« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月28日 (土)

植物のレリーフのエドワーディアンなフレームと少女のアンティークフォト。

Dsc07809



さて、今年最後のアンティークです。

植物のレリーフのいかにもエドワーディアンなフレームと申し分なくエドワーディアンな姉妹のアンティークフォトだ。
イギリスから来た。


Dsc07787



今年の老人のアンティークコレクションは、ドアノッカーからアールデコ フラッパーのハーフドールそしてアンティークフォトフレームと、ちょっとやり過ぎた感があるが、とても充実した一年だった。

とりわけアンティークフォトとフレームは、アンティークを生活の中で楽しむという点でとてもいいカテゴリーだった。


 
Dsc07798_20191219125701


しかし毎回、ブログにアップするというやり方は、空白恐怖症を増幅するところがあって良くないから当分は非公開で行こうと思う。

それでは、またしばらく。
ごきげんよう。

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

Antique Metal Photograph Frames A Pair Arco Made in England

旧い映画のワンシーンの様な、演出された写真で、

「写真はスナップ主義」を標榜する老人としてはいささか矛盾ではあるが絵画的な手法のポートレイトに少し心がとらわれている。

近頃は、スマホのカメラの性能向上が目覚ましく、インスタグラムやピンタレストで、写真のかつてなかった様な黄金時代が到来している。

Dsc07777

それらは“リア充”と敬遠されるむきもあるが、表現というのは少なからず演出が伴うもので、そういう事に青筋たてるのもナニで、素直に演出も飾りも楽しんでみたらどうだろうかと、この頃、老人は思うのだ。

さて、ブリキのフレームは20世紀はじめの味を存分に出しているが、いささか写真が新しいなと裏蓋を開けてみた。


Dsc07775

意外にもイギリスの、とてもモダンな家具メーカー アルコの物だ。

Arcoは、20世紀の始めバーミンガムで額縁メーカーとして誕生している。Arcoのシールが内側に残っていた。

少女の写真は後日入れ替えられた物だったが、オリジナルの風景写真が挟まれて残っていた。

古い彩色写真でこの方がアンティークとしては価値がありそうだ。


Dsc07771

バーミンガムと言えば、イングランド ウエストミッドランドの工業都市で、老人のコレクションのドアノッカーの多くはバーミンガム製だし、あこがれのノートンのバイクも、近頃、70歳の某氏が手に入れたMUTTのビンテージカスタムバイクもバーミンガム製だ。



Dsc07806

とりあえず、この壁面はポートレイトがテーマだから少女の写真を選んでおいた。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

エドワーディアンスタイルの少女のセピア色の写真とChrome Nikele Plate Oval Photo Frame

Dsc07730

さて、エドワーディアンなファッションの姉妹、セピア色の写真がとてもいい。
フレームと裏蓋が細い釘で四か所固定されていたが外してみた。

Dsc07735


写真はRaphael Tuck & Sons'の絵葉書。
19世紀末から20世紀始めの絵葉書ブームをリードした
ロンドンのラファエル タック アンド サンズ
以前紹介したエドワード七世のものと同じ。
タイトルは Little Fairies
Postcard No.4683

Dsc07736


切手は、エドワード7世の 1ペニー。
何もかもエドワーディアンだ。

Dsc07738_20191204163201

演出写真って結構面白いと思って絵画主義的なポートレイトを数点手に入れてみた。




| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

CATHOLIC VINTAGE BRAS CROSS

 


Dsc07723_20191205075801



先ごろ、ローマ教皇が日本で核廃絶を呼びかけられたが、核武装も原発も推進論者の安倍チャンが平気で教皇にお世辞と追従するあたり、馬鹿って最強だな、神をも恐れぬ安倍チャンだな、まるでムンジェインみたいに嘘つきだなと思ったけれど。


まあそんなことはさておき、老人は、葬式仏教徒であり、イスラムの美を愛し、キリスト教の聖書を学ぶ、一匹の年老いた羊であり、谷に棲む岩魚なのだが、キリスト教のセクト的にはプロテスタントで、教皇を頂点とするヒエラルキーや偶像崇拝を認めない。

Dsc07704

だから十字架も、偶像であるキリスト像など排しシンプルに十字架だけであるべきなのだが、アンティーク的にはキリスト像があった方がカッコイイからカソリックの十字架を部屋に掛けてみた。クリスマスでもあるしね。


という、いい加減なヤツなんだ俺。


| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »