« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月30日 (月)

郡上おどり 平成30年7月29日 犬啼水神祭 写真速報。

Dsc03474_2

Dsc03475_3

Dsc03479_2

Dsc03484_2

Dsc03486_3

Dsc03493_2

Dsc03499_2

Dsc03520_2

Dsc03530_2

Dsc03532_2

Dsc03541_2

Dsc03543_2

Dsc03547_2

Dsc03553_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

ブラッドハウンドドッグのアンティークドアノッカー。

Dsc03441

ケネルクラブ発祥の国イギリスらしい犬のアンティークドアノッカー。犬や猫のドアノッカーもコレクションには欠かせない。

Dsc03400

犬種は、BLOODHOUND DOG(高貴な血を継ぐ純血の犬の意味)。元々はベルギー原産のセントヒューバードだが、するどい嗅覚の持ち主で狩猟犬や警察犬として血統を重視して創り上げられた犬種。見た目の怠惰な雰囲気とは違うようだ。


Bh

Dsc03452

ドアノッカーの、犬のカテゴリーの中の代表的なもの、最もポピュラーで、しかし最も面白くて、それらしい物ということで選んでみたのだが、どうだろう。

 

 

犬小屋からはみ出したダレ犬、小屋の屋根には猫、鼻先には小鳥が。

のどかなテーマでいい。

Dsc03403

 



































Dsc03449





垂れた耳、くぼんだ眼、たるんだ皮膚、温和で穏やかで、やる気のなさそうな雰囲気がたまらない。いかにも犬らしい姿だ。



どこかで見たようなと、考えていたのだが気が付いた。


Photo

 

ディズニーキャラクターのBIG5は、ミッキー・ミニー・ドナルド・グーフィー・プルート。
ミッキーマウスの飼い犬で、唯一、人の言葉が話せないキャラクター。 


プルート(Pluto)は、ブラッドハウンドドックだということだ。 

Dsc03473_2

アンティークを涼しげに撮ってみたが。sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

遊行期。

Dsc03386

なにかと、老人の人生の折々に、影響を与えた五木寛之氏が、かつて「林住期こそは人生の黄金期なのだ」と説いた。

学生期(がくしょうき)、家住期(かじゅうき)、林住期(りんじゅうき)、遊行期(ゆうぎょうき)と、古代インドの、人生を四つに分ける思想をもとに、人の一生とは何か、それぞれの時期においてなにをなすべきかを説いたのだが、その師が「遊行期」についてさらに書いていた。
十年程まえに書かれた「遊行の門」という本だが、遊行期とは、人生最後のしめくくりである死への道行きであり、幼い子供の心に還っていくなつかしい季節であるとし、「この世に生を受けた人間は、ちゃんと世を去ってこその人生である。」としている。

あの念仏踊りの一遍上人(いっぺんしょうにん)は、捨て聖(すてひじり)と呼ばれ、遊行上人(ゆうぎょうしょうにん)とも称され、手を振り足を踏み鳴らし、踊りの熱狂と遊びのなかで念仏をひろめ浄土を現した。

この時期、郡上踊りなどに興じる老人には感じるものがあるが、五木師は、「遊びに出た者は、いつか帰らなければならない。“遊行”とは、死に場所を求めて、あてもなくさまよう季節ではない。子供のころに還って遊び歩く時なのである。」としている。

老人より18歳年上の五木師の10年前の思索だからまだ少し時間があるが、老人の心に染み入るものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

白鳥おどり 平成最後の 発祥祭 写真速報。

Dsc03309

豪雨の次は猛暑。岐阜県の郡上もすっかりワイドショーで有名になってしまったが、先週の郡上おどりに続いて7月21日「白鳥おどり」が始まった。平成30年、つまり平成最後の白鳥おどり発祥祭だ。

Dsc03166_2

7月21日の発祥祭から8月25日のおどり納めまで17回ほど開催される。

Dsc03194

Dsc03192

白鳥おどりの始まりは、いつも郡上一揆の農民の闘いを今に伝える宝暦義民太鼓の演奏で始まる。

Dsc03200

奥美濃の、郡上八幡を長良川に沿って更に北上すると郡上市白鳥町(しろとり)がある。かつて白山信仰の美濃側の拠点として栄えた“石徹白・いとしろ”が隣にあり、峠の向こうは日本海側の福井県であり、京の文化や日本海の幸はこちらから入ったとも考えられ、白山文化圏というとらえ方をすれば郡上八幡よりこちらが中心に近いとも考えられる。

Dsc03212

Dsc03214

Dsc03216

さてさて、奥美濃の夏の、もう一つの盆踊り「白鳥おどり」、素朴だけれどビートがあって軽快で開放的。

Dsc03228

名古屋方面から郡上八幡を通り越して通う熱心な“白鳥おどり”の踊り助平も多い。
面白いのは、“地元中高生”の比率が高いことだ。ある曲がかかると、突然中高生が輪の中で勝手な自分たちの踊りを踊り始める。初めての人は、あっけにとられるが、とても面白くて盛り上がる。今夜の盛り上がりは凄かった、今夜の“ドッコイサ”の盛り上がりは、ここ数年で一番だった。(カメラは既に片付けていて写真が無いのが残念。)

Dsc03236

Dsc03265

もちろん圧倒的に元気なのは、ここでも女子。こういう街はイイなと思うのだ。
「白鳥おどり」は、源助さん・シッチョイ・猫の子など7曲に場所踊りの“さのさ”を加えて計8曲。郡上おどりとは別物だ。

Dsc03223

今年は、とても暑いし、ガソリンも高い。白鳥まで行くのは少しナニだなと思っていたが、YouTubeで“白鳥おどり”を観ていたら、もう我慢できなくなった。

Dsc03261

“源助さん”につられて白鳥へ向かった。二時間後には、炎熱の中で、シッチョイ シッチョイと踊る老人が白鳥にいた。

Dsc03354

白鳥おどりもエエね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

郡上八幡 八坂神社天王祭の縁日おどりで郡上おどり。

Dsc03120

Dsc03035

八坂神社、いかにも奥美濃の小京都・郡上八幡にふさわしい神社ではないか。
今日の郡上おどりは、八坂神社天王祭の縁日おどり。

Dsc03038

Dsc03046



有名な京都の祇園祭が、平安時代に疫病や災害からの厄除けを願った祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源 であるように、八幡の八坂神社天王祭も、この時期の厄災の除去を願ったものであろうことは間違いない。

Dsc03041

神社というより、祠(ほこら)という風情だが。

昔の郡上おどりは、この八坂神社の天王祭から始まったそうだ。
祇園の八坂神社が、場所柄から恋愛のパワースポットとされるように、八幡の八坂神社も、夏休み直前の郡上の若者の、恋のパワースポットたりえるかもしれない。

Dsc03048

Dsc03053

祇園祭のような豪華絢爛な屋台こそないが、参道には子供達が描いた絵行灯に灯りがともされ、心のこもった宵の祭りだ。

Dsc03106

それでは、平成30年7月16日(土)の八坂神社天王祭、上殿町での縁日踊りの写真速報を。

Dsc03062

Dsc03073

Dsc03075

Dsc03082

Dsc03089

 

Dsc03133

Dsc03134

Dsc03135

Dsc03139

Dsc03144

Dsc03128

Dsc03106_2

Dsc03047

暗い会場で上手く写真が撮れなくって、ご勘弁願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

全国一の暑さを記録した郡上市で、平成30年度 郡上おどり おどり発祥祭。

Dsc02942

Dsc02883

先日の豪雨では、長良川の源流部・郡上市の“ひるがの高原”が五日間の総雨量が1000ミリを超す、空前の雨に見舞われ、中流部で長良川に合流する津保川では大変な被害もでたが、全体としては長良川は良く耐え、本流部は、一部で道路への土砂の崩落程度で済んだ。

Dsc02884

あれから1週間、すでに長良川は平水に戻り、なにごともなかったように水は澄んでいるが、あれから復旧や対策に追われている河川や道路、鉄道の管理者に心から感謝し、強かった長良川を造り上げてきた人達に感謝の今日この頃だ。

Dsc02888

さて、毎年この時期は、いろいろとあって大変だが、今年も、奥美濃の夏の到来を告げる“郡上おどり”が始まった。

Dsc02890

平成30年7月14日(土)14時現在 なんと郡上市は38.4度と全国一の気温を記録。

その後、多治見市が38.7度を記録。郡上市八幡町は岐阜県揖斐川町とならんで全国三位の記録となった。

Dsc02893

「おどり発祥祭」、これから9月8日のおどり納めまで、お盆の4日間の徹夜おどりも含めて31夜の盆踊りの幕開けだ。(連日というのではありません。)

Dsc02894

Dsc02901

Dsc02904

Dsc02910

Dsc02911

Dsc02913

待ちかねたように、日本全国から何万人もの人が“踊るため”に集まり、近頃では“日本の盆踊り”に魅せられた外国人のリピーターも珍しくはない。

Dsc02916

Dsc02924

Dsc02925

Dsc02926

Dsc02937

Dsc02946

さてさて、おどりの開幕を告げる発祥祭では、安全祈願の神事の後、お囃子や音頭取りが乗る屋形を中心に、保存会や各団体グループが踊り流しで、旧庁舎記念館前の広場に入り、市長の開幕宣言で踊りが始まる。

