« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月 5日 (金)

毎日がお正月。

何んのそのどうで死ぬ身の一踊り  藤澤清造
 
 
 老人は、リタイアメントで、毎日がお正月だから、お正月だといって大して目出度くもないのだが、できれば毎日がお正月と言えるくらい掃除が行き届いた環境で暮らしたいと思う。
 
といって掃除婦が居るワケではないから、自分で掃除をするワケだが、我が家を全部掃除するには35時間かかるという計算をしていて、去年の暮は師走の18日から毎日二三時間、29日などは朝の8時から一時まで徹底的にお掃除をした。
 
 
まあ、掃除が趣味なワケで、趣味だから掃除をゴマカスなんてことはしないワケで、おかしいくらい根本的に掃除をするワケだが、そういう老人って家族に嫌われたりするワケで、なるべく嫌われないように、遠慮して暮らして、威張らない“お掃除ルンバ”の様な存在でありたいと思う。

Dsc01840

 
さてさて、今年のお正月は良く音楽を聴いた。暮に手に入れた安物の中華アンプがとても良くて、40年も前のスピーカーが鳴らし続けたらドンドン良くなって、かって無いような音を聴かせてくれている。音源のスマホとプルートースのアンプが良いワケだが、スマホの便利さに乗っかってアップルミュージックの聴き放題キャンペーンを享受している。
 
オーティス・レディングはイイがさすがに録音が古いよね。ジミー・スミスは最高だよね。薬師丸ひろ子は少しストイックすぎるが少しカマトトの斉藤由貴の方が好きだな。中森明菜のフォークのカバーなんて荒れかたがイイな。しかし都はるみの「大阪しぐれ「」や「浪花恋しぐれ」もいいよね。高橋真梨子は聞き飽きるくらい聴いたな。テンプテーションズやスティービーワンダーもいいな。
マイルス・デイビスやコルトレーンは私の青春だな。キャロルもいいがクールスあたりの方が聴けるな。しかし読書するにはヴォーカルは邪魔だからゲーリー・バートンやハービー・ハンコックだな。音楽があると読書もはかどるな。
 
 
と、労働者諸君には申し訳ないが、毎日がお正月ってイイぞっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »