« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月23日 (木)

わたしのニルバーナ 今年の庭。

Dsc05856



西洋の庭園思想を辿ると、ギリシア・ローマの「アルカディア・桃源郷」やキリスト教の「エデンの園」に行きつくが、これらの庭園は、たわわに実る果樹が重要な要素だが、日本庭園ではこうしたものは排除されている。

Dsc05803

仏教の極楽浄土や蓬莱などの楽園思想・庭園思想には生産に結びついた農作物はみられない。

我々が今、イングリッシュガーデンと呼んで憧れる鑑賞を主にしたイギリスの風景式庭園は18世紀以降に現れたものだ。

Dsc05799

西洋の庭が、いかに生きるかというテーマのキリスト教の、修道院の食料生産の為の庭から発展したものとするなら、仏教寺院の庭に発する日本の庭は、いかに死するかというテーマの仏教の浄土の具現であり、生産や労働を止揚した精神の理想郷の具現化である。

のどかな農村風景は理想郷であっても我々には庭園ではないし、豊かに実る果樹園は庭園ではない。  な~んちゃって。

Dsc05817

まあ、そんなことを小難しく語ってみたかった老人の今日この頃だが。

Dsc05816

男、還暦を過ぎて、庭も芸術も歴史も語れないヤツなんてクソだぜ! なんてことをヘタに言ったりしたら気が狂ったように遠くで吠える老人がいるから、老人なんてものはろくでもないヤツが多いからホドホドの付き合いに収めている。

Dsc05839

さて、毎年、その年の庭の完成形を写真に撮ってブログに残しているが、庭に完成形など無いのであって、あの花が咲いたらと思っていると、こちらの葉がしおれ、この葉がひらいたらと思っていると、あちらの枝が徒長したりしてナカナカ写真アップの踏ん切りがつかない。

梅雨入り前のこの時期に撮るか、梅雨で徒長した植物を剪定して充実したところを撮るか、いや、梅雨の長雨で折れたり、虫に食われたりで梅雨の後ではリスクが大きい。

Dsc05870

今年も、上手くいかなかったことも二三あるし、まだこれからのこともあるが、今、パティオの壁面緑化も、裏庭の壁面も強剪定にもめげず新緑に覆われている。下草も今年は特に充実している。

 

Dsc05853

 

老人の、ささやかな秘密のミュージアムは緑に覆われて至福の時を迎えている。

 

ニルバーナ 没入の至福。

Dsc05827

老人は、緑の光のなかで、一日なんども死んでいる。

 

 

 

むかついたらゴメン。

君はそうして怒り狂って死んでいくのか。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

スミスキーのブラシダキツキスキー 歯ブラシスタンド。

退屈しのぎにアマゾンした。

 

SMISKI Toothbrush Stand

スミが好きな不思議な妖精スミスキー。いま静かなブームの日本発のキャラクターだ。

Dsc05787

 

すねているワケではないが、老人もスミの方がスキだ。

昔のことになるが、ジャズ喫茶での常連の席は真ん中ではないスミだった。スミで斜めになって聴くのがジャズってものだった。

Dsc05793

 

暗い洗面所のスミで、誰もいなくても光っている。シュールだ。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

金魚の産卵。

 

Dsc05779
さて、我が家の屋外飼育の金魚が久々に産卵。
水槽は大きな石臼で戦前まで我が家は米屋で、その精米工場で使っていた石臼が空襲で家は焼けても残った物だ。言わば我が家のアイデンティティとも言うべきもので、家は何度か建て直したがずっと残して、今は庭で金魚鉢がわりになっている。
水槽に去年からバクテリアを入れているから、水がピカピカでとても調子がいいのだが、先週の土日に水が白く濁った。よく見たらびっしりと卵が。
金魚の産卵は何度か経験しているが、孵化させて育てるのは、意外と簡単で卵や仔魚が親に食べられない様に水槽を分ければ大体は育ってしまう。
卵は一度に五百とも千とも言う数だから大変だ。
以前は五十匹くらい育ってしまい。姉の家やら友人にもらってもらった。
そうしたら、姉の家で育った金魚が産卵し、それが育ってしまったから、姉の家の玄関は金魚屋さん状態になってしまった。
さて、どうするべきか。卵が付いた水草をポリバケツに移せば育つが、一か月もすれば間違いなく数十匹の金魚で溢れることになる。
このまま水槽に残せば、親に食われてしまうことになるが、水草も多いから隠れるところもあるし、植物プランクトンも充分湧いているから、数匹は生き残るはずだ。 
このまま、生きられるものだけが生き延びよと資本主義をとるか、分離すればほとんどが生き延びることが出来るのだから、生きられるものは生かすべきだという社会主義をとるべきか極めて難しい判断を迫られていた。


写真は、昨日の様子だが産卵から既に四日たっているが、意外と卵は食べられず残っていた。
それがどうだ、今朝起きたら、卵は殆んど消えてしまっている。悪いことに親の金魚が卵があった水草の中に集まっている。


