« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

エリザベス女王 戴冠式記念の缶バッジ。

L1015647

とくに、なにというコトはないが、缶バッジが、また一つ増えたから、ご報告。ライオンの一番近くにあるバッジ。

缶バッジをコレクションの核にしたのは、正解だったね。本当に面白いし美しい。

:キュリオケースの中がイッパイになったから、このコレクションも、そろそろ止めようとおもうのだが、年代が新しいから冷遇していたエリザベス二世のパートがあまりに淋しいから、今いろいろと集めているんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

福丸の鯛焼き。

L1015745

岐阜市美殿町の福丸のタイヤキは、薄皮の鯛焼きで、オイラが知るタイヤキのなかでは一番美味しい鯛焼きなんだ。梅林公園の帰りは必ず買って帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火)

路地裏。

L1015741

ときどき、こうした画でブログを冷まさないとね。

路地を横のフレームで撮ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

エドワード8世 シルクハット姿の缶バッジ。

L1015765
KING EDWARD VIII PRINCE OF WALES BRONZE CORONATION PIN BADGE

こう云うモノを、老人がいくらで買ったか?なんて、無粋なことを訊かないで欲しい。

老人のボーイズハートをイタク刺激したんだ。アノ、「王冠を捨てた恋」の、エドワード8世・皇太子時代の、シルクハット姿の缶バッジ。

痺れるね。

L1015779

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

安倍の軽率な発言が招いた悲惨な人質事件。

さて、ワイドショー的センスしかない日本のマスコミは、イスラム国の画像が合成であるなんてくだらないことを解説することに大騒ぎだったり、軍事オタクのバカが、戦争という「人殺し」をカネ儲けの為に請け負う会社をつくって会社経営者を名乗っていることを全く批判せず。戦地の子供の悲惨な状況を報道するのだという正義のフリージャーナリストが、おめおめと日本で子供をつくり、子供と女房はほったらかして自殺行為のイスラム国入りというおよそ47歳とは思えない支離滅裂ぶりで、判ればわかるほど、こういう輩をトンデモナイ金額の税金を使って救出すべきかどうか、なぜマスコミを論じないのか、安物のヒューマニズムもイイカゲンにしろよ。

3

さてさて、我等が安倍ちゃんは、「対策本部」を作ってガンバル振りだけしていたけれど、そんな本部は「クソのフタ」にもならないわけで、官邸ではスタッフが「イスラム国はデタラメだ!」と息巻いていたというが、当たり前で、デタラメだから世界が戦争してるわけで、コイツラのフヤケタ脳ミソの方がデタラメで、「本部」で料亭から取った「本部弁当」なんか食ってカネを使って本部が働いた実績を残したりしているだけなんだろうね。対策なんてないのに、なまじスガ官房長官が、やってるみたいなことを言うからツジツマがあわないわけで、結果責任は全て安倍ちゃんが被ることになるが、当然。

5

さてさてさて、ここへきて、世界のマスメディアの論調は、今回の事件を「安倍首相の外遊による、軽率な言動が招いた悲惨な事件」と定義しはじめた。

味方のハズのイスラエルのハアレツ紙に至っては「今後は日本の安倍晋三首相がイスラエルに来るたびに悲惨な人質事件と戦争が起こるだろう」とまで書いている。

3_2

この間の外遊による安倍がバラマイタ海外援助の総額は、2500億円どころか3000億円近いという報道もある。

戦争を知らない、外交を知らない、世間知らずのバカが、消費税をスッポリ手に入れて、世界にばら撒いた結果がこのザマ。

5_2

さあ、安倍の外遊の結果を良く検証して徹底的に語ろうではないか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

ジョージ6世戴冠式記念のガラスのマッチホルダー。

L1015675

HARBRIDGE CRYSTAL GEORGE VI CORONATION CUT GLASS MATCH OR SPILL HOLDER 1937

マッチホルダー、正確に言えばマッチの燃えカスの入れ物。

L1015665
今となっては、マッチなどホトンド使わない生活で、しかし、ほんの40年前まで、マッチは極めて重要な必需品で、ガスもタバコもマッチで着火していたわけで、その度にマッチの燃えカスを捨てる物が必要で、それは安全のため燃えないものである必要があったなんてことは、今の子供には、ほとんど分からない話しで、老人でさえ忘れていた話なんだ。

イギリスの比較的小さなカットグラスのメーカー、ハーブリッジ社のハンドメイドのカットグラス。未使用でラベルが残っている。

L1015683

The Harbridge Crystal Glass Company was founded in 1928. The name is a contraction of the surnames of the two founders, Mr S. T. Harvey & Mr A. C. Bridgens, to make HARBRIDGE. The factory was called the Platts Works.

