« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月14日 (土)

しばらく。

L1009708_2
ネタ不足により、しばらくブログを、お休みさせていただきます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

エドワーディアンなオールドノリタケ。

L1016275

オールドノリタケのイギリス向けの物はマルキ印というバックスタンプが使われている。

初期マルキ印が1900年頃、マルキ印が1908年頃というから、エドワード7世の治世が1901年~1910年だから丁度、この時代の物で、こうして並べてみると、まさにピッタリとなじむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

ダライ・ラマ法王特別記念講演。

L1016142

先日、街で面白いポスターを見つけた。ワカモノ向けの呑み屋さんの店頭にあったのだが。

ダライ・ラマ法王特別記念講演

平成27年4月8日(水)

岐阜市・長良川国際会議場

いまだに、道に迷ってばかりのオイラ、行きたいけれど、平日ではね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

東アジアのゴタゴタ屋・韓国の内包するもの。

00099993

さて、リッパート駐韓アメリカ大使が、5日ソウル市内の講演会朝食会会場で襲われた。

襲ったテロリストは、キム・ギジョン(54)「独島を守る会」の民族派代表で前科6犯 、この男、2010年にも当時の重家・日本大使に対し、10センチサイズのコンクリート塊2個を投げつけたこともあるテロ常習者だという。

前科6犯のテロリストが、講演会に先駆けた朝食会に招かれており、会場にはたった一人の警備員しか居なかったという。

父親の軍事政権時代に負けないような言論統制の非民主国家のパク・クネの韓国で起こった事件として、これはテロではない、なんらかの意思でもあると考えるのが普通で、長さ25センチの刃物を易々と持ち込み、何度も切り付けたということも納得できる。

傷は長さ11センチ、深さ3センチで80針も縫ったというから、傷は直っても跡が大きく醜く残る。

この男、2002年の金大中政権の時から韓国政府の統一部で活動しており、2006~2007年にノムヒョンの指令を受けて8回、北朝鮮を訪問、最近ではパク・ソウル市長の顧問までしているという。

決して孤立した過激派というのでもなけば、孤高のテロリストというワケでもない。権力の塔を出たり入ったりしているそれなりの人物なのだ。

しかし、前科六犯のテロリストが、こうして堂々と政治の表街道を歩いている韓国に驚く。

昨日、中東訪問から帰ったパク・クネ大統領は、さっそく病院へ見舞ったのだが、終始ニコヤカな笑みで、恐縮も、反省の様子も全くなし。いったいナニを喜んでいるんだクネは! 大使に、「これからも米韓友好のために一緒に歩いていきましょう。」だと。 まったく謝らない民族なんだな。

こういう場所に警護もなしに出かけていくアメリカ大使・オバマ政権の韓国への認識の甘さにも驚くが。

米国は、朝鮮戦争で、45,000人の死者行方不明者を出している。

あくまで米国側の論理ではあるが、45,000人の米兵の命への恩返しが、大使の顔の11センチの傷だとすると、ねじれに捻じれた韓国人の逆恨みの恐ろしさをアメリカ人もようやく知ることになる。

そして、東アジアの戦争要因が同盟国のはずの韓国にあることに、ようやく気が付いていただけるかな。

11センチを忘れない!

写真は、キム坊が日本の漫才を見ているだけです。念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

手に入れたお宝の話と恋の話。

L1016267

手に入れたお宝の話と、恋の話は他人にはしない方がいい。他人を不幸にするだけだ。

と、老人も判っていながら、もう何年もアンティークのブログを書いてきた。

アンティークというのは、むつかしいワケで、こういうものを美しく写真にとれば、それに価値を見出して買ってくれる「本」の場合は、そういう人が相手だから良いが。ブログは無料で、通りすがりの人が読者だから、顰蹙を招いたり、逆恨みを買ったりすると忠告してくれた先輩がいた。

たしかに、アンティークで盛り上がるとブログのアクセスが減るということが以前はあったが、近頃は、アクセスの三分の二はアンティーク関連で。始めてのアクセスでオールドノリタケのブログを何十ページも読んでいただいたり、アンティーク香水瓶のページを一晩で全て読んでいただくというコトが良くあって、そういうアクセスを発見したりすると、とても幸せな気分になる。

オールドノリタケは、アンティークとしては、比較的あたらしいワケで、いちばん古いメープルリーフ印の物で1891年(明治24年)頃だから、イギリスでいうとヴィクトリア後期ということになる。この時期はまだイギリスへは輸出されていないから写真のカップ&ソーサーはアメリカ向けの物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

3.11から4年フクシマを忘れない!脱原発バレード岐阜。

きっこのブログの「きっこ」、というより、日本の闘う代表的ツイーターの「きっこ」は、最近のツイート で

思想や考え方の違う人との議論には一定の意味があるが、価値観の違う人との議論には何の意味もない。たとえば、人の命や子どもたちの未来を価値観の最上位に置いている反原発派と、自分のカネ儲けを価値観の最上位に置いている原発推進派が議論しても、不毛な水掛け論が続くだけで得るものは何もない。

