« モーガンかポルシェか。 | トップページ | カルトマニアかポートレイトマニア。 »

2019年11月 3日 (日)

空白恐怖症的コレクターのこの頃。

壁面をどこまでも模様で埋め尽くすイスラムの建築のように、

クネクネとロープ模様で埋め尽くすケルトの装飾のように、

ジャワ更紗のように、

余白があると、すぐに埋めなければと、

このところ空白恐怖症気味のコレクター老人だが、

狂気や苦悩こそが芸術を高みに押し上げる非日常の力なんだぜって一人ゴチながら壁面を眺める古希をそろそろ終えようとする老人の今日この頃、みなさまいかがおすごしでしょうか。

Dsc07555



老人は、ここ数年、

エドワーディアンなスタイルを追求してきたが、

エドワード期は写真の時代でもあって、老人の写真趣味とアンティーク趣味、そしてインテリア趣味とを統合するメディアとして、

アンティークのポートレイトとフォトフレームに注目している。



Dsc07582



アンティークのフォトフレームは、すでに数年前に、エドワード七世の歴史記念品のカテゴリーで数点ブログで紹介済みだが、

今回も面白い物をいくつか手に入れた。




Dsc07578


計画の到達点は、我が家の壁面が埋め尽くされた状態だが、

グロテスクの少し手前、グッドテイストの少し向こうに至るには十数年かかるわけで命もお金も足りないな。




Dsc07576



若い人には、明日という日は明るい日かもしれないが、

老人の明日は、今日より体力も気力も落ちるわけで、余命は一日減り、お金だって少なくなるワケだが、

コレクションは、明日は今日より多くなって、つまり、老人にも明日が今日よりよくなるという事が実感できる数少ないジャンルなんだ。

な~んちゃって。



Dsc07606



ということで、あいかわらずのアンティーク貧乏。つらいよね。 笑


まだまだ、これからだ。

|

« モーガンかポルシェか。 | トップページ | カルトマニアかポートレイトマニア。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モーガンかポルシェか。 | トップページ | カルトマニアかポートレイトマニア。 »