« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

FRAGILE

Dsc00430

近ごろは、庭に植える苗までアマゾンで買ったりするのだけれど、昨日は、イーベイからもアマゾンからも荷物が届いて充実していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

つもるにつれて道を失う。

Dsc00402_2

欲深き人の心と ふる雪は つもるにつれて道を失う。 か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

読書。

Dsc00426

昨日は、寒かったので一日中読書して過ごした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

海難。

18901

1890

18903

昨日は、散歩の途中で「海難1890」を観て来た。

とてもいい映画だった。

この頃、なんだか学生時代に戻ったようで、映画ってイイと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

ガラス戸がレトロ。

Dsc00414

ガラス戸がレトロでとても良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

粋と意気は梅。

Dsc00312

艶麗は牡丹なり、優美は桜花なり、粋と意気は梅なり。

Dsc00330

江戸時代の百科事典「守貞漫稿」は、京阪の粋と江戸の意気の違いについてこう書いている。

Dsc00323

「京阪は男女とも艶麗優美を専らとし、かねて粋を欲す。

Dsc00317

江戸は意気を専らとして美を次として、風姿自ら異あり。

Dsc00327

これを花に比するに艶麗は牡丹なり。優美は桜花なり。粋と意気は梅なり。

Dsc00316

しかも京阪の粋は紅梅にして、江戸の意気は白梅に比して可ならん」と述べている。

Dsc00346

当地は、地理的にもその半ばにして、まことに半可通で、今日も、分かった様な分からない話で恐縮。

Dsc00383

岐阜 梅林公園の梅だよりでございます。

Dsc00336

見ごろを迎えています。

Dsc00340

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

書斎のアングラー。

Dsc00301

精神的には、ワタシはまだ、釣り人なのだが。

Dsc00299

ここ数年、まったく釣りには行っていない。

Dsc00300

もっぱら思い出のなかで釣りをしているだけだ。

Dsc00303

アームチェアー フィッシング。

Dsc00305

今年は、もう少し暖かくなったら・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

老人山を移す。

Dsc00298

毛沢東は、かって“愚公山を移す”にたとえて、遥かに力及ばすと思えた日本軍と国民党政府軍を共産党軍がゲリラ戦で倒す日がくることを訴えたが、まさか今日の、横暴な帝国主義と化した中国共産党の狂気を予想しただろうか。なんてコトを言ってみつつ、昨日も老人は、退屈しのぎに庭の小石をスベッタコロンダといって並べ替えて楽しんだ。

これって“山を動かす”ってことだよなって。小さな山でゴメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

オールドノリタケ ピエロのフィギュア。

Dsc00132
久しぶりに陶器を撮ってみた。

オールドノリタケ アールデコ ピエロのピンティッシュ。

オールドノリタケファンがデコレディと呼ぶフラッパー、アールデコ期のピエロのフィギュア。

この、孤独感がたまらない。

裏印 HAND PAINTED M-JAPAN アメリカ向け輸出品

        1918年大正7年以降 1931年昭和6年以前。

Dsc00062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

日陰の庭を、リ・コンストラクトする。

Dsc00263_2

先日来、暖かくなったら、庭を、ああしようこうしようなんて考えていたら、昨日はもう我慢できずに寒いのに早朝から庭弄りを始めてしまった。脚立をだして、蔦の残っていた上のほうの剪定をし、カクレミノを更に剪定し、今日の本題である、我が家の“コンプリート シェードガーデン”の裏庭を再構築してみた。シダを配置しなおし、石を組みなおし、春に新しい植物を迎えるスペースを確保した。

なんだか昨日も少し前向きに生きた気がした。  ごきげんよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

春の。

Img_1158

もう、春のことを色々と始めたいのだが、まだ寒いから見ているだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

昨日のお昼は味噌カツを食べた。

Img_1156

半月ほど前に、行列が出来ている、味噌カツ屋さんを見つけた。

以来、ずっと味噌カツが食べたいと思っていた。

年金も戴いたことだし、昨日のお昼、食べに行った。

値段の安さとヴォリュームに驚いた。味は普通だったが、油が悪いとみえて、夕飯の時まで、ムカムカしていた。

昔から悪い油に過敏ということがあるが、こんなことは久しぶりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

