« ペヤング。 | トップページ | この世から舛添の二文字が消えますように。 »

2016年6月 7日 (火)

夜の庭で構想する最終章。

Dsc02333_2

ドアノッカーを集めたのは、老人的にはアンティークの蒐集というよりインテリア趣味で、今年に入って考え続けてきた、もう少しインテリアにエドワーディアンな味付けができないかというコトだったのだが、玄関ホールの収納のノブを、アンティークな感じの陶器のものにしたら、たかだか300円そこそこの今出来の物なのに、とてもイイ雰囲気が出たり、本物だけれど競争相手がいなかったから460円で、アメリカのオークションで手に入れたアールデコのドアノッカーがとても重厚で豪華だったりということで、またまた蒐集癖に火がついてしまって、ことしも郡上踊りは相変わらずの浴衣で行くことになったが、家の中が博物館みたいでシアワセだ。

これって、「お金」じゃないんだ、知識を具現化する行動力と構想力なんだぜーっ!と。   またまた敵を増やしたかな。な~んちゃって。

今は、頭の中で、我が家のエドワーディアンな改装計画の最終章がホボ煮詰まってきたが、今回は、年金暮らしでアンティークが買えなければ、“つくればいいじゃない!”と、徹底的なエイジング加工によるエドワーディアンな大型のウォールミラー作りを、少し早いが、毎日が夏休みの、夏の工作にしようと、老人は、すっかり“スチームパンク”で、蒸気夫人状態なんだ。

 

 

|

« ペヤング。 | トップページ | この世から舛添の二文字が消えますように。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/63707293

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の庭で構想する最終章。:

« ペヤング。 | トップページ | この世から舛添の二文字が消えますように。 »