« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月 9日 (火)

休眠期。


916_3

もう少し掘り下げてみたり、拡げてみたり、絞ってみたり、するつもりです。

ブログは、しばらく休みます。    ゴス爺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

ゴシックのアンティークドアノッカー。

Dsc04421

ゴシックの大聖堂の、天国に繋がるような垂直性。塔と何本もの柱、バラ窓とステンドグラス。

9042

 

ゴシックと呼ばれる建築様式は、12世紀のフランスに始まり16世紀までヨーロッパの大聖堂や教会を席巻した様式だが、柱の連続と薄い壁面、アーチ天井により巨大な空間を生み出し、天国への願望を垂直性により実現したが、装飾過多で、いささかグロテスクであって、ゴシックの語源は“野蛮なドイツスタイル・野蛮なゴート人の”という蔑称だ。

Dsc04429 

そのゴシックスタイルが復活した時期がある。

Dsc04419

ゴシックリバイバル、あるいはネオゴシック、18世紀半ばのイギリスに始まり19世紀のヨーロッパ各地に広がった。

Dsc04426

ロンドン中心部のイギリス国会議事堂やウエストミンスター寺院は、ゴシックリバイバルの建築で、イギリスの建物の印象を今も“ゴシック”としている。
テムズ河畔のこの通りを毎朝散歩していたのは平成元年だったな。

940

さてさて、そんなことで、もっと古いドアノッカーはないか、もっとイギリス的なドアノッカーはないかということでゴシックのドアノッカーを手に入れた。
“野蛮なゴート人”はローマ帝国からヨーロッパを解放したワケで、ローマの退廃からイギリスを解放し政治的自由をもたらしたゴシックはもっともイギリスにふさわしい様式でもある。
ゴシックリバイバル期の物だと思うが、いかにもゴシックの教会という感じのドアノッカーで
、シャビーで中世的でグッドテイストだ。

Dsc04432

Cast Iron Door Knocker Antique Old Church Medival Vintage



このコーナーも完成かな。

何を選ぶか、どう並べるかはコレクターの一番の仕事で、老人は、ついついマトメ過ぎたり、整理し過ぎたりの癖がある。

Dsc04472

この小市民的バランス感覚をどこかで崩した方が面白みが出るのだが、老人に残りの人生は僅かしかないワケで、蒐集と同時に終活の日々だから、常に一日の終わりにはコーナーを完成させておかなくてはならないワケで、小さくとも良く整理したコレクションでありたい。  

老人の人生も、同じようにちいさくまとまった人生だったが。

Dsc04528

 

 

なんてことを言いながら“歴史とスタイルのスベッタころんだ”が楽しい、秋の夜長の“ゴス爺”だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

赤帽 ポーターのナッツクラッカー。

Dsc04440

老人の学生時代は、まだ国鉄の岐阜駅にも、赤帽がいた覚えがある。

Porter

Redcap が万国共通のアイコンで、足元は地下足袋でゲートルを巻いていたような気がする。


Redcap1


旅行者や老人の荷物を一個500円くらいの料金で、列車から駅のタクシー乗り場あたりまで運ぶ仕事だが、駅というのはホームから跨線橋で線路をまたぎ改札へ降りるという動線で、今ほど駅構内にエスカレーターやエレベーターが無かったから、ポーターは、旅行者や老人には有難かった。

Dsc04447_2

 

国鉄が民営化されJRになって、時代が平成になった頃から見かけなくなったような気がする。

9162

 

今や、ポーター的な職業は、ホテルのベルボーイ のみか。


Porter2

Dsc04405

さてさて、ナッツクラッカーを集め始めたワケではない。ドアノッカーということで、これは面白いと落札したのだが、どう見たってナッツクラッカー(くるみ割り人形)だ。もちろんビス穴を開ければドアノッカーとして使えないわけではない。

Dsc04395

最初、チャップリンのドアノッカーかなと思ったのだが、チャップリンにしては顔が変だ、帽子も違う。赤帽だと気が付いた。赤帽といえば今は宅配便業者で、駅のポーターなんて存在は知らない人がほとんどだろう。

しかし、ポーターならば、トランクの一つも持っているはずだが??? 

2

楽器を持っていたら、ちょっと古いストリートのジャズメンという感じもするが。

Dsc04444_2 

それとも、あの、植草甚一老人か? 

まあ、とりあえず我が家のドアノッカーのコーナーに加えておこう。

蛇足ですが、我が家の赤帽です。

Dsc04351ひと夏で、ずいぶん大きくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »