« 平成29年度 白鳥おどり 日程表が発表されました。 | トップページ | 図書館。 »

2017年2月 3日 (金)

ハリウッド映画の初期にトップスターであった早川雪州の「チート」を観てオールドノリタケについて考える。

3

古典的ハリウッド映画に分類される20世紀初期の無声映画の時代のハリウッドで、チャップリンと肩を並べる程の大人気であった映画スター・早川雪州を世に送り出すこととなった「チート」1915年 は、アメリカに渡り巨万の富を得た日本人美術商トリと堕落した白人中産階級の有閑夫人イーデスの関係を描いた無声映画だが、映画のストーリーはウィキペディアに任せるとして、

 

1

20世紀初頭のアメリカで日本美術を商って、巨万の富を得た美術商という主人公の設定は、山中商会やオールドノリタケの森村ブラザースのアメリカでの成功を思わせるものであって、当時のアメリカのアートシーンを席巻したJapanese Taste日本趣味と、日露戦争の勝利など台頭しつつある日本人へのYellow Peril黄禍論の高まりを感じさせるものだ。

Dsc072091_2

「チート」は、赤十字の基金を使い込んだ有閑夫人のイーデスが、交際する金満美術商のトリに借金を申し込み、返済不能ならば、イーデスの背中に焼き印を押すというショッキングなものだったが、

2

背中に焼き印を押すなどという趣味は日本人には無いわけで、その設定が国辱物であると邦人からも大反発を買い、この映画は日本では上映されることはなく、チャップリンと並ぶ大スターとなるも、雪州の日本への凱旋はならなかった。

4

1880年代以降ヨーロッパでの流行を取り入れるかたちでアメリカにもたらされたジャポニズムは、当初からハイアートとして位置づけられ、洗練された日本の美術品や工芸品を家庭空間に取り入れることは、文化的リーダーとして社会的地位をしめす重要な要素であった。

527_008_1

これが問題のイーデスの背中に焼き印を押すシーンなのだが、テキサスのカウボーイでもあるまいに、背中に焼き印を押すなどと言う設定は黄禍論を反映した、為にするものだという反発も納得ができる。

6_2

在米日本人の抗議と第一次世界大戦の同盟国でもあった日本への気遣いによって1918年の再上映からは、字幕の設定だけはビルマ人の象牙商となったが。絵的にはそのままで、着物を着た日本人の部下もそのままだ。今回アマゾンで手に入れたDVDは、このビルマ人版だが。

7

「THE CHEAT」は、ヨーロッパ各国、とりわけフランスでも大ヒットとなる。1920年代のアメリカの反日感情の高まりのなかで雪州はアメリカを去りフランスへ渡り、「ラ・バタイユ」(1923年)を始めフランス映画産業の一翼を担う大スターとなった。

 

L1005595

さて、こうして映画を通してエドワード期やベルエポックのアメリカをみると、アメリカでのオールドノリタケの 位置もみえてくるし、このところ見てきたイーストレイクスタイルのアンティークやヴィクトリア後期のアンティークがまた輝いてみえてくる。

8

アールデコ期のアメリカも、

Dsc00062_2

オールドノリタケのデコレディのアメリカも見えてくる。

9

映画の著作権保護期間の70年をとっくに過ぎているので、DVDを遠慮なくキャプチャしてみた。

 

Dsc07315

アンティークの楽しみは無限です。

 

チート THE CHEAT

監督 セシル・B・デミル

キャスト 早川雪州/ファニー・ウォード/ジャック・ディーン/ジェームス・ニール/阿部豊

1915年 アメリカ作品

 

|

« 平成29年度 白鳥おどり 日程表が発表されました。 | トップページ | 図書館。 »

アンティーク」カテゴリの記事

オールドノリタケコレクション」カテゴリの記事

コメント

今晩は(^^♪
オールドの映画ですね。
しかし、返済不能なら焼印って食肉用の牛さんでもあるまいし西洋的。暗黒の奴隷時代にありそうです。日本なら指をつめるとか~~~これも意味不明ですけど( ´艸`)
アンティークのビスクドールのモリムラというメーカーはノリタケです。お顔の作りは綺麗とか可愛いというよりチョット、マニアックな感じですけど。。。それではまた(@^^)/~~~

投稿: patsy | 2017年2月10日 (金) 23時23分

patsyさん

モリムラドールは、入ってこなくなったドイツ製品の代用ですが、けっこうレベルが高いですよ。以前、ノリタケ美術館のモリムラドールの写真をアップしたはずです。

「チート」のDVDは、アマゾンで990円です。無声映画ですから、たわいもないものですが、オールドノリタケの時代をみるには面白いですよ。

投稿: IWANA | 2017年2月11日 (土) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/64843050

この記事へのトラックバック一覧です: ハリウッド映画の初期にトップスターであった早川雪州の「チート」を観てオールドノリタケについて考える。:

« 平成29年度 白鳥おどり 日程表が発表されました。 | トップページ | 図書館。 »