« 常滑 世界のタイル博物館でアンティークタイルを満喫する。 | トップページ | ステンド障子。 »

2017年5月 6日 (土)

常滑やきもの散歩道を散策する。

Dsc08567

さて、INAXライブミュージアムを見終えて、知多バスで常滑駅まで行き、焼き物の街・常滑市の散策です。

Dsc08568

常滑は、とてもダイナミックでクリエイティブな陶芸家の街です。

とても面白い人達の街です。

Dsc08569

この黒く塗られた板壁、懐かしい昭和の風景です。老人が子供の頃、家はどこもかも防腐と防水を兼ねて、コールタールのような“チャン”で黒く塗られていました。

Dsc08575

常滑は坂の街で、細い路地の街です。こんな坂道を自転車で降りていく地元の人をみました。下りも怖いけれど、どうやって登って来るのか心配です。

Dsc08572

こんな感じで、工房の作品を売る店が沢山あります。

Dsc08580
有名な土管坂です。少し写真写りが良すぎる気がします。道路にも瓦や土管が埋められています。
常滑の地名の由来は、常に、滑る、ヌルヌルとした粘土の地質にあります。坂が多い街ですから滑らないというのはとても重要です。

Dsc08573

いかにも、常滑らしい風景です。

Dsc08581

Dsc08582

Dsc08586

涙が出るほど懐かしい昭和な景色です。私の小学生時代の光景です。

Dsc08585

これです。

これで空が煤煙で汚れて、家の壁が土埃まみれだったら昭和の二十年代三十年代です。

Dsc08589

老人には、すこしキツイ坂でしたが、常滑は、とても素敵な陶芸の街です。

|

« 常滑 世界のタイル博物館でアンティークタイルを満喫する。 | トップページ | ステンド障子。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/65240805

この記事へのトラックバック一覧です: 常滑やきもの散歩道を散策する。:

« 常滑 世界のタイル博物館でアンティークタイルを満喫する。 | トップページ | ステンド障子。 »