« 一週間。 | トップページ | iPhoneXが入荷しました。 »

2017年11月13日 (月)

飄々と生き延びろよ。

Dsc01671

さて、本当にお世話になったな。もう四十年近い付き合いになる。

Dsc01667_2

飄々として、のんびりとした君を、広告業界などという世界へ行かせてしまったのは、私のせいではないかと、少し君の世界とは違うかもしれないと心配していたが。

Dsc01669

 
君は社会に出ると生き生きと泳ぎ出し、バブル前の、何もかもうまくいった時代の波にうまく乗り、少しだけ派手なジャケットを着たりしてときめいていた。きみの会社の経費で、女子大小路のハタ坊の店で何度か飲ませてもらった。

Dsc01673

 
俺が岐阜の会社を辞めて名古屋に戻ってからは、ほとんど君と一緒に生きたような気がする。バブルが弾けて君がこけて、数年遅れで私がコケて、それからは、お互い傷を舐めあって生きてきたよな。

Dsc01674

Dsc01676

 
反応し過ぎる俺に比べて、飄々とこなす君を見て、俺は感心し、反省していた。

Dsc01677

Dsc01679

 
 
なんだか湿気た話になってしまったが。明日は君の手術の日。五年生存率98%というから何の心配もないが、なにかしないではいられない今日一日だ。

Dsc01681

 
退屈しのぎといってはナニだが、今日は朝から岐阜市内の思いつく神社を廻ってお参りしてきた。お賽銭にと思って昨日は買い物をして小銭もタクサン用意しておいた。

Dsc01682

Dsc01683

Dsc01685

 
スタートは、うちの町内の秋葉神社、明治初年には建てられていたという町内の守り神だが中山道の宿場でもあったうちの町内は、お金持ちの町内で、各町内ごとにこうした神社があり、祭り屋台と屋台蔵を持っていたというから今では考えられない。なにより火伏の神で降りかかる災難を除ける神様だ。

Dsc01687

Dsc01690

 

 
さて、地域の天神様、散歩コースの金神社、少し向こうの白山神社、岐阜で一番の伊奈波神社。途中の小さな祠もみんな参った。
神様なんて信じないが、神様がいるとしたら助けてくれるかもしれない。いや、神様がいたら助けずにはいられないはずだ。

Dsc01694

Dsc01701

 
 
さあ、アンタ流の、うまく風に流されながらうまく風に乗るやり方で、飄々と病気なんかやり過ごせよ。
 

Dsc01703

 
飄々と生き延びろよ。俺は今度も学ばせてもらうよ。
 

Dsc01704

 
南の空に、手術の成功を祈る。      竹の字

|

« 一週間。 | トップページ | iPhoneXが入荷しました。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/66036078

この記事へのトラックバック一覧です: 飄々と生き延びろよ。:

« 一週間。 | トップページ | iPhoneXが入荷しました。 »