と、語っている、

004

少し乱暴なようだが一日何万ものアクセスがある、彼女のブログやツイーターに、五月のハエの様に纏わりついてくるバカ右翼の執拗な攻撃は、かわすだけでも大変なワケで、そういうバカに反論しようものなら、火に油をスプレーするようもので、危険で不毛だ。

だから、彼女が「ショセン馬鹿なヤツラとの議論は不毛な水掛け論」と断じたのは当然だと思う。

8888

とはいえ、市民運動というヤツは、タテマエとしてだけでも、反対の反対にいる「フマジメな生き方」をしている「不真面目なヤツラ」にも語りかけるフリをしなければならないが、大切なことは共感できる者だけでも集まって共感しあうことで、共感できる部分で連帯して、ベクトルになんらかのエネルギーを与えることが必要なんだ。 

 

948

 と、いうのは、ささやかなオイラという老人の考えで、今日のデモに参加した皆さんの多数決によったものではないし、主催者の皆さんの統一された考えでもないことを申し上げておかなければならない。 オイラあくまでデモの後ろのほうで、「龍角散のど飴」をなめながら付いていくだけの、一人のササヤカな老人なんだ。  ナンチャッテ。

2221111

さて、あれから四年、この間、日本の全ての原発は止まったけれど、特に停電もなく、なんとか放射能に犯されながらも、やってきたワケで。

アベノミクスの円安誘導で、輸入にたよる石油はとんでもなく上がって、電気料金も上がったけれど、世界的な景気後退と新エネルギーの台頭で近頃は、石油は大幅に値下がりし、安倍のバカのアベノミクスによる円安がなければガソリンのリッター百円切れなんてこともあったかもしれない。まったく、クソ安倍のやることといったら!ぜんぶアベコベなんだ。

222222
さてさて、そんなこんなで、今日も朝から老人は、

3.11から4年 フクシマを忘れない!川内・高浜原発再稼働反対!さよなら原発パレードin岐阜

に、龍角散のど飴を舐めながら行って来た。

3331111

日本のド真ん中の岐阜県は、原発被害予想のドマンナカでもあって、反原発の運動がどこよりも真剣にならざるを得ないワケで、しかし上の図の通り、日本の真ん中のひと際黒い円は、名古屋も京都も大阪も神戸も含まれるワケで、ほんとうにトンデモナイことなんだ。

L1016166

:啓蟄もすぎて、当地では、「国府宮の裸まつり」が終われば、まちがいなく春が来るといわれているワケで、すこし雨がバラツイテいたけれど、今日も沢山の参加者があった。

L1016160

内陸県の岐阜には、原発は無いが、岐阜・愛知は、原発銀座といわれる福井の原発の風下であり、とても無関心でいられる問題ではないんだ。

L1016167

12月のデモにくらべ、すこし気候が良くなったせいか、参加者も増えて、脱原発運動は決して緩んではおりません。

L1016174

近頃は、原発のみならず、「安倍の暴走」への危機感からか、みなさんデモを希求していたご様子で、今回も盛り上がっています。

L1016224

こういうデモが岐阜で4年も続いているというのは、岐阜市民にとってもマコトニ快挙であります。

L1016199

でも、もちろん、デモなどしないで済む国にしたいのですが。

L1016212

このまま、ダラダラと、タワケの安倍のいいなりに原発再稼動を認めるワケにはいきません。

L1016223

何度でも言います。岐阜・愛知は原発銀座・福井の風下で原発直下です。

L1016248

ノーモア・フクシマ  福島の悲しみを二度とさせてはなりません。

L1016246

高浜原発の再稼動なんて、とんでもないことです。犯罪です。

あれから4年、脱原発デモは岐阜の地に根付いています。

L1016260

福島の悲しみを忘れません。

全ての原発の再稼動に反対します。

と、あらためて老人は思ったのであります。

666666_2

ポスター類は、脱原発ポスター展・脱戦争ポスター展からコピー。おおいに拡散を!とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

エドワード7世のアンティーク ブロンズ像。

L1016131

Antique Cast Bronze Bust King Edward VII England on Red Marble Base

さて、これまでの物とは少しレベルが違う、エドワード7世のアンティークブロンズ像であります。

L1016095

ファインアートです。

L1016111

ジョージ5世の磁器像を手に入れたことから始まった、イギリスの王様の歴史記念品のコレクション。

L1016108

ヴィクトリア女王、エドワード7世、ジョージ5世、エドワード8世、ジョージ6世、エリザベス2世と、ほぼ百年にわたるイギリス王室のイベントの記念品を集めながらイギリスのみならず20世紀の戦争の歴史と日本の関わりについても知る機会になりました。

