« メダカを撮って遊ぶ。 | トップページ | なにもしない日。 »

2015年6月23日 (火)

オールドキリムのクッション。

Dsc01632

さて、トルコのオールドキリムのクッション。ペルシャ絨毯の豪華さとは違う、いわばトルコの民衆芸術とでもいうべき敷物の再利用。

キリムは、アフリカから中東にかけて、遊牧民族を中心に使われた毛織の毛足のない敷物で、部族や産地毎の模様などもあり、コレクターの心をくすぐる。

オールドといっても5~60年程度のユーズドのものを、汚れの激しい部分を除いたり、面白い柄の使える部分だけをカットして造られたクッションカバーで、使われたことによるアンティーク感、手織りの温かみがなんともたまらない。

産地はトルコのアナトリア中央部シワス地方シャルキュズラ村。

|

« メダカを撮って遊ぶ。 | トップページ | なにもしない日。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しておりますが絨毯オタクのぷぎーです。
キリムをテーマにしてくださって嬉しいです!
なかなか良いオールドキリムですね〜。しかもシバスという地名だけでなくシャルシュクラという村の名前まで!(^o^)
読み逃げ専門ですが、いつも記事の更新を楽しみにしています。
一時更新がストップした時期はちょっと寂しかったですが、お身体も恢復されたようで安心しました。私もこの一年思わぬ病気で、ハゲたり、悪い頭が一層悪くなったりしておりましたが、なんとか元気に暮らしています。
これからもスカッと楽しい記事を書いてくださいね〜! ( ´ ▽ ` )ノ

投稿: ぷぎー | 2015年6月25日 (木) 14時56分

ぷぎーさん、お久しぶりです。
先日来、ぷぎーさんの素晴らしいブログを何度も読まさせていただいています。
海外にも飛び出して収集やら研究のご様子、素晴らしいです。最高です!

投稿: IWANA | 2015年6月25日 (木) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールドキリムのクッション。:

« メダカを撮って遊ぶ。 | トップページ | なにもしない日。 »