« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月15日 (火)

また、しばらく。

Dsc04918_2

桜の下で春死ぬのもいいが、

私の私による私の為だけのミュージアムの私の椅子で春の日に、というのもイイな。

また、しばらくブログをお休みいたします。


ごきげんよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

アールヌーボー 少女像のアンティークドアノッカー。

Dsc04896

 

ドアノッカーは、男性的な物が多いが、アメリカの物は女性好みの物も多くあり人気がある。

Dsc04895

 

左右非対称でアールヌーボーだ。
世紀末的だが、アメリカ的な健康な少女像で、とても良い。

Dsc04844

ジャンクだけれど、ちょっとしたアートだ。

古希老人のインスタ映え狙いで恐縮。 W




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

HUBLEY社の黒い花のドアノッカー。

Dsc04798

素朴な鋳物製でアーリーアメリカンな雰囲気が充分なドアノッカー。

高さ16センチ 幅10センチと大型。 1920年代。

1043

鋳物にカラフルにペイントされた、アメリカのハブリー社の素朴なドアノッカーは、アンティークとして人気で結構な値段がする。楕円の大きなベースプレートが特徴。

Dsc04664_2

さび色とグリーンでペイントされていたが、あえて真っ黒にペイントしてみた。写真写りは良くないが、ヴィクトリアンスタイルでとても良くなった。


アイアンキャスト(鋳物)の、少し大振りのヴィクトリアンなブラックペイントのドアノッカーというヤツにこのところ嵌まっている。



壁飾りとしてもオシャレだ。この大きさなら廊下や階段の壁面の演出に最適。

Dsc04791

 

A nostalgic antique cast iron door knocker manufactured by the Hubley Co. located in Lancaster, PA, and dating from the 1920’s.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

長脛王 エドワード1世のアンティークドアノッカー。

Dsc04649

サマセット・モームは、“月と六ペンス”のなかで「人間には生まれつき伝説好きという能力が備わっている」と書いたが、老人は小さなアンティークの中の伝説を見つけては、もう十何年もブログを書き続けてきたが、さすがに少し飽きたな。


さて、今年最初のアンティーク。

小さな物だが、とても面白い。
イギリスのエドワード1世(在位1272-1307)のアンティークドアノッカーだ。

Ke_a

ノルマン朝に次ぎプランタジネット朝と、イギリスの王様はフランスから来た王様で、イギリスの王朝はフランス語やラテン語が支配していたが、初めて英語を話した王様がエドワード1世。
Longshanks 長足王とか長脛王と呼ばれ、身長は190センチ。

11231

大谷の身長が194センチというから、それよりは低いわけだが、中世のイギリスやフランスの男性の平均身長が155センチそこそこというから、その中に在っては、とてもロングシャンクだ。
ちなみに大谷と一緒に写るナルシスト・ユズル君の身長は172センチということだ。


右手に剣、いかにも戦争に明け暮れた時代の王らしい、長い脛(すね)を強調した座像なのか、あるいはスコットランドを制圧し奪ったスコットランド王の守護石・スクーンの石に座る姿なのか。

Dsc04628

左手に持つ花はどうよ。イングランドの花はバラ。この花はスコットランドを象徴するアザミではないか。スクーンの石に座し、切り取ったアザミの花を掲げるエドワード1世。


Dsc04650



イングランドによるスコットランドの制圧の象徴的な形。
スコットランドには屈辱の、イングランドには今日の英国のフレームを築いたエドワード1世の得意満面の姿なのか。
この後、イギリス人の身長は、度重なる戦争による困窮と気候の小氷河期の到来による飢饉で更に平均身長は低くなったということだ。
A great little Brass hinged doorknocker depicting King Edward 1 (Edward the Confessor)



Dsc04912


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

平成最後のお正月。

謹賀新年

Dsc04886_2



今年も、みんなが踊って夏を越せますように。

                        平成31年 古希元旦

                               IWANA

Gj_1

郡上おどり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »