« アンティーク ドアノッカー コレクション。 | トップページ | 神様がいたらごめんなさい。無神論の弐。 »

2016年5月31日 (火)

サトイモの葉の水玉。

Dsc02283

ゲンちゃんは、会うたびに、オイラのカメラのことを攻撃してくるけれど、正直言ってたいしたカメラを持っているわけではなく。カメラや写真を趣味にしている人からみると、ナーンダヨって言われれる程度のカメラなんだぜ。少しウザイぞ。

人生いろいろあって、性格がねじれてしまった某君は、前のカメラを買うときに、彼もカメラを欲しがっていて、おいらがライカを買うといったら、狂ったように攻撃をはじめて、数日後わざわざ電話をしてきて、「オレの友達にライカなんて持ってるヤツなんていない」、というから、君の友達とオレとどういう関係があるの? と、忙しいから電話を切った。ビックリした、いい歳こいて小学生かよ。

家内に話したら、「わかりやすい人だね。」と大笑い。「そういう人とは、アンタ、付き合っちゃダメだわ。」女は冷静だ。

ちよっと工面すればナントカなる程度のコトじゃないか。そういう人生だったんだろうなと思うと悲しくなった。もう高齢者なんだから、ひがまないで、小さく静かに生きろよ。

といいつつ、I君みたいにフルサイズのデジカメが欲しくないワケでもないが、もういいんだ、キュウリの先っちょに残った花ガラみたいな人生だもの、ヒガマナイ、ネタマナイデ、静かに、サトイモの葉の水玉でも撮っているさ。

老人って嫌だね。

そっと、「神の眼」のリングを擦った。

|

« アンティーク ドアノッカー コレクション。 | トップページ | 神様がいたらごめんなさい。無神論の弐。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/63705205

この記事へのトラックバック一覧です: サトイモの葉の水玉。:

« アンティーク ドアノッカー コレクション。 | トップページ | 神様がいたらごめんなさい。無神論の弐。 »