« 雨の日のグリーンマン。 | トップページ | 文句ないよね? »

2017年6月27日 (火)

フリーメイソンの扉。

Dsc09073

 

フリーメイソンは、“寓意によって隠され、シンボルによって説明される特定の倫理体系”を奉ずる友愛団体だが、儀礼とシンボルによって人間の意識を変容させる方法に到達したという。

 
それはともかくとして、たとえばフリーメイソンの原点である石工という職人の世界で、文字によって原理を伝達するという方法が可能になったのは、ここ百年のことであり、500年の歴史があるメイソンゆえに、昔も今も、主要原理はシンボルによって継承されてきた。ハイレゾ音源ではないが、文字を上回る観念を交信することを可能にしているメディアがメイソンのシンボルだ。
 
様式や象徴といったものの謎解きが好きな老人にとって、フリーメイソンのシンボルは程よい退屈しのぎのテーマだ。

Dsc09047

 
メイソンのドアノッカーの演出に少しシンボルを足してみた。メイソンのトークンとピンだ。さらに、ドアベルのスイッチも替えてみた、怪しげでイイ。 秘密結社・・・なんてステキな響きだ。

Dsc09070

 
 
この扉の向こうには、わたしだけの秘密のロッジがあり、明けの明星の輝く光に浮かぶ“聖なる掟の書”が置かれた祭壇があるはずだ。
                     な~んちゃって。

|

« 雨の日のグリーンマン。 | トップページ | 文句ないよね? »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリーメイソンの扉。:

« 雨の日のグリーンマン。 | トップページ | 文句ないよね? »