« 危うきに遊ぶ。 | トップページ | 棚卸。 »

2017年3月18日 (土)

イーストレイクスタイルのドアベル・スイッチボックス。

Dsc07612

ドアベルというより、スイッチボックスなのだが、アンティークのカテゴリーとしてはドアベルの中にある。
ヴィクトリア期の流行の物の一つであるドアベルは、ドアの外のレバーハンドルを操作して、ドアを貫通させた芯棒で、ドアの中側のリンを鳴らすという物。 (下の写真はネット上のコピー)

3182

今回のアンティークは、外形はヴィクトリア期のドアベルだが 、電気のブザーを鳴らす為にドアに取り付けられた、ただのプッシュボタンだ。

Dsc07596

デザインはイーストレイクスタイルの真鍮で、真ん中の押し釦は、ベークライトというプラスチックの前身の合成樹脂。二十世紀初頭の特徴的な素材。ベークライトの絶縁性能というのも電気の黎明期の素材として重要だ。

二十世紀初頭は、電気が庶民の生活にも普及し始めた時代だが、電気は、まだ贅沢であり、玄関にブザーが取り付けられているということがステータスであった事が窺われる。

スイッチボックスというのもアンティークのカテゴリーとして、とても面白い素材で、とりわけアールデコ期のものなど、涙が止まらない程ステキな物がある。

家じゅうのスイッチをアンティークに換えたいが、安全上の問題やら、現在のスイッチボックスとの互換性で無理がある。機能はさせないがドアに取り付けてみた。

Dsc07614

ボタンのベークライトの黒にシビレた。とてもエドワーディアンで、20世紀初頭の雰囲気でイイ。

もう少し古いドアベルのスタイルは以前紹介した、この手の物だ。

Dsc07618

 

老人は、今日も シ・ア・ワ・セ だ。

Dsc07606

 

こんな風に、コツコツと、あと十年でいいから、控えめに、ときどきアンティークしながら、郡上おどりを踊って生きていきたい。 ナ~ンチャッテ

Dsc07629

ANTIQUE CAST BRASS  EASTLAKE DOORBELL

|

« 危うきに遊ぶ。 | トップページ | 棚卸。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/64999075

この記事へのトラックバック一覧です: イーストレイクスタイルのドアベル・スイッチボックス。:

« 危うきに遊ぶ。 | トップページ | 棚卸。 »