« イギリスの国民投票。 | トップページ | 昨日は。 »

2016年6月29日 (水)

ヴィクトリアンのイーストレイクスタイルのブラケットで部屋を飾る。

Dsc03018

さて、アメリカンアールデコのコレクターでもある老人が、これってアメリカンアールデコの代表的なスタイルじゃんsign01って飛びついたワケで、こんな物を我がアンティークコレクションルームに迎え入れることが出来たら最高だな、まあエドワーディアンな改装計画としては少し外れるけれど、このブラケットを、棚受けでは貧乏臭いけれど、二つを向かい合わせで垂れ飾りみたいに使ったら、オシャレじゃんって。

Dsc02977

なにせ我が家のエントランスには、退職記念に取り付けたオーダーのアルミ鋳物のアールデコの垂れ飾りがアイコンとしてあるわけで、その連続性は、きっと王国にダブルでアールデコ的効果を表すに違いないと、飛びついてしまったワケだが、今日も、ほとんどのリーダーの皆さまの興味とは関係ない話題で恐縮。

Dsc02548

 
 
オークションの出品者は、アールヌーボーでアールデコでヴィクトリアンなどとテンコ盛りのタイトルを付けていて、おいおい、アールヌーボーとアールデコでは、全然違うじゃん、ましてヴィクトリアンなんて支離滅裂で、年代は1890年ときて、しかし、その証拠を1890年のモントゴメリーワードというアメリカの通販のカタログに同類の物が出ているとしている。

1890montgomery

そうなるともう、老人としては調べることだらけで、美のシャーロッキアンと化してグーグル検索と翻訳ボタンを頼りに世界中を訊いて回ったワケだ。
 
今も、この手の物をリプロダクションしているメーカーなんかもあってウットリ
する写真に出会って、しばし生活のことなんか忘れて、没入の至福。
まさにギルテッドエイジつまり、金ピカ時代のアメリカなんだ。成金時代とも言うがね。

616

さてさて、そんなこんなの検索のなかで頻繁に出てくるのがEASTLAKE STYLE という言葉。まだ日本語の検索ではあまりヒットしないが、さすが東京のパンカーダさんのブログにはあった。

 

ヴィクトリアンのイーストレイクスタイル。

617

ロンドンナショナルギャラリーの館長で、家具デザイナー・建築家・画家でもあったチャールズ・ロック・イーストレイク卿(1799-1865)の、1868年に出版された「家具室内装飾、ディテールのヒント」に影響を受けたEastlake Movementといわれる装飾スタイル。

 

6172_3

1870年代から1890年代に流行したクイーンアンスタイルの建築と相まってアメリカの住宅様式に画期的な一時代を作った。

18801_3

アーツ&クラフトの流れをくむフォルム、幾何学模様のカーヴィングが特徴。

Dsc02989

現代の眼からみると装飾過剰ではあるが、ヴィクトリアンの過剰な装飾から見ればシンプルで、歯車のモチーフなど今風に言えばスチームパンク。薄い彫りで大量生産的ではあるがブルジョアジーの産業革命の機械化への歓喜が読み取れる。ヨーロッパの混乱をよそに、ひとり繁栄を謳歌するアメリカ。

Dsc02992

ということで、早速クリーニングとペイント 。

このブラケット、まさにヴィクトリア時代のアメリカのイーストレイクスタイルのブラケットなんだ。

Dsc03006

様式としては、ヴィクトリア期の、フランスのアールヌーボーの洗練とは一線を画したイギリス的なもの。アーツアンドクラフト運動を世に出したイーストレイク卿のイーストレイクスタイルで、やがてくるアメリカンアールデコのはしりであり、アメリカンスタイルの萌芽期の民衆的スタイルと言えるのではないだろうか。

 

Onj_003_2

このあたり、アメリカへ輸出されたオールドノリタケのメープルリーフ期 の磁器とも時代が重なるわけで、一緒に見てみると、メープルリーフ期のオールドノリタケの過剰装飾の背景が読めてとても面白い。アンティークって、横に繋げてみるとマスマス面白くなる。

L1005595

ということで、時代としても、我がエドワーディアンな改装計画とは外れてはいないワケで、先日の、毎日が夏休みの老人の夏の工作、エドワーディアンな壁掛けミラーと合わせて、コレクションルームの一角を演出することとなった。

Dsc03037

貧乏くさい棚受けが、お洒落な垂れ飾りに変わったではないか。

Dsc03051

 

今日も我が王国は、国民の歓喜の声がやまない。

Ed77

美の女神は王と共に居ます。ナンチャッテ。

 

 

|

« イギリスの国民投票。 | トップページ | 昨日は。 »

アンティーク」カテゴリの記事

オールドノリタケコレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/63788497

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアンのイーストレイクスタイルのブラケットで部屋を飾る。:

« イギリスの国民投票。 | トップページ | 昨日は。 »