Dsc02972

Dsc02983

Dsc02986

Dsc02992

Dsc02995

Dsc03007

Dsc03017

Dsc03019

踊りの無いシーズンを耐えてきた“おどり助平”の皆さんが、ヤケドしそうな熱さで踊り屋形を何重にも囲み、音頭取りはシーズンオフに更に鍛えたノドを張り、三味線も笛も太鼓も梅雨明けの郡上の夜空に響き渡る。

Dsc03020

Dsc03024

Dsc03026

ああ、ことしも踊りに郡上へ帰ってこられた。

いろいろあったけれど、ことしも郡上へ踊りに来られた。

Dsc02886



そしてお盆には、キリコ灯篭を目印に、去年の夏に空に昇ったトヨさんも降りてきて初めての郡上おどりに参加するはずだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



郡上おどり 踊り助平歴史派必読
sign01
明治維新の悲劇・郡上藩の凌霜隊(りょうそうたい)のことが書かれた郡上の歴史家・高橋教雄先生の本を再版しようというクラウドファンディングに参加を。下の写真をクリックするとホームページへ行けます。
私もパトロンになりました。

711_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

郡上おどり 「後藤直弘の郡上節」CD完成を祝う会。

"> Dsc02881

昨夜の雨は、長良川上流部が軒並み氾濫危険水位を超えるような事態だったけれど、今朝方には水位も下がり、まだ水防団待機水位くらいはあるが、なんとか収まりそうな気配。
さて、こんな時にナニだが、郡上おどりの開幕、郡上おどり発祥祭まで一週間。
今朝の岐阜新聞に、郡上おどりの、音頭取りの名手「後藤直弘」さんのCDが完成したと大きく取り上げられていた。

Dsc02878

「郡上節」伝説の音頭取り・故桝田耕三さん直伝の唱を半世紀にわたり引き継いできた当代の名手・後藤直弘さんの「郡上魂のこもった唱を記録として残したかった。」という市民有志の自主制作によるCDが完成して、祝う会が5日夜行われた。そうだ。

Dsc02875

CDは、三千円で郡上八幡旧庁舎記念館や城下町プラザで販売されているという。

14日の「おどり発祥祭」が楽しみだ。

続きを読む "郡上おどり 「後藤直弘の郡上節」CD完成を祝う会。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サウスウォールドジャックのアンティークドアノッカー。

Southwold Jack is one of the country’s best-preserved 15th century wooden figures. The little man is a ‘clock-jack’ and resides in St Edmund’s Church, Southwold, striking the bell on special occasions to inform the congregation when to stand.

Dsc02761 

ドアノッカーのコレクターとしては、どうしてもコレクションに入れておきたいアイテムがある。ダーラムサンクチュアリのドアノッカーがその一つだが、イングランド南東部サウスウォールドの、セント エドムンド教会のクロックジャックがテーマの物も欠かせない。

S_jack

右手に斧、左手に剣、ばら戦争の兵士'clock-jackが教会の儀式の開始を告げる。

Dsc02771_2

結婚式で花嫁の入場を告げるウエディングベルを鳴らすのもこのクロックジャック。

6134


サウスウォールドジャック。伝説の“教会の鐘つき男”だからドアノッカーのテーマとしては申し分ない。

実は、各地の教会のクロックジャックやクオーターボーイは、名物となって、ドアノッカーのキャラクターとなっている例が多い。

Dressed in armour from the War of the Roses, he strikes the bell using a battleaxe.




Adnams

He is Adnams’ oldest trademark, dating back to 1912, and a replica of him stands on a ledge high up on the brewery wall, watching over the delivery trucks and pallets of beer barrels as they roll past. They chose him as an emblem to emphasise their connection with Southwold, and you can still see his likeness on bottles of Southwold Bitter, over 100 years on.

サウスウォールドのご当地ビール・アドナムス。ラベルにはサウスウォールドジャックが使われている。 アドナムスの看板代わりにサウスウォールドの街中にはサウスウォールドジャックの像があり、サウスウォールドの街のアイコンとなっている。

6139

サウスウォールドの人気のお土産がサウスウォールドジャックのドアノッカーだそうだ。

 

Dsc02769_2


テーマといい、素朴なデザイン、パティナ(緑青)の付き具合といい、とてもグッドテイストなアンティークだ。 33個目のアンティークドアノッカー。 プッ!

Dsc02856

 

さてと、

「郡上おどり」の開幕まで、アト一週間だな。

郡上は雨で大変なことになっているけれど、大丈夫だろうか。昨日夕方の増水が少し引いたみたいでほっとしているが・・・。

Dsc02777

?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »