« 高橋治さんの訃報。 | トップページ | 梅雨を写す。 »

2015年6月18日 (木)

わたしの年金問題の決着。

Dsc00470

偶数月の15日は、年金の支給日で、今や銀行は、25日の給料日より15日の年金のペイデーの方が込み合う。

仕事を辞めて、初めての年金支給日だった15日の月曜日は、気になる日だった。

仕事を辞めて給料がなくなったから支給停止額がなくなって、満額いただけるワケなのだか、もう分かりきったことだとはいえ、退職の連絡やら手続きのミスでトラブルはないのかなんてコトを無駄に心配していたりした。

以前勤めていた会社では、50歳になると、その年に50歳を迎えた社員を集めてホテルで合宿をして、ライフプランセミナーといって、現在の収入や過去の収入、妻の過去の職歴なんかをチャートにして、退職後に予想される年金額やら必要な生活費を算出して、今後の計画を立てるということをやった。

人生はナカナカ計画通りには進まないもので、途中でその会社を辞することにはなったけれど、50歳の時に予想した定年まで働いたという想定の65歳からの年金支給額のチャートを見てみると、そのときの予想より、我が家の年金額は月額で二万円ほど増えている。ここ数年、支給額が削減されていることを差し引いてそれだから、上手くいったワケだが、すぐに再就職できたり、五年余分に働いたり、危機感から家内が働いたりした成果だと思うが、ただチャートに間違いがあっただけかもしれない。

色々あったけれど、先のことを見通しているかどうかということは大切なことだと老人は思う。

|

« 高橋治さんの訃報。 | トップページ | 梅雨を写す。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/61757210

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの年金問題の決着。:

« 高橋治さんの訃報。 | トップページ | 梅雨を写す。 »