L1015688

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

2500億円で戦争を買ってしまった安倍ちゃんのバカ。

5

さて、日本で行き詰ってしまって、戦争の人材派遣をやりたいと妄想した42歳のニートの湯川ナントカと、男をあげるにはもう戦争の映像しかないというフリーター、しつれい、フリージャーナリストの後藤君47歳がイスラム国に捕まったところでそんなことは大騒ぎする必要はないのであって。

民間軍事会社の湯浅には「民間軍人なのだから自分でかえって来なさい。」、すこし正義派気取りの後藤君には「帰ってくるなら湯川をちやんと連れてかえってこいよ。別に帰ってこなくてもいいんだよ、君の好きなように生きろよ。」と云えばいいのであって、なにをマスコミも、あたかも何の罪も無い善良な日本人が人質にとられて大変みたいな報道をしているのか、バカも休み休みにしてほしい。

さて、アメリカは、「イスラム国掃討を決意し」「日本を全面的に支援」し、「団結して戦う」のだそうだ。オイオイ、それじゃあナニか! 日本がイスラム国との戦争の「中心」で、アメリカ様は日本のためにも戦争をするワケかい。まるで日本が主役じゃないか?

5_2

戦争をゼンゼン知らない、すこしバカだけれどお金持ちのオボッチャマが、お金イッパイもってアラブへいって、みんなにお金ばらまいていたら、いきなり鉄砲つきつけられて立ち往生したみたいな。

人道支援だって立派な戦争の一部なんだよ。

アホでノー天気な安倍の論理なら、イスラム国が人道支援求めたって不思議はないわけで、とんだ世間知らずの安倍ちゃんがお金をバラマイテ、戦争の真ん中に立ってしまったみたいな。

20

ところで2500億のバラマキってどうよ。消費税は国にカネがないから上げるんじゃなかったのか? 税金が足りないからドンドン福祉を切り捨てているのだよね。

消費税って安倍のバカに全部バラマカレテしまうんじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

ホンモノニセモノ。

L1015690

「三千円で三十万円の古九谷を買おうとするやつ自体がニセモノだよ。」郡上の殿様の末裔でもある骨董界の巨星・青山二郎は、信用できる一流店で買うのが一番安いという現実的な信条の持ち主だったが。もちろん金に困ることのない殿様のいうことだけれど、「わたしはヤフオクに出たオールドノリタケの値段を全て知っている」なんて人にあうと、なんという下品でくだらないヤツだと思う。スーパーのチラシの大根の値段でも調べていたほうが現実的なのに。だからコレクションといってもネギや萎れたホウレン草みたいな物だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

梅林公園で蝋梅が咲きました。

L1015728

ネタ切れのこの時期に咲く早咲きの梅「蝋梅・ろうばい」は有難い。

でも、蝋梅は梅とは別物ではないかというくらい早咲きで仲間はずれだ。

L1015726

岐阜・梅林公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

神戸の震災の頃。

L1015701_2

20年前のあの日は、岐阜でも異様な揺れでグラグラと地面をユックリかき回すような揺れだった。あのものすごい地震の被害をみて、自宅の新築を検討中だったオイラは、いよいよ本格的に計画に入った。もちろん耐震が一番のテーマで、土台と構造に一番のポイントをおいた。あのバブル崩壊から数年経ていたけれど、まだバブルの余韻があり、体力気力共にピークにあったオイラはまだイケイケドンドンだった。

親友のMは、何度かの転職の末にようやく落ち着いた会社で、管理職になり神戸の支社で支社長として、やっと自分の場を得て頑張っていた。朝からずっと電話をかけていたが、ようやく昼過ぎに連絡がついたが、強気の彼は元気で、単身赴任のマンションは被害はあまりなかったが、外へ出てみてビックリしたと。それでも悲劇の全体像はあまりつかめていないようで元気だった。数日後、彼に連絡を入れると、支社は全滅で、今は大阪支店に疎開していると元気がなかった。その後かれは、横浜に移り、名古屋に帰ってきたけれど、仕事は昔ほど上手くいってはいない様子だった。丁度あのころは、企業がバブルの余韻から覚めて、いよいよ厳しいリストラを始めた時代だった。我々団塊の世代が、最初に苦渋を味わったのがアノ時代だった。あれから既に20年も経った。いまは、連絡もつかない。

勝った負けたという仲ではなかったはずだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

ジョージ6世戴冠式記念の豆電球つきバッジ。

L1015630

こういう物を作るのだからイギリスというのは面白い。

缶バッジなのだがセルロイドの肖像を後ろから豆電球で映し出そうというのだから面白い。

L1015631
長いコードの先には電球のオシリみたいな電極がついているからこれをソケットにつけるようだ。

いかにもアナログでおもしろい。コレクターとしては外せない一品。

ジョージ6世 戴冠式記念 1937

L1015645

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

言葉だけの美。

L1015716

美しいものだけを長い間かかって残した人々の智慧を骨董に読むのだよ。そういう智慧が形をたしかに示して残っていることを確かめるのだよ。イデエなんかつまらん。形が最後には一番魅力がある。  小林秀雄

このごろ思うのだよ。言葉だけなんて、なんてツマランことだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

ジョージ6世戴冠式記念のミニカー。

L1015639
Lledo Collectables - 1937 King George VI Coronation

アンティークではない、新品なのだが、こういうものが入るとコレクションがとてもイキイキとしてくるんだ。

Lledo was started in 1982. It was the end of era Lesney Products (Matchbox Toys Ltd.), this company had gone bankrupt on June 11, 1982. Universal Toys , owned by David Yeh, came up as the buyer on September 24, 1982 and move factory to Hong Kong.

