« エドワーディアンなトイレの改装計画。 | トップページ | 大きな象のアンティークドアフックをトイレに付ける。 »

2016年10月29日 (土)

エドワーディアンなトイレットペーパーホルダーを自作する。

Dsc06414

さて、トイレのエンターテイメントはやはりトイレットペーパーホルダーなのだが、我が家の三つのトイレのうちこの客用トイレだけ狭くてシャワーなしという質素なつくりなのだが、客に見栄など張る必要はない、普段は使わないトイレだから質素にというのが私の意図だったのだが、少しナニだった。

アンティークなペーパーホルダーというといかにもヴィクトリアンな真鍮の装飾過多な物を思い浮かべるが、トイレが狭いのと、エドワーディアンがコンセプトなわけで、装飾は控えめな物がいい。

Dsc06398

というワケで、無ければ作ってしまえば良いではないかと、イーベイで素材を探して作ってしまったのであります。

ワタクシ、老いてはいても ナカナカやるのです。

Dsc06419

まず、ベースはヴィクトリアンのリブロの犬のホルダー。とてもイイ造形の物です。しかし造りは至ってシンプルであまりにもナニです。

Dsc06396_2

このままでは、トイレットペーパー がビューンと飛び出してしまいそうです。ペーパーの抑えも兼ねた皮革のカバーを作ることにしました。やはり派手好きで放蕩の限りを尽くしたエドワード7世なら赤のクロコダイルなんてのが気分なんですが、見つけたのですがワシントン条約で輸入ができません。

Dsc06392

イーベイでとても面白い革を見つけました。牛革にヒナギクの模様をプレスした物です。いかにもエドワーディアンでオシャレな革です。この渋さがたまりません。

Dsc06416

抑えのウェイトにジョージ6世のラペルピンを嵌めてみました。エドワード7世でないのが残念ですが。

 

Dsc06435

自分で言うのもナニですが、とてもハイセンスな工作になりました。

上手く写真がとれませんが、トイレに入ると、ドキッとします。

明日は、またトンデモナイ物をお見せします。

ちなみに、赤いトイレットペーパーは、内緒ですが、ワンロールが高級なトイレットペーパーの一ダース分くらいです。 

|

« エドワーディアンなトイレの改装計画。 | トップページ | 大きな象のアンティークドアフックをトイレに付ける。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/64406910

この記事へのトラックバック一覧です: エドワーディアンなトイレットペーパーホルダーを自作する。:

« エドワーディアンなトイレの改装計画。 | トップページ | 大きな象のアンティークドアフックをトイレに付ける。 »