« バブル。 | トップページ | がんばれ卓ちゃん。 »

2016年10月24日 (月)

花。

Dsc06141

このところ、公園でチャッチャと撮ったイージーな写真ばかりで恐縮だけれど、実は心ここに在らずで、老人はポンドの暴落を受けて、人生最後の闘いに挑んで勝利したのだ。とても小さな勝利だけれど、それは公園の雑草のような老人にとって、一年に二度花が咲いたようなものなのだ。

ポンドが暴落したといってイギリスの普通に暮らしている老人が取り敢えず何か大損をこいたわけでもなく、普通に暮らしている日本の老人に大金が転がり込んだということでもないが、三千円のアンティークが二千円で買えるという程度のケチで小さな話だ。

しかし、だからと言って売り手が何か損をしたかというと売り手は何も損はしていない、いつもの値段で売っただけだから。ただ大きく考えるとイギリスの富は三千円だったものが二千円でしかなくなっているのだ。

去年の暮れ180円台だったポンドは、今120円台半ばで、去年180万円したイギリスの物が、今126万円で買えるということだ。たとえば去年1,800億円したものが1,260億円で買えるといったらその凄さが分かるだろうか。

こうしてお金持ちはマスマスお金持ちになっていき、お金持ちで無い人は、何事もなく暮らしていて普通に幸せなんだ。しかし、ザックリと言うと去年、灯油一缶を1.260円で買ったイギリスの人たちは、この冬は一缶1,800円で買うことになるのだ、あくまでザックリとした話だが。

そしてオイラはコレクションがマスマス増えてシアワセで、しかしお金は確実に減っていくのだ。

 

|

« バブル。 | トップページ | がんばれ卓ちゃん。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/64389306

この記事へのトラックバック一覧です: 花。:

« バブル。 | トップページ | がんばれ卓ちゃん。 »