« 作庭。 | トップページ | 18世紀 英文学の大御所 サミュエル ジョンソンのドアノッカー。 »

2018年5月23日 (水)

イームズのプラスチック・チェア。

Dsc02528

イームズのガラス繊維で強化されたプラスチックアームチェアは1950年に生まれた物だから、ちょうど老人の生まれた年と重なる。

ミッドセンチュリーのモダニズムというスタイルは、老人が生きてきた時代は、まわりに溢れていて、あまり有難いとも思わずに暮らしてきて、それへのアンチとして、このところヴィクトリアンやゴシックの様式で遊んできたが、ほどほどに装飾することは楽しいし、省略するだけが洗練でもないなと思う。

しかし、こうしてみると、最小限で最大限の快適というのも、けっこう装飾的であったなと思う。

|

« 作庭。 | トップページ | 18世紀 英文学の大御所 サミュエル ジョンソンのドアノッカー。 »

椅子のコレクション」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、いや、おはようでしょうか・・・初めまして。昨日、母が亡くなり形見でもらった68年前の腕時計。お母さんが高校入学のお祝いに母親に買ってもらったセイコー時計。私はおばあちゃん子でもあった為、その時計をこれから大切に使おうと思ったが動いているけど手首がキツイ。岐阜のおじいさんになおしてもらおうと思い場所をネットで調べていたらこのブログにヒットしました。ちょっと読んでみて、バラが咲いたのブログで笑ってしまった。活字で声出して笑ったのは昔読んだ小説の青春デンデケデケデケ以来かなぁ。なかなかおもろい内容もあったのでこれから時々のぞかせて頂きます♪

投稿: いちよう | 2018年5月24日 (木) 02時23分

いや~~~しかしバラは同感だ。
前田の元夫よ、
髪を切れ。

投稿: いちよう | 2018年5月24日 (木) 02時29分

いちよう様

お立ち寄り ありがとうございます。

おじいさんの時計屋さんは、かなりオジイサンですから、ときどき入院して、お休みになります。

先月通りかかった時は、やっていましたが。

投稿: IWANA | 2018年5月24日 (木) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/66750844

この記事へのトラックバック一覧です: イームズのプラスチック・チェア。:

« 作庭。 | トップページ | 18世紀 英文学の大御所 サミュエル ジョンソンのドアノッカー。 »