« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月25日 (木)

庭で。

Dsc05411

老人の人生など、すでに終わっているが、庭に出ると、まだやることがある。

計画通りに行かない事など自然相手では当たり前だが、計画は大事で、計画があるからこそ環境の変化も逸脱も認識できるワケで、老人は庭でコツコツと小手先のことをしながら作業に埋没し、計画を見直したり反省したり改善したりしている。

古希を迎えて未だやることがあるというのは、なにやら余裕がないように思えるだろうが、もちろんやらなくてもイイようなことだったりするワケだが、低く暮らして低いこころざしで生きるか、低く暮らして高く思うか、人間それぞれだが、自然は寛大なようで冷徹だったりするわけで、隙があったり思い上がりがあれば容赦なく結果を突き付けてくる。ボーっと生きていて庭のフィットネスは保つことはできない。庭のフィットネスは老人の心のフィットネスでもあるんだ。

老境にあっても、高く思い努力することが、至らなかったあの苦渋の時代のリカバリーであり、老人の魂の解放の作業なんだ。極楽は造るものなんだ、造れるものなんだと思う。

一人でする土や植物を相手のことは瞑想に似ているが、決してボーっとしているだけではない。次から次へと出てくる問題に対処しながら、それに追われることが喜びでもあるのだ。あまりにも無限だから傍目にはボーッとしている様に見えるが、尽きぬ問題や作業は、尽きぬ庭仕事の喜びでもあるのだ。    なーんちゃって。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

今年も、ウラシマ草の花が咲いた。

Dsc05407

この時期の、うらしま草の開花のご報告は、すっかり老人のブログの定番になってしまったが、今年もウラシマ草の花が咲きました。

去年のブログでは、うらしま草の数を25本と記しているが、今年は46本と増え続けている。

 

うらしま草は都道府県によっては絶滅危惧種に指定されているような植物で、当地の岐阜県では準絶滅危惧種に指定されている。

老人の庭に、うらしま草が来て20年近くなるから、すでに第三世代くらいになっているハズだ。

Dsc05372

当初は地植えにしていたが、数年前から鉢上げして管理し始めて、サトイモの様に球根が分球したり、実がなり翌年それを蒔いて株は増え続けている。残念ながら花が咲くまでには五年近くの時間が必要で、老人は、浦島太郎になってしまいそうだが、今年から、育った株を再度、地面にリリースしている。

Dsc05384

実生のものは、ひ弱だが、分球したものは茎もしっかりしていて頼もしい。このままいけば更に分球して来年は、60本以上になりそうだ。花が付くまで五年以上かかるめんどうな植物だ。花の数は、今年は二本だが、このままいけば三年以内に五本、五年以内に十本くらいは咲きそうだ。

廃墟趣味の小さな庭に、数十本のウラシマソウの花が咲いたら壮観だ。怪奇趣味的ではあるが、いかにもヴィクトリアンで、老人は好きだ。

先日、来客があり、老人よりは一世代下の方だが、庭をみて、植物は全て「和」の物なのに見事に洋風の庭ですね、と褒めていただいた。イングリッシュガーデンの要諦は日本の植物を用いることではないかと、少しガーデニングについて語ってしまった。

Dsc05407

ウラシマ草 パンダ出目金 ネオヴィクトリアン ブルートゥースでジミー・スミスの、古希老人の今日この頃だ。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

老人ですが何か?

退屈しのぎにネットで拾った画像をコピペしまくった。

1

3


9


7


4


5



2


8_1


10




Img_1114


16



12



15




415





14
老人という立ち位置も悪くはないぜ。

 

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

春の雨。

Dsc05349
暖冬だったのに、春先になって寒い日が続いて、庭いじりも少し盛り上がりに欠ける老人の今日この頃だが、去年は、隣家の新築で我が家の日陰の庭も少し改善され、壁面の蔦が伸びすぎて膨らんできたから、この冬は思い切って強剪定した。
お陰で、庭は今みすぼらしい状態だが、あと一か月もすればツタの新緑が展開し見頃を迎えるハズだ。老人の王国のシンボルプランツ、ウラシマ草も、今年はたくさん展葉している。来週あたりは開花のご報告ができそうだ。


それにしても、冷たい雨だ。庭の水槽の金魚が一匹天国へ旅立った。 ゴメン、私が悪かった。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

ヴィクトリア女王 生誕200年。令和天皇即位を祝う「郡上おどり」徹夜踊り。

Dsc05339
ヴィクトリア女王(在位1837-1901)は、1819年の5月24日生まれだから、今年が生誕200年という事だが、記念の映画「ヴィクトリア女王・最後の秘密」は、すでに一月に公開されているが、どうやら東海三県では、公開されないようだ。
Dsc05341
まあ、そんなことはどうでもイイが、ココログのリニューアルでシステムの不具合が続出しているが、写真のアップロード方法も変わって大変だ。夕方から色々と試してみてようやく使い方がわかった。
Dsc05346
「郡上おどり・写真速報」のように何十枚もの写真をアップする場合、写真がワンサイズのみだと、デザイン的に退屈で、まったく面白みに欠けるものになってしまう。
Dsc05330
ヴィクトリア女王の記念品を写して、アップのテストをしてみた。写真のデータサイズを落とし過ぎたが、アップロードやデザインワークは楽になった。
Dsc05338_1
さて、新元号も決まり、今月末、平成最後の夜、四月三十日、奥美濃の小京都・郡上八幡で、平成を踊って送り「令和」を踊って迎える徹夜踊りが行われる。
郡上おどり運営委員会のフェイスブックをコピーしてみた。
430
4301
面白い写真が撮れそうだ。
L1008969
しかし、マダ浴衣は寒いよね。
Gj-2
という事で、写真のアップロードの練習をしてみた、悪しからず。



郡上で待つ❗

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

変わり目。

Dsc05318
 

百貨店を辞めてから、毎日ほぼ一冊のペースで読書を楽しんできたが、去年の暮頃から読書の意欲がストンと落ちてしまった。

今日は、図書館で借りてあった本を返しにいって何も借りずに帰ってきた。

書斎の机の上に、なにも載っていないというのは、十数年ぶりのことだ。

くだらない会社時代の禊ぎをようやく終えた感じだ。

 

 

明治の輸出陶磁器

日本女性の磁器製香水瓶。

カップ&ソーサー  大日本田代造。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »