« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

チェ。

Dsc01534

タバコは、もう十年も前に止めたことになっているのだが・・・。

老人は、庭でボケーっとしているのが好きなのだが、ただ庭でボケーっとしていても、ついにボケたかと思われる今日この頃だ。

しかし、タバコをふかしていると、なんだか哲学をしているようで、自分としても納まりがが良い。

だから、タバコは、庭で吸うのだけは自分で許している。

散歩コースの柳ケ瀬の小粋な親父のタバコ屋で、チェゲバラのタバコを買った。

 

チェゲバラ。 青春だよな。

このタバコで、キューバが少しでも潤うのなら、老人の命など惜しくもない。

Dsc01533

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

秋雨。

Dsc01521

緑は緑のままだし、寒いようで、そんなに寒くはないし、油断したら風邪引きそうだし。

なんだか今年は、面白くもない秋だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

押してもダメで、引いてみたら。

Dsc01499

さて、選挙前は、議席50も無理と思われた民進党が、枝野が筋を通し議席を三倍増とし、無所属で立った実力者達も、ほぼ当選し、希望にもぐりこんだ民進も一部だけれど何とか生き延びた、つまり、絶滅と思われたリベラルは見事生き延びたと言えるワケで、リベラルを切れと言った民進の中の混ざりものの右派が見事、選挙で斬られた。

実は、自民党より右であったり、本当は自民党にいきたいが、自民党に席がないから民進にいただけの混ざり者が、希望の党が死亡の党となり、胸に赤いバラどころか白い菊を付けるハメになったことは、痛快だ。

とはいえ、安倍の暴走と、小池と前原のリベラル斬りによるリベラル消滅の危機感が枝野という救世主を生んだが、このままでは立憲の行く末は社民党であることは間違いない。

枝野の勝利は、押してもダメだから引いてみたら民主党が蘇った。本当の混ざりものは、時代遅れと言われた左派ではなく、こちらに居てはいけない右派の前原であり松原だったということだ。

右派の自滅で民進の旗色は鮮明になり野党としてのポジションも明確になった。めでたしメデタシだ。

 

とはいえ、何度もいうが、それでは行く末は社民党なのだな。

続きを読む "押してもダメで、引いてみたら。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

期日前投票。

Dsc01494

期日前投票なんて、少し頭の悪い宗教団体のヘンなおばさん達のやるもんだと思っていたが、明日は台風で大変そうだから、めずらしく期日前投票に行ってきた。
 
ポジションは少し違うが、筋を通すって人間として大事なことだと思うから、筋を通してきた。そういう人が、いつもより多いように感じた。
 
安倍や稲田のクソガキの嘘にはウンザリだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

便所の落書き。

Dsc01491

「本当のことを言ったら、お利口になれない。」と歌ったのは新谷のり子だったか。

遠慮なく本当のことを言ったら、すべての関係は破綻してしまう。

そういうことを嫌だいやだと書いたのは吉本隆明だったか。

ブログも、色々と知られてくるにしたがって、少し窮屈になって、本当のことは、ナカナカ書けなくなってきた。

少し前から、他所でブログをもう一つ立ち上げて、思いっきり思っていることを書いてみた。痛快だ。

ネットの書き込みを“便所の落書き”といったりするが、便所の落書きも、たまに本当のことがあっておもしろいが、近頃“便所の落書き”など見たことがない。

世の中が良くなったのか、ネットがあるからなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

混ざりものの前原。

Dsc01487

リベラルを 混ざりものだと 切った 前原が
お前こそ 混ざりものだと 世間様に斬られた
痛快だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

今日この頃てきな。

なんだか暑かったり、寒くなったりだが、ここ当分は雨の日が続くようで、リベラルを切った小池百合子が世間というリベラルに斬られた今日この頃、クソ野郎の前原はいったい何だったのかなんてコトで。
だがしかし、九条という呪縛こそ乗り越えるべき、襤褸の九条こそ捨てて乗り越えるべきと思いつつ、リベラルを切るといわれれば、それは違うぜと反小池の老人の今日この頃、百合子のいう事は、本当は何もかもモットモなのだが、それは違うとしか言えないオールドボルシェビキのオイラ。

720

note村の渡しの船頭さんは、今年六十のお爺さんnoteなんて唱歌があったが、ヨボヨボで使い物にならない老人すら村のハズレで、お国のお役にたっているという歌だが、老人はとうに六十も過ぎ、お役にたつことなど何もなく、椅子で船こぐ今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
さて、秋雨前線が列島をおおい、ウォーキングもナニだから、エクササイズをこなすように掃除に励み、床にスパゲッティがこぼれようと平気で食べられるように、ひたすら床をパスタ皿なみにキレイに、なんてことはウソだが、近頃、アマゾンで手に入れた、蜜蝋とヤシ油とオレンジオイルのワックスは、なかなか優れものでアンティークの椅子やらテーブルをひたすら磨いている昨日今日なのだ。
濡れたように黒光りするアンティークの椅子は、まことに美しく、タマシイが吸い取られるようで、できればこのまま吸い取られて向こう岸に逝けないものか・・・。

Dsc02685

 
斉藤由貴のことは、だから斉藤由貴なんだよ、何か? って感じだし、パンツ男は幸せ過ぎて勘違いしてしまったな。パンツが白だったのが唯一の救いだな。
山尾志桜里は、週に四回なんて素敵な純愛じゃないか、愛に生きたってイイじゃないかと思うが、どうでもイイか。
 

610

さてさて、安倍ちゃんと来たら、選挙の公示日を、北朝鮮の記念日に当て、ミサイル頼みの選挙展開。安倍こそ国難と言われ、選挙演説もステルス演説といい逃げ惑う有様。演説を始めればオーバーヒートして、誹謗中傷の街宣右翼並み。つくづく安倍こそ国難だよね、ウンザリ。
 

33

おなじく、言葉だけは過激だが、ヘタレで小心者の西洋カルタ男・トランプ。戦争する勇気もないのに自分の言葉に追い詰められて、いよいよ戦争ですか?
 

1234_4

よく見ると小さいな。
 
 
なんてコトで、久々に落書きしてみた。汚い言葉でゴメン。

206

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »