« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

ウラシマ草の葉が展開しました。

Dsc00975

わが家の日陰の中庭の、さらに一番日陰の場所に育つウラシマ草の葉が開いた。

もっとも条件が悪いと思われる場所なのだが、それがウラシマ草にとって一番良いというのだから、ウラシマ草は人間として立派だ??

一番悪い場所に咲くものが、我が家の庭で一番早く春を告げるあたり、アタシの人生のようでもあり感慨無量だ。

うらしま草というと、道楽者のご隠居が、日陰の離れの軒先の鉢で育てるもののようだが、こうして廃墟趣味のイングリッシュガーデンで役を取ることもできるというコトがわかるオイラは、洋の東西の裏表、酸いも甘いも知り抜いた知恵の庭師というべきで、偉いと思う。 ナンチャッテ

Dsc00978

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

ビオトープにメダカを入れる。

Dsc00972

先日入れたビオトープのスイレンも、マダ、葉を出してはいないけれど、ようやく春らしくなって、もう水温も五度以下に下がることもないだろうから、メダカを入れてみた。

まだボウフラが湧く季節でもないから、もう少し待ってもよかったのだが、移植した水生植物の土から、なにか怪しげな小さな生き物が発生しているようで、できればメダカさんに食べて欲しいということだ。

はやく睡蓮の葉が展開しないかな。

コンプリートシェードガーデンですから、花は期待してませんが、涼しげな葉だけでも見せて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

春本番。

Dsc00964

もう、これで大丈夫だなと思える春になったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

玄関ドアにアンティークなドアノッカーを付ける。

Dsc00961

さて、先日来、我が家のエドワーディアンな改装をコツコツと進めているワケだが、昨日はその一つの山場である、エドワード期のアンティークな真鍮(しんちゅう)のドアノッカーを玄関ドアに取り付けてみた。

インターフォンの登場でドアノッカーもベルもその役目を終えて久しいが、やはりドアにはドアの様式美があって、玄関あたりのドアには、ノッカーがないと、床の間に軸の掛かっていない座敷のようで、なさけない。だから一か月ほどかけてイーベイでわが家にあうドアノッカーを探した。

20世紀初め、つまりエドワード期の、ライオンのドアノッカーだ。テーマは色々な物があるが、玄関だからオーソドックスにライオンヘッドにした。ありきたりのテーマだが、ひと口にライオンといっても、とぼけた物やら激しく威嚇するような物と色々あってテイストの合ったものを見つけるのは時間がかかる。

取り付けるドアの材質や形状・サイズと色々な制約をクリアーして、さらにデザインの良いもの、なによりアンティークな物をということで選んだが、上出来だった。

Dsc00956

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

桜の下で戦争。

Dsc00952_2

不謹慎を承知で言うと、あの辺りは、馬鹿でかいEU本部(Le Berlaymont)の建物のほかにもいろんなヨーロッパ等の国際機関が点在し、基本フランス語なのに英語やドイツ語が飛び交っており、気持ちの良い公園も近くにあり、都心部にもかかわらず個人的には割と好きな場所であった。(パクリ)  なんてことを、言ってみたい今日この頃、もう戦争は始まってしまっているのに皆さまいかがお過ごしですか。

Dsc00948

若い人の中には、私は桜は撮りません。なんてコトを言う人がいて、かわいいガキだな、そういうのを「カメラマン小児病」って謂うんだぜ、って決して言葉に出しては言わないけれど、それじゃー何かい、世の中の悪のハラワタをエグルような鋭い写真でも撮ってお見えなのかと訊いたりしたら、また敵を一人増やすことになる。

Dsc00934

まあ、たしかに暇を持て余した老人が退職金で買ったような立派なカメラを提げて大砲みたいなレンズを誇らしげに花を撮っていたりすると、オイオイ爺さん、たかだか花じゃないかとお声を掛けたくなるが、ヒガミ・そねみ・やっかみはイケナイナ。

Dsc00941

ブラッセルを見ろよ、ヨーロッパはすでに戦争なんだぜ、といいながら、トランプなんてトンデモ野郎が出てくるアメリカに困惑するが、アベやアホウが政治のトップにいるなんて、トランプ支持の少し足りないアメリカ人と同じ美しい国・日本だな。

Dsc00942

しかしまあ、世界の労働者の敵・傲慢な共産党独裁国家・中国や、東アジアのゴタゴタ屋・狂気の告げ口女パククネの韓国には、ガツーンと肘鉄食わせるのもアリだな。アベではモノ足りないな、と、左翼のオレさえ思う今日この頃だから、キンペイやらクネのお陰でアベ政権は絶対的安定だな。
といいつつ、キレイごとを言ってたら戦場のヨーロッパになってしまうぞ!と、だんだんと在特会化するオイラ。

気が付いたら、あの桜の頃に戦争は始まっていたのだな、なんてコトにならないで欲しい。

Dsc00955

岐阜 清水川公園の桜は、咲いているのは、マダほんの一部です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月26日 (土)

働くというコト。

Dsc00930

もう、昔のことをあまり思わなくなったけれど、それでも時々、いやーなコトが蘇ることがある。

最近、ある人のブログを読んでいて、生きるってつくづく大変だなと思った。

俺たちは奴隷というワケでもないから、場所やら、チャンネルを変えることで、なんとか、しのいだり、すり抜けたりしてきたのだが。

まあ、今、老人が思うことは、一生懸命生きていけば、そういうコトは、時間が忘れさせてくれるってことだ。

他の人の何倍かそんな崖っぷちを経験してきたオレが思うのは、一生懸命やっていれば、そんなヤツラのことを笑える日が、きっと来るってコトだ。

負けないで闘えよ、自分のために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

どうせ暇だから。

Dsc00921

少し働き過ぎた日のあくる日は、本でも読んで過ごす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

エドワーディアンな改装計画。

Dsc00901

シンプルモダンというと、なんだかオシャレだけれど退屈でノンポリなデザインで、我が家もハウスメーカー系の家だから、デザインは自分でかなりやったけれど、金具類までは予算もあって考えが及ばず建設会社まかせだったから、我が家の金物は、いわゆるシンプルモダンな物で、平均的で面白くはないから飽きてくるワケで、退屈しのぎに、ここらで少し手直しをしてみようと思った。下の写真の右側が、今までのクローゼットや下駄箱のツマミ。

Dsc00903

テイストは、ここのところ、ヴィクトリアンなアンティークにかなり染まっていたから、ヴィクトリアンか、スチームパンクあたりまで一気呵成に突っ込むってのもアリだけれど、ワタクシもそんなに若くもないわけで、少し抑えて、せめてエドワーディアンな雰囲気を少しだけ取り入れてみようと動いてみた。

Dsc00906

計画は三次計画まであるが、今日は、まず玄関の納戸や下駄箱の取っ手をアンティークな物に変え、ドアの一つにアイアンのウオールデコを付けてみた。

Dsc00910

全部で10個ある取っ手を全て陶器の物に換えてみた。なかなかオシャレになった。

Dsc00911_2

Dsc00914_2

 

 

 

 

 

イーベイにも、日本の通販のサイトにも出ていたから、てっきり今物だと思ったが、金具も古く、アンティークだった。

極めて、小手先の手直しだが、コストパフォーマンスの良い改装だった。Dsc00919

なにせ、全部で樋口一葉 一葉で済んだ。

Dsc00916

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

岐阜 清水川の桜咲く?

Dsc00875

さて、先日は、桜は未だツボミですよとご報告したら、翌日岐阜地方気象台は、桜が咲いたと開花宣言。

オイオイ、それじゃあオイラの立場がナイじゃないか、しかも観測木は、オイラがしつこくご報告申し上げている清水川の桜。というコトで、昨日は、カメラを提げて検証に出かけたのであります。

開花宣言の観測木は、幹から直接出ている芽が膨らみ咲いてはいます。

Dsc00881

しかし、咲いているのは、きわめて少数。公園全体としては、まだ蕾みのまま。

Dsc00888

でも、なんとなく景色がピンクになって、週末には楽しめそうです。

先日膨らんだツボミの写真をアップした、加納天満宮の薄墨桜は早咲きなので見ごろを迎えています。 (冒頭の写真も、薄墨桜)

Dsc00871

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

観葉植物として里芋を植える。

Dsc00863

田舎の畑を見るたび、なんだか絵本で見るような里芋の葉っぱが面白いと思っていて、あれをガーデニングに取り入れようと思った。陽の当たらないシェードガーデンだから、芋の栽培なんぞは期待できないが、観葉植物として植えてみた。

Dsc00861

先日ホームセンターに種芋が一袋500円くらいで出ていたけれど芋は一個でいいわけで、まあ、冗談みたいなことだからスーパーで食用で売っていた一袋160円の里芋にした。もちろん残りは、夕飯のオカズになったワケだが、楽しみだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

白鷺。

Dsc00636

街のど真ん中の川に自然を取り戻したら、魚が帰ってきたけれど、シラサギも棲みついてしまって、魚を食べてしまう。

魚を放流するが、シラサギや鵜に食べられないように、川にネットを張ったりテグスを張ったりしたけれど、なんとなく無粋で、自然といえば、シラサギや鵜こそネイティブなわけで、魚を食べられてしまっても、シラサギが居るということのほうが自然なわけで、魚を放流してまで、魚が居るというコトを演出する方が自然ではないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

水仙。

Dsc00628

Dsc00856

岐阜市 清水川公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

桜開花予想・薄墨桜はまだ蕾みです。

Dsc00844

テレビでは、この三連休には桜の開花が見られそうと言ってるけれど、岐阜市加納の天満宮に移植された根尾の薄墨桜は、だいぶ膨らんではいるけれど、まだ蕾み。山の中の根尾ではまだ膨らんでもいないのでは。

薄墨桜は早咲きの品種で、普通の桜より一週間から十日くらい早く咲く。

当地では、日曜日当たりから花冷えとの予想で、春は足踏み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

図書館。

Img_1180_1

図書館は天国だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

卒業演奏会。

Dsc00830_2

昨日は、姉の孫の、音楽大学の卒業演奏会があったから出かけた。

卒業生が皆出られるということではないようで、しかしその中で、ピアノでも、声楽でも選ばれたということで、伴奏も含めれば19の演目のうち三つに出演という快挙。

普通のひとにとって音楽は趣味だったり遊びだったりするワケだけれど、これを勉強として四年間を過ごすって凄いことだよね。それはそれで大変なんだろうけれど、物凄くウラヤマシイことだよね。この年代での四年間って、うまく使えば凄いことになる時期だから。

音楽ってイイよね、自己完結的だから。演劇って駄目だよね集団だから。

我が一族から、オペラを原語で歌って他人を感動させることが出来る音楽家が生まれたコトを仏壇に報告しなきゃな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

ホームセンター通い。

Img_1179_2

王国の様々な問題を解決すべく、昨日もホームセンターへ。

まだ届いてはいないが、オークションで落とした古いドアノッカーの取り付け方法について、一晩考えて、さっそくホームセンターで材料を確かめてきた。うまくいきそうだ。

里芋の種芋が出ていた。庭に取り込んだら面白いと思うが、一個でいいから、スパーの里芋にしようと思う。

ビオトープのメダカは、まだ寒いから、もう少し待とうと思う。

Img_1175_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

春の小川。

Dsc00645

昨日は、けっこう寒かったけれど、今日がまんすれば、これで暖かくなるのかな。

コンクリートの護岸を壊してビオトープと化した公園。 岐阜 清水川緑地  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

ウラシマ草の芽が出た。

Dsc00657

我が王国の、ジュラシックガーデンの、シダの森の奥で、ウラシマ草が芽を出していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

たんぽぽ。

Dsc00611

タンポポの季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

さよなら原発・ぎふ 脱原発キャンドルパレードに参加してきた。

Dsc00764

昨日は、東日本大震災から五年。そしてメルトダウンという原発事故の最終章までに至った東京電力福島第一原発事故からも五年。

Dsc00674

福島原発事故は、五年たっても解決はなく、時を重ねて、明らかになるのは、電力会社のの傲慢、マダラメを始めとする原子力学者のデタラメと無責任、いや犯罪的ですらある御用学者の亡国の処世。

Dsc00676

そして除染のはしからつもり続ける放射能。

にもかかわらず、首相みずから放射能のセールスマンと化して世界に原発のセールスに廻るノーテンキぶり。パリの街角には、こんなポスターが貼られていたという。まさに安倍のアタマは壊れた原子炉そのもの。

Paris

昔、反省する猿のコマーシャルがあったが、安倍猿は、学ばないし、反省もしない。

われわれは、事故を起こした新幹線を穴を掘ってうめた中国を笑ったが、とても中国を笑えない美しい国・日本で、安倍猿は、猿の様に反省の芸だけして、さっさと原発再稼動を始めた。パリの街角のポスターは、中国と同じ未開で野蛮な安倍の国を笑って・・・、いや笑っていられるコトではないワケで、学ばない安倍への抗議ではないか。

31178_2
さて、五年の月日を経て、あいかわらず国民の大半は、原発を認めないというのだが、混乱で返り咲いた安倍自民党政権は、カエルの面にションベンで、原発の再稼動をすすめ、以前より高い新規制基準で審査して再稼動したから大丈夫とホザイタが、所詮マダラメみたいにデタラメで、高浜原発三号機は1月29日に再稼動し2月26日には営業運転を始めたが、その3日後に発電・送電作業中のトラブルで緊急停止。

Dsc00702

電力会社が如何にデタラメで、規制委員会が如何にいい加減かは、次々と起こる事故が証明している。

Dsc00703

さて、そんななかで、昨年の福井地裁に続き、滋賀県の大津地裁が、津波対策や避難計画に疑問が残り安全性の説明が不充分と関西電力高浜原発3・4号機の運転差し止めの仮処分決定を出した。当然といえば当然だが、いまや頼りになるのは、権力に犯されていない地裁のみか。

9368

原発直下ともいえる琵琶湖は関西の水瓶であり、岐阜・名古屋は福井の原発銀座の風下だ。

Dsc00704

さて、フクシマ3.11から5年 原発なしで暮らしたい。ということで、さよなら原発・ぎふ 20回目のパレードが昨夜岐阜市で行われたから、老人も行って来た。

Dsc00685

北風がとても寒い夜だったが、この北風こそ、日本海から福井の原発を通り琵琶湖を経由し、伊吹山をすり抜けて、伊吹おろしとなって、岐阜や名古屋に放射能を運ぶ風なんだ。

Dsc00714

Dsc00731

Dsc00741

Dsc00742

キャンドルがなんとなくホッカイロ代わりのようでもあったけれど、津波の被災者の皆さんの慰霊と鎮魂こそ、今夜のテーマなんだ。

Dsc00750

東日本大震災による死者は、1万六千人、行方不明者、震災関連死を含めれば二万人を越す。

Dsc00753

5年を経て避難生活を送る人は、なお17万人以上に上る。

Dsc00756

パレード終了後は、キャンドルで、3.11 フクシマと書き、黙祷を捧げた。

Dsc00767

岐阜へ避難されている方のメッセージなどが読み上げられ、福島を始め東北の被災者の皆さんとの連帯を誓いあった。

Dsc00770

Dsc00812

岐阜市で続いている「さよなら原発・ぎふ」のパレードは今回で20回目になるそうだ。

Dsc00818

もちろん、パレートだけでは、原発は止まらない。

安倍にトドメを、原発にトドメをというためには、選挙に行かなければ。

原発を参院選の争点に!

Dsc00809

東北とフクシマを忘れない。

Dsc00825

だから! アベ政治を許さない。

71813/11(金)18:30~【岐阜】さよなら原発・ぎふ 20回目のパレード/岐阜市金公園/18:30キャンドルパレード、19:30キャンドルナイト/主催:さよなら原発・ぎふ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

ヘレンド。

Dsc00524

ひさしぶりに、ヘレンドのカップを撮ってみた。

ヘレンドのロスチャイルドバード ヴィクトリアンネックレス。

そろそろ、こんな季節かな。

Dsc00525

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

雨の日は。

Dsc00597

昨日は、すこし寒かったし雨も降っていたから、一日読書して過ごした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

日陰の庭にビオトープ。

Dsc00596

去年は、なにを間違えたのか、石臼をキレイに洗ってメダカを飼うなんてバカなことをして、可哀そうに死なせてしまった。この石臼で生まれて五年以上生きた金魚だっているわけで、水はかなり汚れていてもいいわけで、新鮮な水道水なんてものは毒のようなもので、バクテリアが沢山泳いでいる汚れたような水のほうが魚にとっては快適な環境なんだということにアラタメテ気がついたワケだが、金魚も少しあきたから、ことしは睡蓮やら、水辺の植物を楽しみながらメダカを飼ってみようということで、さっそくアマゾンで水生植物を取り寄せてみた。

主役は姫睡蓮のスノープリンセス、脇は姫トクサと姫オモダカ、それにマツモを泳がせてみた。今回は、水道水のカルキ抜きもしてバクテリアも入れた。急に暖かくなったとはいえ、まだ夜は寒いから、このまま水が落ち着くのを見て。暖かさが本物になったらボウフラ対策のメダカを迎えようと思う。

睡蓮とメダカか! これで手乗り文鳥でも飼ったら完全にオジイサンだな。W

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

円空大賞展。

Img_1165

円空賞 大巻伸嗣氏       岐阜県美術館。 iフォン画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

1910年 ロンドンで開かれた日英博覧会の絵葉書。

Dsc00456

G.B. 1910 Japan-British Exhibition cancel on postcard

Congress Hall by Night

さて、1910年(明治43年)エドワード7世の治世の最晩年にロンドンで行われた日英博覧会の絵葉書。

日本とイギリスが手を結び、アジアにおける植民地支配の線引き、つまり日英共同の敵であったロシアの南下政策を拒むため、日本による朝鮮半島の植民地化をイギリスが認め、イギリスはアジアにおける植民地経営に日本の軍事力の協力をもとめるという、日英同盟が結ばれたのは1902年、その後、第二次日英同盟、第三次日英同盟と10年にわたって日英の同盟関係は続いた。

Dsc00461

満州を押さえ朝鮮半島から日本の植民地化を覗う大国ロシアに対抗するため、防波堤としての朝鮮半島の植民地化と満州の支配を狙う日本。

ヴィクトリア期に世界の四分の一を領土としたけれど、広がりすぎた戦線に軍事力の不足を感じるイギリスは、ややこしい民族で資源もなくインフラの脆弱な朝鮮なんぞは日本にくれてやり、中国アジアで不足気味のイギリスの軍事力を日本に補完させる軍事同盟は価値のあるものだった。

Dsc00459

日露戦争(1904-05)に於けるイギリスのバックアップ、とりわけ、エドワード7世の日本の軍艦の調達への支援、ロシアバルチック艦隊のスエズ運河通過の拒否、南ア・インドなどイギリスの植民地でのロシア艦隊の補給支援の拒否は、大きな力になった。

なにより東洋の小国と思われた日本が超大国ロシアを打ち負かした日露戦争は、イギリスにとっても驚きでもあり、ロシアの南下に悩むトルコやインドには快挙とされた。それゆえに日本はやがて列強から警戒され敵視されることになるのだが。

さて、そんなこんなの盛り上がりのロンドンで開かれた日英博覧会(1910年5月14日-10月29日)は、延べ835万人を動員して大盛況となるのだが、エドワード7世は1910年5月6日博覧会の開幕を前に崩御。博覧会の開催もあやぶまれたがなんとか開催された。

その、ロンドンで発行された公式絵葉書で、消印はエキシビジョンの会場となっている。切手は勿論エドワード7世。

日英博覧会の日本側で発行された絵葉書はこれ。

1909_2

絵葉書は女性にはヴィクトリア期のものが人気があるが、わたしには、エドワード期の物の方が面白い。エドワード7世の絵葉書を並べてみた。

Dsc00472

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

庭三昧。

Dsc00583

中庭で埋もれてしまっていた植物を裏庭に移してやったらとても生き生きとしてきた。もっと鬱蒼とした庭にしてやろうと、孔雀シダとフウチソウとヒトツバを入れたが未だ地上に現れていないからなんとも言えない。

中庭はシダの配置をかえたり間引いたりかなり整理したが、ことしは中空で芸をするものということで孔雀シダを鉢植えで用意して様子をみてみる。壁面には花物も含めてハンギングを追加することが課題だ。裏庭の石臼は、ことしはビオトープを造ってみようとおもう。完全日陰で開花は見込めないが睡蓮など入れてみよう。

庭づくりの仕込みのこの時期に、ずーっと家に居るなんてことは、人生初のことだ。今年は、しっかりと仕込んだから楽しみだ。

男が毎日、家に居て、庭の手入れも出来ていないようでは、人間失格だ。 なんちゃって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

スポードのイタリアン

Dsc00552

気取った器ではない、SpodeのITALIAN。

このブルーの転写がとても好きだ。

Dsc00566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

エドワード7世の切手。

Dsc00447

GB KEVII 1911 3D Purple Lemon SG277 P14 Used Spacefiller BB110

イギリスの郵便制度が始まったのは、ヴィクトリア女王の時代だが、イギリスの切手は国名の表示がない、それに代わるものとして国王の肖像を用いている。

切手には国名表示が決まりであるが、郵便制度はイギリスが発祥ということで、イギリスだけは、その例外とされている。郵便制度を真似した他国とは格が違うワケで、つまり郵便の世界では、イギリスは、オレ様なのであって、オレ様は名乗ったりしなくてもオレ様なワケだ。つまりわが国のやんごとなきあたりに名字が無いのと同じことだ?

エドワード7世の切手を手に入れて額にいれて飾ってみた。

3Dつまり3ペニーの通常切手。この時代の物はインクが悪く退色が激しいのだが良く色が残っている。パープルの印刷と、レモンの紙色のものは人気があるらしい。インクが悪いのは、堅牢な印刷だとスタンプを拭き取って使われるため、意図的に行われた。

Dsc00443

続きを読む "エドワード7世の切手。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

エドワード7世のアンティーク絵葉書。

Dsc00155

たかだか絵葉書なのに、百年もの間、誰かに所有され続けて、今こうして、イギリスとは、地球の反対側にある、東洋の島国の老人のもとにある。     不思議だ。

あるときは不幸によって売られ、幸福によって所有される。

また、あるときは幸運によって売られ、不幸によって所有されたかもしれない。

たとえば一人のコレクターの熱狂の持続が20年だとしたら、そんなことを五回も繰り返しているわけだ。一人のコレクターの酔狂の持続が10年だったとしたら、そんなことを十回も繰り返しているわけだ。

たかだか絵葉書だけれどワタシより偉いと思う。

Dsc00160

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

昨日も白山を探す。

Dsc00492

昨日は、雲が多くてあまりいい条件とは思えなかったが、意外とコンナ時は発見があるかもしれないと、いつもの岐阜駅前のタワー43に昇ってみた。やはり何時も見えている山よりいちだんと遠くの山がかすかに見える。

Dsc00496

でも、もう、なにがなんだか分からなくなった。

Dsc00507

写真の左手あたりが白山で、真ん中が大日で白い三角はダイナランドスキー場か。

Dsc00475

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

マグカップ。

Dsc00440

リタイアして家に居るようになると、コーヒーを飲むのには、マグカップがいちばんシックリくるワケで。

 

なかでも、マリタイムmaritimeという船員用の底が広い安定したカップのシェイプがオイラ的こだわりで、両端の物は、アンティークというより、ビンテージな今日物で、一番手前が1997年のイギリス王室のヨット、ブリタニア号の退役記念、一番奥はキャンシェイプだが1977年のエリザベス二世のシルバージュビリーの物で歴代イギリス首相のポートレートをあしらった物。真ん中はヴィクトリア女王のダイアモンドジュビリー(1897年)の物。

 

ヴィクトリア期の物など少しモッタイナイ気がするが使う為に買った物だ。

 

アンティークにどっぷりと浸りながら夢を見るためのオイラの儀式の為の什器なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »