« ブルートゥース 完全ワイヤレスイヤホンを手に入れる。その壱。 | トップページ | 二台目のブルートゥース中華アンプ。 »

2018年2月 4日 (日)

完全ワイヤレスイヤホン購入記 その二。

老人は、大学三年の時にに70年安保を迎えた世代で、あの全共闘運動のど真ん中にいた世代だ。70年には既に我々の負けはハッキリしていたけれど、それでも泣いて止める母親を振り切ってデモに出て、就職が出来なくなると脅されて、いっそあの機動隊のジュラルミンの盾に突っ込んでつかまったら一生ルンペンプロレタリアートで、文学か演劇の道へと諦めもつくのかなと、いつも崖っぷちの青春。
火傷しそうに熱かったあの時代の、私にとってのジャズの頂点は山下洋輔の「DANCING古事記」に尽きる。

Dsc01927

いわずもがなの敗北を経て、それ以降は、ヒュージョン系の、なるべく言語から遠くにあるジャズの世界に沈み込んで、ひたすら無駄な青春の時間を埋めつつ、ただ社会に出るまでの我慢であったわけだが、社会に出て最初の職場が新聞社でありローカルの放送局であったから、音に囲まれる生活のなかで、むしろ私生活的には音楽とは距離をおきたい。なにしろ「あなたに女の子の大切なものをあげるわ」などという、くだらなくて下品で最低な曲が1日何度もかかる時代だったから、私の番組では“山口百恵” いや、山口百恵にそういう歌を歌わせている下品で人間として最低な都倉俊一の曲なんぞは絶対掛けなかった。 な~んちゃって

Dsc01930

 
さてさて、ワイヤーから解放されることがこんなに楽だとは。

Dsc01947

 
 
山下洋輔のフリージャズには、フリーとはいえ流れがあるが、同時多発的フリーのセシルテイラーとなるとちと分からない。しかしワイヤレスイヤホンは、間違いなくフリーだ???
 
今日の老人は、どんどん横道にそれて傾いていくな、本題のワイヤレスイヤホンに入る。

Dsc01969

SOUL 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth4.2 防汗対応 左右分離型 マイク付き ST-XS SL-2001  9,806円
 
私にとって、初めてのワイヤレスイヤホンで、他のイヤホンを試したこともないワケで、比較もできないし、どうのこうのというのもナニだが、アイフォン純正の有線イヤホンに比べて特に音の劣化もなく、イヤホン本体が大きい分だけ音室の大きさを感じ、音量を高めた場合むしろ余裕を感じる。 スピーカーで聴く迫力には当然負け、ヘッドフォンの余裕には劣るが、純正の有線イヤホンに迫り、なによりワイヤレスの解放感、使い勝手の良さは画期的だ。

Dsc01934_2

 
心配した耳からの脱落は、私の場合、付属のLサイズのイヤーチップがピッタリで、しっかりと耳に装着する必要はあるが、いくら首を振っても落ちることはなかった。つまり私の耳には合った。イヤホンの躯体も軽く、耳から落ちるという不安も感じない。適度な大きさと、躯体の軽さというのが重要な気がする。
 
人込みの中や駅のコンコースでも確かめたが、音飛びや音切れもない。
ペアリングやアイフォンとの接続も簡単で難なくできた。充電器でモバイルバッテリーも兼ねるケースは、縦長でポケットへの納まりもよく、スタイリッシュだ。
 
ブランド名がSOULとある通り、低音の迫力が魅力だが中音の解像度も充分、音の味付けは、アイフォンの設定でイコライザーの音楽のカテゴリーを選んだりボーカル重視に設定したりで結構変えられる。
 

Dsc01960

ブルートゥース完全ワイヤレスイヤホン。老人にとって、40年前のウォークマンの登場以来の衝撃だ。
 

|

« ブルートゥース 完全ワイヤレスイヤホンを手に入れる。その壱。 | トップページ | 二台目のブルートゥース中華アンプ。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/66345105

この記事へのトラックバック一覧です: 完全ワイヤレスイヤホン購入記 その二。:

« ブルートゥース 完全ワイヤレスイヤホンを手に入れる。その壱。 | トップページ | 二台目のブルートゥース中華アンプ。 »