« カルトマニアかポートレイトマニア。 | トップページ | 蔦紅葉。 »

2019年11月16日 (土)

丸窓電車が岐阜の空に浮かぶ。岐阜駅北口駅前広場完成10周年記念イベント。

Img_0269


JR岐阜駅が高架になって新しい駅舎が出来たのは1997年だからもう20年以上前になるが、今日は岐阜駅の駅前広場の完成10周年の記念イベントが沢山おこなわれた。
ここは老人の毎日の徘徊コース、まあ、カメラを持ち出すのもナニだから、スマホの写真でご報告。


Img_0235


岐阜の路面電車が廃止されたのは2005年
岐阜市から美濃市とか谷汲まで路線が伸びていて、老人も子供のころ遠足で乗ったことがある。

Img_0238

鉄チャン風に言えば、モ513号 通称 丸窓電車。乗降口近くの窓が楕円形で、前面が五面の窓を丸く配置して流線形でアールデコを感じさせる。
1926年の製造というから、まさにアールデコの時代、大正15年 昭和元年だ。


Img_0265
以前のブログで書いた。
「和傘をさしたアールデコのフラッパードール。岐阜・加納の和傘が世界のトップファッションだった。」の、まさにアノ時代のことだ。

Img_0284

さて、岐阜市内の別の公園で保存されていた丸窓電車が、岐阜駅北口広場の完成10周年を記念して駅前広場に移設された。

Img_0289

このところ、中心部の公園で、少し寂しそうだった丸窓電車、元気を取り戻したようだ。

Img_0297
さて、もう一つは、すっかり岐阜の名物になってしまった金の信長像、通称 金のノブ様もリフレッシュして披露された。

Img_0301
金一色だったノブ様が赤とグリーンのビロード風のマントを羽織った。
いかにもノブ様らしくてとても良い。
岐阜から「天下布武」を宣した絶頂期の信長像だ。


Img_0304


Img_0308

今日は、広場のイルミネーションも始まり、いよいよ冬の到来かな。

Img_0314


Img_0315



Img_0320

|

« カルトマニアかポートレイトマニア。 | トップページ | 蔦紅葉。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルトマニアかポートレイトマニア。 | トップページ | 蔦紅葉。 »