« 新元号 徹夜で祝う郡上おどり 写真速報② 踊り流し編 | トップページ | 死ぬまで連休。 »

2019年5月 1日 (水)

新元号 徹夜で祝う郡上おどり 写真速報③ 踊り会場編

 

Dsc05586
平成を踊って送り、令和を踊って迎えようという、この企画は、
日本中に中継され、とても大きく報道されて大きな反響を呼んでいる。
郡上市の大ヒットだと思う。

Dsc05591


老人が、郡上おどりのブログを初めて書いたのは2009年だが今年で11年、そろそろ潮時かなと思っている。
このイベントを聞いた時、できれば、この日の郡上八幡の全てを記録したいと思った。


Dsc05595
全てと言っても、一人では無理だから、出来ればこの日の郡上おどり全てを写真に撮りたいと思った。
できれば踊り助平全員の記録を撮りたいと思った。
できれば、このブログが、踊り助平みんなの写真アーカイブになれば良いと思った。
Dsc05596

とはいえ、老人はカメラマンでは無いし、踊りの休憩がわりに写真を撮っいてるワケで、踊ることの方がプライオリティが高い。

Dsc05600

ヘタな写真で恐縮ですが数の多さでゆるして欲しい。
踊り助平が、踊りの輪の中から撮った写真だ。ナンチャッテ。

Dsc05605



Dsc05606


Dsc05612


Dsc05620



Dsc05621


Dsc05625


Dsc05627

Dsc05628


Dsc05634


Dsc05637


Dsc05638


Dsc05651



Dsc05656


Dsc05657

さて、平成もアト数分。
ここで、驚きの選曲。

Dsc05659

平成の最後の踊りは「まつさか」とアナウンス。
おもわず会場に拍手が湧きおこった。

Dsc05661

郡上おどりの最後は、つねに“まつさか”で締められるが、途中で踊られることはない。
令和を迎えるイベントだが、まづ平成を締めることこそ必要で、
平成の締めを“まつさか”でする、まことに郡上おどり的なやり方で感動した。
“まつさか”は、締めの唄だが、本来、祝儀歌のはずだ。

Dsc05665

さて、平成を締めて令和を迎えるという素晴らしい役の
音頭取りは、吉村建治氏。
音頭取りの中では若手だが、恵まれた体格から発せられる素晴らしい郡上節は当代一と誰もが認めるところだ。

Dsc05666
素晴らしい平成の締めでした。
感動的な“まつさか”でした。
会場のボルテージが一気に盛り上がり
令和を迎えるカウントダウンがはじまりました。


Dsc05668



Dsc05669



Dsc05671


Dsc05674



Dsc05677

改元と同時に、城山で花火が打ち上げられました。
この日の郡上のことはみんなの宝物になると思います。

Dsc05678


Dsc05690


Dsc05692



Dsc05695



Dsc05699



Dsc05706



Dsc05708



Dsc05710





Dsc05711



Dsc05714



Dsc05721
実は、ここでカメラの電池が終了。
車のUSBで充電するのも時間がかかる。足も痛いしこれにて終了。
令和の時代も、楽しくみんなで踊れますように。
Dsc05730


不都合な写真は、メールを戴けば削除致します。勝手な撮影をお許しください。

|

« 新元号 徹夜で祝う郡上おどり 写真速報② 踊り流し編 | トップページ | 死ぬまで連休。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

IWANA様
お久しぶりです。老若男女、輪になって郡上踊りで平成から令和を祝える行事に感謝しています。平成、最後の令和を入れたまつさか感動しました。

投稿: 咲 | 2019年5月 1日 (水) 22時07分

はじめまして
いつもブログを拝見させていただいています。
私も10年ほど郡上おどりに通っていますが、毎回1人ですので現地での話し相手もおらず、こうしてブログをチェックをして、振り返るのが楽しみです。
私は、毎回地味な浴衣で、あまり目立ちませんので、お写真には、写ったことはありません。
IWANAさんのように、おどりをとおして常連さんとの交流や、保存会の方々にも多くの知り合いみえたり、現地でフラッと入れる馴染みのお店がある方がうらやましいです。
どのような会話を楽しんで見えるのでしょうか。
是非とも秘訣を教えて頂きたいです。
今回のブログに写っています老人の撮影者はプリントしたものを次回のおどりに持参して配布を行い若い方々から慕われているようですね。
IWANAさんも実は、常連さんにデータ配信などされているのでしょうか。
さて、今後も是非ともきれいなお写真で我々を楽しませてください。

投稿: ヒロヤス | 2019年5月 2日 (木) 08時23分

咲様

お久しぶりです。
凄い人出で、とても咲さんを発見することなどできませんでしたが、また今年も楽しく踊りましょう。

投稿: IWANA | 2019年5月 2日 (木) 11時06分

ヒロヤス様

実はわたくしは、デジカメになってから一度も紙焼きをしたことがありません。

せいぜい、年賀状の写真を自分のプリンターでプリントアウトする程度です。

ブログの写真はダウンロードできるようにしてありますから、みなさん自分の写真をダウンロードして楽しんでくれたらいいと思ってます。

趣味の世界は、仲間とのホドホドの距離感があったほうが長続きするようです。ですから郡上でも、それほどベッタリとした仲間がいるわけではありません。いつも安養寺の縁側で一人でいます。

たいした写真をとっているわけではありませんが、踊り助平の皆さんとも、仲良くなりすぎても、馴れ合いの写真しか撮れなくなってしまいます。不愛想で恐縮ですが、適当な距離感を保ちながら写真を撮ってます。

でも、アイコンタクトだけで、踊り助平は通じ合えているような気がします。

また、見かけたら声をかけてください。

投稿: IWANA | 2019年5月 2日 (木) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新元号 徹夜で祝う郡上おどり 写真速報② 踊り流し編 | トップページ | 死ぬまで連休。 »