« ART DECO Flapper Pin cushion head. | トップページ | 令和元年 雨の郡上おどり発祥祭。 »

2019年7月 9日 (火)

ベルギーのシーサイドリゾート ブランケンベルヘのお土産。和傘をさしたアールデコのBathing Beauty。


Dsc06082

さて、先日アップした和傘をさしたビーチフラッパーのフィギュアがとても良かったから、また手に入れてしまった。

アールデコ期のフラッパー、Bathing Beauty。もちろん和傘・蛇の目傘がポイントだ。

傘を除けば10センチ足らずの小さなフィギュアだ。


Dsc06074


ベルギーのシーサイドリゾート・ブランケンベルヘの地名が入っている。


Dsc06079

古希老人のコレクションとしては、すこし気恥ずかしいのだが、海水浴のお土産のお人形さんで、とてもカワイイから・・・。

いかにもアールデコ的で、1920年代のビーチフラッパードールとして秀逸だと思う。

1895-bb

ベルギーのBlankenbergeは、周辺の国からも観光客が訪れるシーサイドリゾート。
上の着彩写真は19世紀末のブランケンベルヘ。
まだ海辺で遊ぶ程度で、女性が水着で泳ぐというのは20世紀に入ってからだ。
水着の登場が、ちょうどアールデコ期と重なる。
     
Bfg
やはり、日傘として日本の蛇の目傘は大活躍だ。
アールデコ期は、現代のファッションの基礎が固まった時期だが、
水着の登場はアールデコ期を象徴している。

Bf-11_20190706105901

水着の黒は、透けて見えるのを防ぐためだが、まだ水着用の素材が無かった時代だ。

岐阜の加納の和傘とアールデコ ビーチフラッパーの話題は、まだまだ続きます。

Dsc06099


この二週間ほど、ポールポワレからシャネル、そしてディオール、サンローランの伝記や資料を続けて読んでみた。
20世紀を、ファッション、とりわけデザイナーの浮き沈みを視点に読んでみたらとても面白かった。
Blanken
写真は現在のブランケンベルへ

 

 

|

« ART DECO Flapper Pin cushion head. | トップページ | 令和元年 雨の郡上おどり発祥祭。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ART DECO Flapper Pin cushion head. | トップページ | 令和元年 雨の郡上おどり発祥祭。 »