか見えない。

でもレンブラントの自画像は、レンブラントじゃなくて、人間っていうものの奥底が見える感じがするんですよ。

 

創造&老年 横尾忠則

コロナばかりで おかしくなりそうだから すこし遠くをみてみた。

|

« 武漢肺炎 黄砂の季節。 | トップページ | イタリア・ルネッサンスの巨匠 ラファエルロ展 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武漢肺炎 黄砂の季節。 | トップページ | イタリア・ルネッサンスの巨匠 ラファエルロ展 »