孵化は産卵の5日後くらいだから、メデタク孵化したのか、それとも食べられてしまったのか。
水槽の中は藻がびっしりだから黒くて仔魚が見えない。
やはり、卵が付いた水草をバケツに移すべきだったか。
いや、たとえほとんど食べられたとしても数匹は生き残るはずだ。屋外飼育でプランクトンも充分だから、これでいいのだと自分で自分に言い聞かせているのだが、金魚の産卵はまだまだ続くから、今度はやはり卵のついた水草はバケツに移そうと、ポリバケツに水の汲み置きをした今日この頃みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

死ぬまで連休。

Dsc05732
令和の大合唱も、いささかウンザリの今日この頃、トランプのバカがとんでもないことを始めたが、中国帝国主義的共産党も傲慢で横暴だから、デタラメとデタラメがぶつかり合ってお互い潰し合えば、多少はデタラメが修正されるのではないかと、老人は生温かく資本主義の終末を見守っている。


老人は、毎日が連休で、なおかつ死ぬまで連休ときているから、ゴールデンウィークなど迷惑千万で、人混みをさけて静かに過ごすことにしているが、今年は二回も郡上おどりを踊って足腰にきた。さすがに古希だ。


昨日は、ジミー・スミスを爆音で聴きながら、久しぶりに椅子のワックスがけをした。黒く艶やかでしっとりとした椅子は美しい。
この混乱で円高が進めば、老人のコレクションが、また進むのだが。

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

新元号 徹夜で祝う郡上おどり 写真速報③ 踊り会場編

 

Dsc05586
平成を踊って送り、令和を踊って迎えようという、この企画は、
日本中に中継され、とても大きく報道されて大きな反響を呼んでいる。
郡上市の大ヒットだと思う。

Dsc05591


老人が、郡上おどりのブログを初めて書いたのは2009年だが今年で11年、そろそろ潮時かなと思っている。
このイベントを聞いた時、できれば、この日の郡上八幡の全てを記録したいと思った。


Dsc05595
全てと言っても、一人では無理だから、出来ればこの日の郡上おどり全てを写真に撮りたいと思った。
できれば踊り助平全員の記録を撮りたいと思った。
できれば、このブログが、踊り助平みんなの写真アーカイブになれば良いと思った。
Dsc05596

とはいえ、老人はカメラマンでは無いし、踊りの休憩がわりに写真を撮っいてるワケで、踊ることの方がプライオリティが高い。

Dsc05600

ヘタな写真で恐縮ですが数の多さでゆるして欲しい。
踊り助平が、踊りの輪の中から撮った写真だ。ナンチャッテ。

Dsc05605



Dsc05606


Dsc05612


Dsc05620



Dsc05621


Dsc05625


Dsc05627

Dsc05628


Dsc05634


Dsc05637


Dsc05638


Dsc05651



Dsc05656


Dsc05657

さて、平成もアト数分。
ここで、驚きの選曲。

Dsc05659

平成の最後の踊りは「まつさか」とアナウンス。
おもわず会場に拍手が湧きおこった。

Dsc05661

郡上おどりの最後は、つねに“まつさか”で締められるが、途中で踊られることはない。
令和を迎えるイベントだが、まづ平成を締めることこそ必要で、
平成の締めを“まつさか”でする、まことに郡上おどり的なやり方で感動した。
“まつさか”は、締めの唄だが、本来、祝儀歌のはずだ。

Dsc05665

さて、平成を締めて令和を迎えるという素晴らしい役の
音頭取りは、吉村建治氏。
音頭取りの中では若手だが、恵まれた体格から発せられる素晴らしい郡上節は当代一と誰もが認めるところだ。

Dsc05666
素晴らしい平成の締めでした。
感動的な“まつさか”でした。
会場のボルテージが一気に盛り上がり
令和を迎えるカウントダウンがはじまりました。


Dsc05668



Dsc05669



Dsc05671


Dsc05674



Dsc05677

改元と同時に、城山で花火が打ち上げられました。
この日の郡上のことはみんなの宝物になると思います。

Dsc05678


Dsc05690


Dsc05692



Dsc05695



Dsc05699



Dsc05706



Dsc05708



Dsc05710





Dsc05711



Dsc05714



Dsc05721
実は、ここでカメラの電池が終了。
車のUSBで充電するのも時間がかかる。足も痛いしこれにて終了。
令和の時代も、楽しくみんなで踊れますように。
Dsc05730


不都合な写真は、メールを戴けば削除致します。勝手な撮影をお許しください。

| | コメント (4)

新元号 徹夜で祝う郡上おどり 写真速報② 踊り流し編

Dsc05534

Dsc05532




Dsc05561


Dsc05563


Dsc05570


Dsc05571


Dsc05572


Dsc05575


Dsc05577


Dsc05579

平成最後の日の 郡上おどりは
シーズンオフにもかかわらず 平成最高の盛り上がりでした。

Dsc05585

まだ続きます。

| | コメント (0)

新元号 徹夜で祝う郡上おどり 写真速報① 踊り流し編

Dsc05424
この日の 郡上おどりが 永遠に みんなの心に残りますように。

Dsc05423_1



Dsc05438

Dsc05468

Dsc05470


Dsc05475


Dsc05478

Dsc05486

Dsc05487

Dsc05491


Dsc05494


Dsc05497


Dsc05488_2



Dsc05501


Dsc05503


Dsc05502_1

Dsc05508


Dsc05509


Dsc05521

続きます。








 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »