« Freedomである。 | トップページ | 昨日と今日。 »

2017年1月27日 (金)

郡上おどりの日程(平成29年度)が発表されました。

1729_2

さて、このところ退屈しのぎに、ユーチューブで郡上おどりの動画を観ながら、コタツでボンダンシングの毎日だけれど、ようやく今年の(平成29年度)郡上踊りの日程表が発表された。

シェリー風に謂えば、“冬きたりなば 郡上踊りの 夏まで半年”というワケで、ようやく「踊り休み」の中間地点に差し掛かったワケだ。

郡上おどりは、町内の縁日に合わせて会場を移して行われるが、老人がまだ踊ったことのない場所が二か所あって、今年は、これを制覇しようと思っているのだ。

立町会場と八幡駅前で、立町会場は毎年“団体おどりコンクール”で、私には関係ないから行かないが、一度これに行って写真を撮れば郡上踊りの名人はホボ写真に収めることが出来るワケだが、コンクールの審査中にストロボをバカバカ焚いて写真を撮るのもナニだなというコトで、気が弱い老人は今まで一度もいったことがない。

盆踊りの楽しみは、個性豊かなヤンチャおどりだが、しかし、揃えて踊る美しさこそ醍醐味で最上級の楽しみだ。

あの場所はあまり明るくないからストロボは不可欠だし、悩ましいが、ストロボで踊りが乱れるようなら名人とは言えないワケで、団体コンクールにチャレンジするようなレベルの人は、きっとストロボなんて気にしないと許してくれると思う。

団体おどりコンクールは、たぶん郡上踊りとしては、一番レベルの高い踊りが観られるはずだ。

 

白鳥おどりの日程表はマダですか?

 

|

« Freedomである。 | トップページ | 昨日と今日。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

白鳥の日程出てますよ♪
http://shirotori-gujo.com/html/odori.htm

投稿: さとう | 2017年1月30日 (月) 11時51分

さとうさん

さっそく 予定表を見ました。
さて、郡上おどりと白鳥おどり、この日はどちらに行こうか、という白鳥と郡上の配分に悩むこれからです。

さとうさんは、竹細工をおやりなのですね。
じつは、郡上八幡や白鳥には、全国の渓流釣り師の憧れとなっている「郡上びく」があります。人が乗っても潰れないような武骨で頑丈な魚籠ですが、実はこれが絶滅寸前で、釣具屋には外国製の形ばかりまねた物がありますが、本物と言えるものは、八幡の愛宕町にある嶋和男さんの物だけです。嶋さんも高齢で郡上の無形文化財となっているこの技術が途絶えようとしています。
以前、嶋さんと意気投合して教えてやるから継いでみないかと誘われたひとがありますが、嶋さんが郡上びくをつくるのは、冬の間だけで、夏は藤蔓で籠を編んでおられます。踊りのついでに立ち寄ってみると面白いですよ。

http://dankaiparty.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-7df7.html
検索で、郡上びく 団塊のブログ で検索するとみられます。

投稿: IWANA | 2017年1月30日 (月) 18時22分

わたしはどちらも初体験になるのでどちらも行きたいな~と思ってます。
白鳥を初めに覚えたので白鳥メインで回ろうかと思ってましたが、「郡上びく」も気になりますーー。

せっかく参加するのだし、浴衣で出たいと思い、白鳥観光協会に浴衣レンタルとお宿について問い合わせたところ、浴衣レンタルもあり、お宿もいいところがあるようです。

嶋さんの仕事も見てみたいです!おどり真っ最中&お盆に見せてもらえるでしょうか(*_*)?

投稿: さとう | 2017年1月31日 (火) 11時35分

さとうさん

ブログを早速紹介してくれてありがとう。

徹夜おどりにお見えなら、白鳥おどりがイイかな。でも、白鳥は観光地ではありませんから、車で来て滝やら温泉に行かないと、なにもないとこです。普段のおどりだと地域盆踊りという感じで観光客の方は少し違和感があると思います。
踊りが初めてなら、郡上おどりがお勧めです。郡上八幡の街は観光地化していて、踊り以外にも見て回ることができます。若い人が始めたクラフトショップもあって、さとうさんの様なひとが他所から移り住んで色々なことを始めています。(徹夜おどりなら宿をとらずに車で休んで朝、日帰り温泉で仮眠という方法もあります。)
郡上びくと並んで、郡上には“郡上さお”も有名で、とても重くて今の人には使いづらくて、文化財化していますが。
郡上の下流の美並あたりは、昔は竹の産地で、このあたりの竹が長良川を下って岐阜へ出され、美濃の紙とともに、和傘になり提灯になり団扇になって全国に出荷されました。京都の扇子の竹も岐阜からという話を聞いたことがあります。竹の文化が沢山あるはずですが、これが体系的に観られるところは残念ながらありません。
嶋さんのお宅も、お元気なら見られるはずです。

投稿: IWANA | 2017年1月31日 (火) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郡上おどりの日程(平成29年度)が発表されました。:

« Freedomである。 | トップページ | 昨日と今日。 »