« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月27日 (火)

丹頂と黒出目金と金魚老人。

「金魚は上から覗くもの」というのは、ガラスなど庶民の手の届くものではなかった時代の名残りだが、庭の石臼が水槽の我が家では、今でも金魚は上から覗くものだ。

 

Dsc02160

 
丹頂は、白い体に真っ赤な頭頂部で、コケに覆われて薄暗い環境のなかでも良く映えて美しい。日の丸カラーでもあって、パトリオティックで日本人の心をくすぐる。なにより上からの姿が最高に美しい。
 

Dsc02162

 

 
そして金魚すくいの人寄せパンダ、「出目金」。
出目金は“黒”にかぎる。
黒出目金は、金魚であり金魚の影のようであり、紅白の「丹頂」の引き立て役として最高だ。

Dsc02222

 
いや、一緒に泳がせてみると、派手な丹頂が“黒”のデメキンの引き立て役かもしれない。
水槽の中のアールデコ、黒出目金はスタイリッシュだ。
 

Dsc02263

さて、ここ数年、完全日陰の裏庭の水槽で、ビオトープとシャレ込んでメダカなど飼ってみたのだが、水辺というのは日なたの代表のような環境で、睡蓮など日陰では観葉植物化してしまった。メダカはなんとか四匹ほど生き延びて、氷の張った水槽で越冬して三月の声とともに泳ぎだした。

Dsc02157_2

 

暖かくなったら、今年は、また金魚を迎えようと水槽にバクテリアなど入れて準備をしておいた。
 
 
「暖かくなったら」、毎年そんなことでやってきたのだが、疑問が浮かんだ。
氷の下でも金魚は生きていたし、メダカも越冬を終えて元気に動き出した。はたして暖かくなるのを待つ必要があるのか。

Dsc02270_2

 

 
いままで、暖かくなって菌類が活発化する時期に金魚を飼い始めて失敗してきたのではないか。むしろ水温が低く菌類が活発でないあいだに金魚を迎え入れるほうが上手くいくのではないか。メダカをパイロットフィッシュだと考えれば、メダカは今、元気で、まだ肌寒い時期こそ移入の好機かもしれない。
 

Dsc02176_2

そんなことで、当地では桜の開花宣言があったが、東京では雪が降ったという春の彼岸に新しい金魚を迎えた。
“丹頂”が三匹、“黒出目金”が三匹。体形が同じで泳力も同じ、共存を考えての配慮だ。
 

Dsc02152_2

 
購入から既に一週間経過。魔の三日間を軽く超えて脱落者は無い。しかし、このところの予想外の急激な気温上昇で計画に狂いが。
黒出目金にチョット・・・・。

Dsc02206_2

 
メダカは恥ずかしがり屋ですぐ隠れてしまって面白くないが、金魚はわりと人懐っこい。
今度のデメキンは、最初から人懐っこくて、指を出すとつついてくる。
なんてカワイイ奴なんだ。

Dsc02158

 
庭で、金魚相手に、人の道、人生なんぞを説く、老人の今日この頃だ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

晴れの日も雨の日も。

Dsc02099

晴耕雨読というが、耕すような畑もないわけで、老人は、晴れの日も雨の日も退屈しのぎに本を読んでいるわけだが、机に向かって本を読むなんてことはないワケで、ほとんどソファーでデングリ返って読んでいる。

去年の今頃はアンティークタイルに嵌まっていたなと、ヴィクトリアンアートのグロテスクが懐かしく、昨日からウィリアム・ド・モーガンの事なんかを勉強している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

この夏の老人。

さて、急に暖かくなったとおもったら、少し寒さがぶり返したりして、いつものことだが。
 
 
キーンのジャスパーの底に穴があいた。キーンは売ってる時に細身に紐を締めてあるとオシャレだが、足の形に合わせて拡げるとなんてことは無いただの登山靴でたいして面白くなかった。アッパーはどこも傷んではいないのに、底に穴が開いて使えないというのもシャクだが、老人は天気の良い日だけしか外へ行かないから靴のアッパーは傷まない。
 
 
まあ、しょうがないから、安物のレースアップのマウンテンブーツ風のLEEのオックスフォードをアマゾンしたのだが、アンティーク風のブラウンのグラデーションが安っぽくてよくないから、黒で染めてやったら焦げ茶になって落ち着いた。とてもイイ味だ。
ブラウンと言えば、ベルトが切れたので、ブラウンのむら染めの革のベルトをアマゾンした。パンツの革のトリミングと合ってとてもいい。
 
 
お気に入りの和染めのTシャツが色褪せてきた。一度だけは染め直しをしてくれることになっているから、今年、もう一枚購入してついでに染め直しを頼もうと思ったが、面倒なので、アヴィレックスの白のTシャツにした。
 
 
老人はただでさえ見てくれが汚くなるからTシャツは白に限る。しかし残念なことに、ただの白だと、「丸首の下着で夕涼みのサザエさんのお父さん」になってしまうから、アヴィエーターテイスト(飛行機乗り)の袖にポケットなどアシラッタものにした。
 
 
まあ、この夏の老人のコーディネイトは、きわめてオーソドックスなものだが、差し色で靴下をラソックスのブライトミックスという意表をついたものにしてみた。老人の意地だ。
浮気は文化という石田ナニガシのように裸足で靴を穿くほど若くはない。臭くなるしねアシは。
 
 
石田ナニガシの足だって臭いと思うぞ、もう老人だし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

MJQだな。

身体の大きなバカたちの話やら、右翼に乗せられたバカ殿や、その女房のキャラメル屋のバカ娘のことや、ケツの穴の小さなレスリングバカの話なんかを一日中テレビでやってるからウンザリで、ひたすらブルートゥースでジャズを聴きながら読書の今日この頃だが、こう書くとまるで、あいつは馬鹿だ、こいつは馬鹿だとみんなを睨みつけている、行き詰った攻撃的社会不適応型老人のアイツのようだなと反省。
 
なにも画になることをしていない今日この頃だから写真がない。
 
読書のBGMは、やはりMJQだな。洒落ているよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »