« バラ ブラックティーが咲いた。 | トップページ | わたしは。 »

2015年5月31日 (日)

テーブルの脚線美。

Dsc00386
昨日届いたアンティークのコーヒーテーブルの脚が美しいのだ。シンプルなアールデコの轆轤(ろくろ)で、どことなく中世を感じる部分もある。1930年前後のイギリス物。

かなり状態の良いものだったけれど、さらに、塗装の表面の劣化をユニウールで削り取り、リベロンのアンティークワックスを電動ドリルのフェルトのパフで塗りこんだ、強引な方法だから注意深くやる必要があるが、半日がかりだった。だが、まだ当分磨き続けるワケだ。

アンティークの愉しみは、生き返らせて更に美しく育てることだ。

Dsc00398

テーブルは、天板は勿論だが、脚の美しさが命だ。

オイラじつは脚フェチなんだ。美しい脚があれば何杯でもゴハンが食べられる、ごはんがね。

|

« バラ ブラックティーが咲いた。 | トップページ | わたしは。 »

アンティーク」カテゴリの記事

椅子のコレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーブルの脚線美。:

« バラ ブラックティーが咲いた。 | トップページ | わたしは。 »