« ブローチの季節。 | トップページ | 神様になっていた神様の様なタクちゃん。 »

2016年5月18日 (水)

進行ガンを抱えて 寺松隆著

Dsc01810

ネットで昔の友人の名前を検索していたら、こんな本を見つけた。

さっそく、アマゾンで取り寄せた。

寺松隆 進行ガンを抱えて 緑陰からの伝言

昨夜、一気に読み終えた。

素晴らしい著書だ。素晴らしい思索だ。

等身大のガン闘病記とあるが、まさに、うそもハッタリもない、等身大の彼の知性に触れた思いだ。

2003年の発行だ。彼が亡くなったとは書かれていないが、

久しぶりの彼との再会が、こんな一方通行になろうとは。

さっそくアマゾンにもう一冊注文した。あした会う東京の堀君にも読んでもらうつもりだ。

弔いとして、この本を同級生のみんなに廻すつもりだ。

君の命と引き換えた、君の思索の日々を、当分なぞってみる。

Dsc01756

|

« ブローチの季節。 | トップページ | 神様になっていた神様の様なタクちゃん。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/63644688

この記事へのトラックバック一覧です: 進行ガンを抱えて 寺松隆著:

« ブローチの季節。 | トップページ | 神様になっていた神様の様なタクちゃん。 »