L1016133

このBRITISH ROYALTY COMMEMORATIVESという分野は、イギリスやアメリカでは、立派なガイドブックも発行されているコレクターの多い分野のようですが、日本では、この手の物は、アンティークフェアでも殆んど目にすることはありませんでした。

L1016042

オークションの発達と、ネット検索によるカテゴリーの絞込みの機能が、東の果ての国の老人にも、こうしたコレクションを可能にしてくれました。まだ少し付け加えたいアイテムがありますが、キュリオケースがほぼ満杯になりました。ここら辺りが、潮時ってヤツかなって思うのです。

 

L1016047_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

古刹。

L1016085
室町時代から続く禅寺だが、庶民を寄せ付けない学問所だから、まったく汚れがないが、映画のセットのようで、宗教を感じないのは、宗教が学問になってしまったからか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

老人は国会突入をめざす。クソ安倍を倒せ!

昨年からの体調不良をカバーするために、このところ老人は、ただひたすら寝ることに努めていて、寝て、寝て、いっぱい寝て、そして寝すぎて眠られなくなった夜に、老人は、独り、妄想してみた。

112233

こうなったら、命知らずの老人を集めて、あの日、かなわなかった夢を行動に移してみたらどうかと。

19601

「国会突入」などという景気の良いフレーズを、いたずらに検索してみたら、ユーチューブで面白い動画をみつけた。

0051

「老人は国会突入をめざす。」というおもしろいフォークの動画だ。よかったら検索してみてはどうだろうか。でも、音がよくないので詞の心がいまひとつ伝わらないので、もういちど「老人は国会突入をめざす」で検索してみたら老人は国会突入を目指す【赤と黒(歌声版)】

なんてところがあって、音がいいので聴きやすいし歌詞までコピーできた。

なかなかオシャレな老人がいて、世の中は捨てたものではないなと思った。お医者さんなんだそうだ。

写真は、作者の藤村直樹氏

0837

note老人は国会突入をめざす。note 

日本中の村から町から 都会の谷間から  車椅子で 松葉杖で つまづきよろけながら
老人たちは 国会を 議事堂を めざす

よたよた よぼよぼ こけつ まろびつ  ぜいぜいと 這いずりながら
よたよた よぼよぼ  政府を 倒すために

それは 初夏の夜だった  ひとつのメールが とびかった
老人よ! 見捨てられたものたちよ!  国会をめざせ! 政府を倒すために!

その2日前 ついに保険料は  年金より高くなった
日本中の 僻地から  郵便も小包もなくなった

病気になっても 医者にかかれない  だいいち医者まで 行くこともできない
ましてや 治療費は 保険なんか蚤の涙

ひ孫はもう 産まれない  いや 孫はもう 産めないのだ
産科の医者は 過労で倒れ  金持ちだけが アメリカへ産みにゆく

たった2パーセントの金持ちたちが  日本の富の 95%を持ち
貧乏なものは 孫子まで  生きていくことさえ おぼつかないのだ

初夏の夜中 少し認知症の  ひとりのオタク老人が 思い出した
そうだ俺たちは 団塊の世代  果たせなかった 国会突入を!

メールはその夜 日本中を飛び交った  老人よ!国会を めざせ!
何十万人 何百万 何千万の 老人が 国会を目指す
国会へ! 議事堂へ! 政府を倒すために

追い詰められた首相は ついに  国防軍への ホットラインをとった
老人のデモ隊へ 発砲せよと

兵士たちは とまどった 自分たちの 爺さんや 
ばあさんを  撃ち殺せとの命令に

それでも アメリカ軍から派遣された  司令官は 命令した
引き金を 引かなければ  お前たちは 軍法裁判だ!

泣きながら 兵士たちは  機関銃を 発射した

何万発の銃弾が  しわくちゃの 皮膚を裂き
しなびた肉を 骨粗しょう症の骨を  こなごなに 吹き飛ばした

それでも 老人たちは たじろがなかった  失うものは 命さえもう何もない
団塊の世代は 必死で 生きてきたのだ

たとえ精鋭の国防軍でも 3千人の部隊では
何千万の老人を すべて射殺する  弾薬はない

ついに 国会正面を突破した  血まみれの 爺さんと ばあさんと
兵士たちは 抱きあった  泣きながら ともに 国会へ 議事堂へ 行進した

そして ひとりの ばあさんが  血まみれのTシャツを
議事堂のてっぺんで  高々と 振りかざした
日本国政府に止めを刺すために

この話を 聞いたあなたは  たわごとと いうだろう
けれど この国は きっと その夏の日にむかって 進んでいる

残念ながら、作者の藤村直樹氏は、2010年4月27日、敗血症のため死去。享年63歳。

つくづく、俺たちに明日はないな!やるなら今でしょ!

0238心臓止まれ。だったりして。 Pu !

842

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

岐阜 梅林公園の梅。

L1016073

つぎからつぎへと、とんでもない事件がおきて滅入るから、花でも写しているのが、罪が無いが、一番とんでもないのが、安倍首相というのが情けない。

L1016060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »