« イギリス ヴィクトリア期のアンティークタイルで廃墟趣味の庭を飾る。 | トップページ | フリーメイソンの扉。 »

2017年6月21日 (水)

雨の日のグリーンマン。

Dsc08968

ここ数年、梅雨入り宣言があっても梅雨前線は太平洋上にあって、空梅雨で、梅雨入り前と梅雨明けに少し強い雨が降る程度なのだが、それでも梅雨入り宣言をする気象庁というのは、まことにお役人根性の極みだなと思うのだが、そんなコトより、この時期は、じっとお天気を観察しながら、この夏の“郡上おどり”のお天気のコトだけを考えている踊りすけべの老人なのだが、ここ数年は空梅雨で、空梅雨の夏はやはり雨の日も少なく、去年も一昨年も老人が郡上へ出かけた日は浴衣が雨で濡れたことはほとんどなかった。

老人が郡上おどりのブログを書き始めた頃は雨が続いて、雨のことを面白がって書き過ぎたきらいがあって、「郡上おどり」と雨というイメージが強くなり過ぎたが、ここ数年に限って言えば、雨に降られることはほとんどなかった。浴衣を濡らすのは汗か女の涙だけだった。なんちゃって。

さて、郡上おどりの始まりまで、あと半月、朝晩は未だ寒いような日が続いているが、たとえそうでも踊りが始まる頃には、いやでも暑くなるわけで、なんとなくソワソワしたりして、ユーチュブで郡上おどりを見たりしているのだが、郡上おどりの動画をアップする方が少なくなってしまったから、どなたか動画のアップをお願いしたいな。たのみはユータの愛パット動画だが、ユータも郵便局員になったというから、そうそう踊ってばかりいられないはずだ。ここは、ヘベレケのなごさんが動画担当を引き受けてくれるか、およしちゃんが名乗りを上げるか。

老人のブログもニフティの画像のアップロードの制限が一メガから三メガに緩和されたから、もう少しキレイな写真がアップできるかもしれない。そうするともう少しいいカメラが欲しいが、あいかわらずアンティーク貧乏で浴衣の新調すらままならない年金生活だ。

もう少しの辛抱だな。

|

« イギリス ヴィクトリア期のアンティークタイルで廃墟趣味の庭を飾る。 | トップページ | フリーメイソンの扉。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日のグリーンマン。:

« イギリス ヴィクトリア期のアンティークタイルで廃墟趣味の庭を飾る。 | トップページ | フリーメイソンの扉。 »