午前11時の喫茶店は。

Img_1154

午前11時の喫茶店は、さながらデイサービスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

洋ランの花が咲いています。

Dsc00234

寒さが苦手なはずの熱帯植物の西洋蘭が、一年で一番寒いこの時期が成長期で開花期というのは、不思議だ。

Dsc00249

ともあれ、庭が一年で一番寂しい時で、仏壇の花以外、花というものが家から消えるこの時期に咲いてくれる洋ランはイイ。

Dsc00246
人間だって、いちばん厳しい時期こそ、実は花が咲いているのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

厄除けのおまじない Touch Wood。

Dsc00145_2

老人がいつも更新を楽しみにしているブログに、東京の高級アンティーク家具の店“パンカーダ”のスタッフブログというのがあって、ここのお店のすばらしさと、なによりスタッフのレベルの高さに感心をしているのだが、先日も興味ある記事が出ていたから、少しパクリながら書いてみた。

723_2

幸運のおまじないTouch Wood あるいはKook on Woodというのだが、いいことが続いたり、他人に自慢をしたりすると復讐の女神「ネメシスNemesis」のたたりがあるということで、そんな時は、神聖な木といわれるハシバミやオークに触って木の精霊を呼び覚まして守ってもらうというコトのようだ。

Tw

木の椅子の手すりをコンコンとするってコトでもイイみたいだけれど。

269
ネメシスって女神だけれど・・・。男だっているよね ネメシスって。 

                                                       コンコン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

ヴィクトリアンジュエリーを。

Dsc09893_2

ヴィクトリア期(1837-1901)の歴史記念品から、少し道はそれたけれど、このヴィクトリアンジュエリーは、おもしろかった。決して王様や貴族が身に付けるようなものではなく、産業革命で力を得た市民階級のもので、そういう意味では、みんなが楽しめる「アクセサリー」あるいはコスチュームジュエリーのハシリといえなくもない。

ホースシューやイカリといったラッキーアイテム、エトルリアの古典様式、ダイアモンドジュビリーなどの記念ブローチ、ケルトの民族ジュエリーと、少ないながらヴィクトリアンジュエリーをほぼ俯瞰出来るコレクションとなった。

ケルトのアゲートのブローチは、もともとキルトの長い布を肩で纏める為だったり、スカート部分のヒラツキ押さえるもので、男性の物だから、老人が使うことに違和感がない。

こういうものが我が家の男に代々伝わっていくと良いのだが。

オイラのアンティークコレクションが最後にたどり着いた究極のカテゴリーだ。

ヴィクトリアーナとつぶやいてみた66歳の夜。

Dsc09753_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

映画 SAINT LAURENT

S7

こういう堕落した映画は、わりと好きだ。

S4

堕落しきっている。

S6

年代が年代だけに、少し懐かしくもある。

Saint

それにしても、この時代の人たちは、良く煙草を吸う。空気よりも煙草をたくさん吸ってるような・・・・。みんなそうだったよね。クスリも凄いが、煙草が面白いほど凄い。今思えば、喫煙って不思議な習慣だったな。

2

好きな映画だった。

老人の、お散歩映画批評。

S5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

岐阜市から白山を探す。

Dsc00010

先日、とてもクリアな空が続いていたから、何度かJR岐阜駅前の43階建ての超高層ビル・タワー43に上って、ワタシのモンブラン(モン=山 ブラン=白)つまり、白山を探してみた。

さて、おおまかに北を捉えた写真です。説明が容易なように番号をふってみた。

1234

そんな事は、最初に気づくべきだったが、今更ながらスマホのコンパスを見ながら、まづ、北を探してみた。白山は岐阜市から真北にあるわけだが、不覚にも今まで真北というのは上の写真の3か4の辺りだと思っていたが間違いで、コンパスの示す北を写真に入れてみた。

上の写真の、2番辺りの写真がコレだ。手前に岐阜大学が写っている。

Dsc00016

もうすこし寄って見た。これが白山だsign01と、興奮したが・・・。

Dsc00028

そこから30度ほど西に振った。写真の1の部分。

Dsc00020

これは、能郷白山で間違いないと思う。なかなか素晴らしい。

さて、2の位置の写真に戻る。

Dsc00028_2

能郷白山に比べても雪が少ないし、少し近すぎないだろうか。拡大すると山頂付近にマイクロウェーブのアンテナまで見えるような気がする。いや、これが能郷白山なのか?

やはり 3番4番あたりに白く輝く遠くの山が見える。

Dsc00037

写真の向かって左を、さらに、ズームして暗くしてみると。

Dsc00035

遠くに白い山が見える。形といい距離感といい白山の可能性は高いと思う。

左に小さく三角に見えるのが別山、山の形も夏に荘川の尾上郷から見る白山と同じだ。

ちなみに一つ上の写真の右手の山は、高く見えるが手前にあるからで、大日山あたりではないだろうか。

4番の位置にも遠くの白い山が写っている。以前、手前の山これが白山ではと書いたが、これは明らかに間違いだった、雪さえも無い。頭が少し見えている山も、距離が近いと思う。

Dsc00023

良くご存知の方からみれば、バカだなコイツってコトかも知れませんがね。

さてさて、ワタシのダウラギリ(ダウラ=白 ギリ=山)は、いったいドレ。

写真は、パソコンの場合はクリックして拡大できます。スマホの場合は、画面をPCモードにして拡大すると良く見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

おじいさんの時計屋さん。

Img_1152

昨日は、寒かったけれど、庭の蔦の選定をしてゴミ袋一杯分の葉を片付けて、一昨日パソコンで作っておいた確定申告を散歩の途中で税務署へ出しにいって、修理に出しておいた時計を受け取りに柳ケ瀬に行った。

まだ文字盤を外したままで、もう一日調整したいというので、毎日散歩で通るから、また来ることにした。この真ん中の時計なのだがオイラが28歳の時、最初の家を建てたとき、家内の実家から戴いたお祝いで買ったものだから、もう37年も使っていることになる。磨り減った軸を何本か直したから、もうワタシが生きている間は動いてくれるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

うらしま草の種を蒔く。

Dsc09994

さて、この赤いトウモロコシの様なもの、とっても美味しそうだけれど、かなりな毒があって手に付いた汁を唇にもっていったりしたら大変なことになるようだ。

去年中庭に、裏庭からもう一本、浦島草を鉢植えにして移したしたところ早速、実が成って最初は緑のパイナップルみたいだった物がドンドン赤くなっていかにも危険な感じなった。春になったら蒔いてやろうと、深い考えもなしに雨どいに掛けて置いたのだが、庭弄りをしていて、そろそろ浦島草の芽が出るころかななんて思ったが、オイオイそういうことは、種まきの時期を過ぎてしまったのではと、ネットで調べてみたら、やはり種まきは年内に済ませておくべきだったようだが、どうやら芽がでるまで2年もかかるってコトで、少々遅くてもたいした影響はないのではと、早速、種を蒔いてみた。

Dsc00002

とうもろこしの粒の様な物を潰すと種が出てくる。これを洗って蒔くのだそうだが、果肉には猛毒があるということで、少々めんどうだし、そのまま蒔いても出芽率はさぼと変わらないというネットの書き込みもあって、面倒だから、そのまま蒔いてみた。一センチほど客土して、さあ2年の我慢だ。

Dsc00005_2

余った種は、庭のいたる所にまいておいた。地中で2年、さらに花が咲くのは、早くて五年というからには、オイラその頃は真っ白で、まさにウラシマだな。

さて、どうなることやら、うらしま草って、山の中で買っても一株700円以上するんだ、五年後には御殿が建つな。

なんてコトを言いつつ、ネットで改めて調べてみたら一株四千円だとか二万五千円だとか、五万円だとか、オイオイ、ホントに御殿が建つじゃん、郡上の向こうの、せせらぎ街道の麦島の山野草売りの爺さんに教えてやらないとね。でも、もう向こうに逝ってしまったかな。

ウラシマ御殿か、いいな。

せせらぎ街道にログハウス建てて、春は岩魚釣り、夏は郡上おどり、秋は紅葉、冬はスノボ、ドリームズ カム ツルーだな。

L1011656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

岐阜城と御嶽山の噴煙を写す。

Dsc00059

さて、昨日も白山を探してJR岐阜駅前の超高層ビル。タワー43へ上ったのだが、噴煙を上げる御嶽山がとてもキレイに見えたのでご報告。窓ガラスにフイルムが貼られているのが残念。

岐阜城を戴く金華山と噴煙を上げる御嶽山。

Dsc00055

なんちゃって夕焼けの赤い御嶽山というのはどうだろう。

Dsc00055r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

うそつきは安倍ちゃんのはじまり。

Dsc09943

泣けてくるよね。「新自由クラブ」なんてのが昔あったよね。

なれの果てって感じ。

Tpp

うそつきは、安倍チャンの始まり。

でも、みんな知ってて入れたんだよね。

206

ネットで拾った画像です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

このまま。

Dsc09993

ほとんど日の差さない日陰でも、ホトトギスが、もうこの通り。

当地では、この冬は、数センチの雪が一度降っただけ。

節分も過ぎたし、このまま春になるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

スコティッシュアゲートのケルティックなknotted flower shape のアンティークブローチ。

Dsc09836

Victorian sterling silver pebble stone pin. Scottish knotted flower shape with jasper ,bloodstone ,Perthshire grey lace agate,

さて、いかにもケルト的なknotted flower shape のアンティークブローチ。シルバーの細かな彫刻も良い。

ジャスパー・ブラッドストーン・グレーレースアゲートとスコティッシュアゲート(瑪瑙・メノウ)の最も代表的な組み合わせ。時代はヴィクトリア中期。150年くらい前の物なんだ。

Dsc09855

ヴィクトリアン・アゲイト・ジュエリー、あるいはスコッチ・ペブル・ジュエリーと呼ばれる、英国のヴィクトリア中期に大流行したもので、イギリスはもとよりフランスなどにも流行は及んだ。

Dsc03503_2

英国王室のスコットランド懐柔策によるヴィクトリア女王のパルモラル御用邸の購入と女王の頻繁なスコットランド訪問、鉄道の発達による旅行の大衆化とスコットランドのリゾート化は、土産物としてのスコティッシュジュエリーの流行をもたらし、さらにケルト文化の大流行・ケルトリバイバルをヨーロッパにもたらした。

スコティッシュアゲートの物を並べてみた。ブルズアイとアンバーはガラスだけれどね。メンズのアクセサリーとして、とてもトラッドでイイよね。

トラッドで攻めたオイラの到達地点だsign01 

もう、この程度にしておこう と、思うが・・・。

Dsc09877

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

死にたかったんだ死なせてやれよ。

Dsc09971

野球のコトなんかあまり知らないし、清原のコトもあまり知らない。清原が護送されていくときの、なんとなく“ようやく捕まえてくれた”というようなほっとした感と、脇を固める警察官のイタタマレナイ表情が対照的だった。清原と、清原に思い入れのある警察官。

スポーツは人間をつくるという伝説があるが、スポーツは筋肉をつくるが、人間をつくるとは限らない。

清原の不幸、いや清原のシアワセかもしれないが、恵まれた肉体と環境で野球を極め、成功したけれど、ほんとうはヤクザになりたかったワケで野球がやりたかったワケではなかったのかもしれない。だから、ようやくこれで、本物のヤクザになれる、と、ほっとしたのかも知れない。

道理を説く人がいるけれど、道理で生きようと思っていない人は、道理なんて関係ない。でも家族ができたり世の中で生きていると、外れていく自分もわかって、それでも「野球選手」のうちは、世の中もそれで居場所をつくってくれるが、ただの人になったとき、迷子になってしまった寂しさが襲う。

本当はヤクザになりたかったワケだから、戻るのではなくて、その世界に進まなくてはいけないが、世間の枠に支えられて大きくなった野球選手の清原がいるから、半グレ状態で迷子のままさまようことになる。

ニッチモサッチモいかないから、死にたいのだけれど、死ぬ勇気もないから、誰かに捕まえて欲しいから、いけないといわれれば、マスマスいけないクスリをやってしまう。それなりの快感もあるからたまらない。

清原は、もう、永遠に自分を捕まえておいて欲しいのかもしれない。

覚せい剤がイケナイことくらいは判っているんだ。本当は死にたいんだ。

でも、死ぬ勇気はないから、生命の死ではなく社会的な死という中途半端な選択をするから、男としてかっこ悪いし、ミジメで悲惨だ。

続きを読む "死にたかったんだ死なせてやれよ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

アイフォン画像。

Img_1122_2

この頃、すこし写真が作品的になりすぎて、オイラの様なスナップ主義者にとっては反省材料なのだが、アイフォン画像の、簡単だけれど手を縛ったような不自由が、作品に走りすぎるのを抑制して、脱力的で気に入っている。  と、いう程の作品でないのが情けないが。

岐阜県美術館  アイフォン画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

機械の寿命。

Img_1120

給湯器が、いよいよ壊れた。16年も経てば壊れて当然か。どうのこうのと言っててもしょうがないので、あらかじめネットで価格を調べておいて、ご近所のガス屋さんで直した。年金生活では、ちょっとナニな金額だったが、直してみると気持ちがイイ。

食堂の椅子の座がヘタっていたが、いよいよ背もたれの藤が破れた、ご近所の椅子屋さんに聞いたら、藤を編むひとが居ないという。ネットで調べたら職人が居ないわけではないが結構な金額だ。背もたれは布にすることで修理に出した。直してみると随分気持ちがイイ。

掛け時計が止まった、一ヶ月放置していたが、不便だから修理に出した。

物を買うのは我慢できるが、修理を我慢すれば確実に生活に支障をきたす。これを生活のコストというのだろうが、砂時計の砂のように貯金が減っていく。

修理を放置する、そんなところから老人の生活の劣化が始まっていくのだろうが、まあ永遠に生きるわけでもあるまいし。

機械に寿命があるように、人間にも寿命があるからありがたい。寿命がなかったら永遠に金が要る。

あとは のとなれ やまとなれ だ。

愛フォン画像 岐阜県美術館

続きを読む "機械の寿命。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

BACULUM ナニの骨のブローチ。

72

ナニに骨があるのか? もちろんナニに骨があったらイイのにという殿方も多いかもしれない。もちろんそう思うご婦人だって居ないワケはないと思う。さて、どういうつもりなのか、ナニの骨のアンティークブローチがイーベイに出ていた。ちなみに、ヴィクトリア期の物。

人間は、ナニに骨はないけれど、多くの動物には骨があるようで、たかだか、アナグマのナニだからハンティングトロフィーというほど名誉な物ではないから、いったいなんの為に。

出品者の説明は、

The penis bone forming the front of this pin is approximately 5.5cms in length, possibly from a badger? The brooch is well made and mounted in gold, but not hallmarked. The pin is in good wearable condition. Any questions please ask.

60
good wearable conditionったってアナタ、こういうモノを着けて、キレイなオネーチャンのところで飲んで盛り上がるって、いかにもありそうなパターンだけれど、オネーチャン達にトイレで“あのハゲ”って決定的にバカにされるのがオチ。ちなみにワタクシ、はげてはおりません。

Any questions please ask.とあったから聞いてみたらよかった、なんのつもり?って。

続きを読む "BACULUM ナニの骨のブローチ。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

ジャズ喫茶。

1

自分が過ごしてきた世界のことは、瞬間的に本当かウソかはわかるものだが、この人は本物だと思う。

ジャズ喫茶を検索していて、すばらしいブログを見つけた。

「写真とジャズの世界」  写真も素晴らしい。

なつかしいというコトだけではないのがイイ。

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »