« ダヴェンポート のイマリのアンティークカップ。 | トップページ | リチャードジノリ(伊)の赤い鶏のアンティークカップ。 »

2015年8月 5日 (水)

ダービー窯(イギリス)ブルア期のイマリ。

Dsc02978

さて、いつまでやっているんだとの声も聞こえないではないが、こういう事は、しつこいくらい続けることに意味もあってコレクターというのはシツコイといわれてナンボなんだ。

さて、ダービー窯(英)の古い伊万里のアンティークカップ。

Dsc02995

裏印は、ダービーのスタンダードマークのオレンジで年代は1806年-1825年。日本では1806年といえば歌麿が没した年で1825年といえば異国船打払令なんてものが出た江戸後期なんだ。この手描きの窯印がタマラナク魅力的でコレクターの心を虜にするんだ。

Dsc02999

伊万里といえば、日本のもので、いや、つまり、この金襴手古伊万里様式、もともとは、中国の嘉靖、万暦時代(1600年前後)の金襴手の模倣なんだけれど日本の元禄時代(1688-1703)に流行ったもので、中国の国内の混乱で中国からの磁器の輸出が途絶えたとき、代わりに日本から海外に盛んに輸出されたものなんだ。その流行のイマリをイギリスの窯業各社が競ってコピーしたのだけれど、イマリという名が残ったのは日本人としてはウレシイ。

Dsc02989_2

老人には、暑さが厳しすぎるから、冷房の効いた暗い部屋で、こうして茶碗をスベッタコロンダといっている昼下がりが一番なんだ。

人生って、イイね。

Dsc03005

|

« ダヴェンポート のイマリのアンティークカップ。 | トップページ | リチャードジノリ(伊)の赤い鶏のアンティークカップ。 »

アンティークカップ&ソーサー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダービー窯(イギリス)ブルア期のイマリ。:

« ダヴェンポート のイマリのアンティークカップ。 | トップページ | リチャードジノリ(伊)の赤い鶏のアンティークカップ。 »