« ジョージ五世の小さな缶バッジ。 | トップページ | エドワード八世の小さな缶バッジ。 »

2016年6月 3日 (金)

緑陰。

Dsc01803

こうしたいとか、こうあるべきだとかと思っても、なかなかその通りにはいかないけれど、こうありたいと思ったことを、コツコツとやってくると、それなりになんとかなるもので、計画なんてつくっても、うまくいったためしがないから、計画なんて作らないという人もいるけれど、そういう人は、計画が過大だったり、自分の評価を間違えていたりするから、いつも計画通りにいかないワケで、ボタンの掛け違いが初めからあるわけで、自分に対する評価を厳しくした方がいい。

といって、老人が総て上手くいったかというと、人生は、ほとんど上手くいかなかったけれど、そんなことは当たり前で、それは大きな夢だった、いや大きすぎた夢だったからだ。

大きな夢を持っていたのは恥ずべきことではない、少なくとも若いうちは。いや、若いうちだけは。

他人との関係ですることは、自分の力だけでは、なんともならない事もあるけれど、自分でなんとかなる部分は、それなりになんとかした。

この、「した」という部分が大事で、意志や計画をもって準備して働いて到達したワケで、こんなに大きな木にはなれなかったけれど、この大きな木の下で、いまそれらをつなぎ合わせて、その程度の自分で楽しんでいる。

若いころから、コツコツと集めた、その程度の骨董も、いまとなっては自分史でもあり、私の森の木になっている。

いま、私は、私の森の木のしたで、小さな王様でいる。 ナンチャッテ。

Dsc01782

|

« ジョージ五世の小さな缶バッジ。 | トップページ | エドワード八世の小さな缶バッジ。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/63716655

この記事へのトラックバック一覧です: 緑陰。:

« ジョージ五世の小さな缶バッジ。 | トップページ | エドワード八世の小さな缶バッジ。 »