« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月28日 (水)

もう少しアンティーク。

Dsc07044

車の燃料計のように、残りの人生がわかるといいが、わからないから老人は大変だ。


しかし、わかったとしても、針が赤い部分を差し始めたら平常心でいられるかどうか。


いや、もう既に赤い部分なのだが。

平均余命というのがあるが、老人の歳だと男性は15年、女性は20年だそうだ。


つまり、野生のパンダやシマウマの一生程度の人生は残っているというワケだ。うまくいけばだが。


15年前と言えば、永く勤めた百貨店を辞めた頃だ。
あれからの人生を振り返ってみても、残り時間はそんなには無い。

まだ、もう少しやりたい事がある。
デコラティブアートだ、モダニズムなんてものに飽きたんだ。
ピンタレストやインスタグラムには刺激的なアイデアが溢れている。


人生の断捨離は既に終えたから、
これから、人生の終わりの時期を自分好みの美で整えてみるのもいいな。

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

郡上おどり。

Photo_20190821090301
この夏は、いつにもまして激しく郡上おどりに通っている老人だが、狭い輪の中でパシャパシャとシャッターを切るのもナニだから、今年は少し遠慮してカメラを持たずに踊り場に埋没して、郡上おどりが醸し出す空気を楽しんでいる。


ここ数年、郡上おどりは、グングンお洒落になって、場の雰囲気がとても良くなっていると思う。


ヤンチャもいいが、ヤンチャよりもオシャレ、古い街並みと自分と伝統の踊りをどう調和させるかみたいなことがとても上手く出来上がっているような気がする。


この頃は外国人の観光客も多いが、外国人の皆さんの表情を観察していると一様にとても満足した表情で、「これが見たかった日本なんだ」と言っているようだ。


日本が、そんなにいいかどうかは自信がないが、ここではみんながこうありたいと思う「日本」が出来ているような気がする。

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

この夏のアンティーク。

Dsc07038
ヴォーグの表紙のブログをアップした日は、七月の今頃の雨のヒドイ日だった。
ヴォーグの表紙を額装しようと思った。


思い立ったらすぐ行動しないといけないタチの老人は、すぐに岐阜市内の老舗の画材屋さんへ出かけた。
学校を出て最初に勤めた新聞社の近くにあり、なんどか前を通ったことはあるが入るのは初めてだ。


店内は決して整理されているとは言い難い状態で絵具や筆がびっしりとつまり、奥の狭いスペースで家族らしき三人が額装などの作業をしていた。


この絵を額装したい、黒か焦げ茶の木の額でマットはアイボリーかグレー、キャプションをマットに載せたいと伝えると、とても無口な女性だったが二階の倉庫に案内された。床から天井まで棚にびっしりと額がつまり通路にも階段にも商品が山積み、凄い量だ。典型的な昔の老舗だな、商品の在庫管理も整理も、もちろん商品の回転率なんてことも考えに無い古い商売だなと、内心すこしバカにした。
これだからダメなんだよ個人の商売は、と元百貨店勤めが倉庫を観た。


無口な女性が、無口のまま、さっと二種類の額を見せてくれた。思いどおりの額だ、濃い色の額に決めて同じフレームで二種類のサイズの額を用意してもらった。予算もあるのでちなみにお値段はと聞くと予算以内。額を決めて、マットの色を決めると、作業場でマットをカットする作業、絵のあたりとキャプションの大きさを考えマットをカットする。


コンピュータに数字を入れて製図版のような物にセットするとマットは自動でカットされる。これも凄い。


額装が済むと、無口な女性が初めてニコリとして、イイねと笑った。
なんだか、久々に、プロに出会ったような気がした。


店の中は、ゴタゴタだが、老舗ってイイなと思った。プロだな。


でも、商品はもう少し整理した方がいいし、お化粧もした方がいい。

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

郡上おどり 令和元年 徹夜踊り初日 記録写真。後編

心配された雨も、踊り開始と同時にやみました。

 

この日の徹夜踊りが、みんなの良い想い出になりますように。

Dsc06856


Dsc06859


Dsc06865


Dsc06866


Dsc06869


Dsc06871


Dsc06879

Dsc06887


Dsc06907


Dsc06909


Dsc06914


Dsc06916


Dsc06921


Dsc06928


Dsc06932


Dsc06935


Dsc06948
Dsc06952


Dsc06958


Dsc06962_20190814110901


Dsc06974




Dsc06962


Dsc06987


Dsc06988


Dsc07003


Dsc07006


Dsc07007


Dsc07019


Dsc07020


Dsc07029


Dsc06722


Dsc06716


Dsc06712
不都合な写真は、メールを戴けば削除致します。
ご自分の写真のご利用はどうぞご自由に。


前編があります。

| | コメント (0)

郡上おどり 令和元年 徹夜踊り初日 記録写真。前編

令和元年 八月十三日 郡上おどり盂蘭盆会

新町~橋本町会場

この日の徹夜踊りが良い想い出になりますように。

Dsc06722


Dsc06727


Dsc06728


Dsc06733


Dsc06734



Dsc06736


Dsc06741


Dsc06744


Dsc06747


Dsc06758


Dsc06774


Dsc06775


Dsc06776


Dsc06778



Dsc06780


Dsc06781


Dsc06783

Dsc06795


Dsc06797


Dsc06807


Dsc06811


Dsc06816


Dsc06820


Dsc06821


Dsc06823


Dsc06826


Dsc06837


Dsc06844
後編に続きます。
不都合な写真は、メールを戴けば削除いたします。

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

岐阜・柳ケ瀬夏祭りで郡上おどり。

今夜は、20年ぶりに復活した、柳ケ瀬本通りでの盆踊りに参加してきました。

Img_0222

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

郡上おどり 令和元年8月7日 洞泉寺弁天七夕祭 郡上八幡城下町花火大会 記録写真。

この日の郡上おどりが

みんなの良い想い出になりますように。

Dsc06591
小駄良川イルミネーション

Dsc06587


Dsc06590


Dsc06592

Dsc06595

本町 踊り会場
Dsc06613


Dsc06620


Dsc06634


Dsc06636


Dsc06637

Dsc06596

Dsc06651


Dsc06655


Dsc06657

Dsc06674


Dsc06679


Dsc06683

Dsc06687


Dsc06688


Dsc06691


Dsc06698


Dsc06701


Dsc06703
不都合な写真は、メールを戴けば削除致します。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

お気に入りのアールデコ フラッパーのハーフドール。



Dsc05996_20190701130001
Art deco German Porcelain Flapper Lady Half Doll with Hat.

Dsc06005
さて、いかにも凛としたモダンガールだ。
第一次世界大戦は男たちを戦場に送り
女性の社会進出を一気に進めた。

Dsc06009
第一次世界大戦によるヨーロッパの荒廃とその後の世界恐慌。
ギャッビーと浮かれていたのは、戦場から遠く離れたアメリカと、
戦争によるドル高を享受したパリのアメリカ人だけかも知れない。



Dsc06048


精神的前衛・思想的進歩派こそがモダンガールの立ち位置だ。
ディプレッションモダン(不況) 少し不幸の味がするのがたまらない。
フラッパーのハーフドールは、数が少ないのが難点だが、知的で服飾史の標本として見ても面白い。



Dsc06035
Made in Germany 1930年頃

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »