« エドワード八世の小さな缶バッジ。 | トップページ | ペヤング。 »

2016年6月 5日 (日)

タイルに付いたコンクリートのエフロを取る。

Dsc02373

男が家にいるというのは、家内には迷惑かもしれないが、老人は王様でもあるが、有能な執事でもあり、インテリアコーディネイタであり、キュレータであり、庭師でもあり、大工でもあり、ペンキ屋でもあり、土方でもあり、もちろん掃除夫でもあるわけで、本当に毎日、それなりに仕事があって、ホームセンターは私のアカデミーだ。

先週も、劣化が激しかったコンクリートのプランターやコラムの塗装をし、四種類のペンキを塗っては拭き取り塗っては拭き取る、手のかかったアンティーク仕上げをし、梅雨に向けてベランダの漏水のチェックをしていたらコーキングがされていない手抜き工事を発見、早速コーキングを施し、ついでに我が家のジョンが、コンクリートパネルを齧ったりコーキングを剥がしたりとやり放題になっていた裏口も直したわけで、誰も礼は言ってくれないけれど、ほんとうにマメなヤツだと思う。

さて、そんなホームセンター通いで、先週、コンクリートのエフロ除去剤なるものを見つけた。あのカビ取りみたいなスプレーで少し大きめだけれど1,500円もした。このところ毎日、ホームセンターに二千円くらい、払っているわけで、その日もすでに二千円近く買い物をしていたから、買わずに帰った。年金暮らしだもの。

Dsc02369わが家は、コンクリートの部分とタイルの部分を貼り分けていて、塗装したコンクリートの部分から、ごらんのような白い物が垂れていて、なんとも私の悩みの種で、塗装の劣化だから、なんとか塗装をやり直したいが、結構な費用がかかるわけで、ただ一人 、悩んでいたワケ。

わが家のこの白い物は、塗装の劣化だが、たぶんエフロでもあるかもしれないと、早速ネットで検索してみたら、、エフロというこの白い物はコンクリートから溶け出したカルシゥムでありアルカリ塩だから「酸」で中和してやれば消える。ついては、高い除去剤は使わなくとも、トイレ掃除のサンポールやクエン酸を塗ればイイとのこと。トイレを探してみたけれど、オシャレな名前の洗剤はあるけれど、サンポールはない。クエン酸は年末の大掃除の残りが少しだけあった。クエン酸は食用もできるものだったから危険もないだろうと半信半疑でペットボトルでクエン酸を溶かしてタイルに掛けてみた。静かな夜中だったから、ジュワーっと反応している音がする。200ミリリットルに小さじ一杯だから、あまり濃くないのに反応している。少し時間をおいてみたら確かにエフロが少し消えているではないか。

さっそく翌朝、クエン酸の液をスプレーしてみた。二巡やってクエン酸がなくなったからホースで水洗いをした。いままで何度も洗剤で洗ったりブラシをかけたけれど、ビクともしなかった汚れが、だいぶとれた。

Dsc02378

まだ少しあるが、今度はサンポールでやってみようと思う。

 

|

« エドワード八世の小さな缶バッジ。 | トップページ | ペヤング。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/63728790

この記事へのトラックバック一覧です: タイルに付いたコンクリートのエフロを取る。:

« エドワード八世の小さな缶バッジ。 | トップページ | ペヤング。 »