だから、もちろん1937年の物ではないが、ジョージ6世の戴冠式を記念したデコレーションのバン、そういう時代を再現したマッチボックスのミニカー。

L1015656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

ケンビョウギュウトン。

L1015694

「人間は、骨董をいじる程度にならぬと、ケンビョウギュウトン(犬猫牛豚)の種族である。」  幸田露伴 

と、ここまで思い上がるのもナニだが、ときどき骨董を見ながら、ケンビョウギュウトンの自分から遠くへ逝ってみる極楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

時間や出来事の形象化した価値。

アンティークでも、とりわけ歴史記念品の様な物の価値というのは「美しい」というより、もちろん美しいというのは所有を決める大きなポイントであるが、むしろ時間とか出来事とかいったもので、その記念品という形に形象化された時間や出来事の集積みたいなものを所有しようという行動なんだ。

と少しカッコつけてみた。 

人間の価値だって同じだよね。 人生ってイイね。

L1015677

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

エドワード8世のめずらしい缶バッジ。

L1015620

エドワード8世の戦時色濃い缶バッジ。

少し陰のあるプリンス オブ ウェールズの王冠姿。即位するも、戦争の為の道具としてふさわしくないと、議会から退位を迫られた悲劇の国王。第二次世界大戦前夜のイギリスの状況、戦争の道具としての国王継承者の悲劇を読み取れる。すばらしいヴィジュアルではないか。久々に気合を入れて落札した。

戦争前夜の国の王様が、人妻と恋に落ち、その人妻は恋人の王様以外にも恋人がいたという。王様は、敵国のドイツのヒットラーのプロパガンダにひそかに共感を寄せていて、王位を捨ててフランスに渡った王様を、ヒットラーはドイツがイギリスを征服したあとの傀儡(かいらい)として抱き込もうとしていた。

L1015614

王冠を捨てた恋は、ドロドロのスキャンダルでもあったのだ。

KING EDWARD VIII 1936  1937 CORONATION METAL BADGE PIN BROOCH PRINCE OF WALES

去年の年末に、更に、おもしろいエドワード8世の缶バッジを手に入れたんだ。乞うご期待。

L1015650

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

ローラナイトのコロネーション マグカップ2点。

L1015600

さて、エドワード8世とジョージ6世のコロネーションのマグカップ。1937(昭和12年)

絵柄が、ディム ローラ ナイトのもの。

9

この時期の物、BRITISH ROYALTY COMMEMORATIVESは、分類としてはミリタリーグッズ、つまり戦争物なわけで、戦意高揚の為の宣伝物、プロパガンダのツールであったワケだけれど、第二次世界大戦のイギリスにおけるヴィジュアルの代表的なものがこのローラナイトのデザイン。

L1015601

ローラナイトはイギリス初の女流画家で作品はリアリズムで魅力的。

ウィキしてみた。

Dame Laura Knight (1877 –1970) was one of the most popular and pioneering British artists of the twentieth century. Her artistic career took her from Cornwall to Baltimore, and from the circus to the Nuremberg Trials. She painted dancers at the Ballets Russes and Gypsies at Epsom races, and was acclaimed for her work as an official war artist

8

このてのデザインは、ソビエトや中国の物だと思っていたけれど、戦争というのは、中身は右も左も同じで、イギリスだってアメリカだって同じだ。

日本だって、60年代の日本共産党や民青の「平和」ナントカ大会や、創価学会の「大ナントカ」やらのビジュアルにも良く使われていたワケで、北朝鮮では、いまなお使われていたりするが、いずれも独裁的で狂気が支配する集団内で人々の思考停止を誘うための絵柄でもあるようだ。

L1015604

オイラの歴史記念品のコレクションは、イギリスの歴代の王様の物で、それは戦争の為のツールだったワケだけれど、イギリスやヨーロッパでは、フンダンに指導者の肖像がマグカップやらバッジ、子供のオモチャに使われたが、軍国主義の狂気では負けていなかった日本の物では、こうした物が見当たらない。

L1015594

その辺のことをウィキしてみた。

日本では、皇太子(徳仁親王・雅子親王妃)夫妻の肖像が記念切手に使われた例が1度だけあるのみで、在位中の天皇の肖像が硬貨に刻まれたり切手肖像になったりした事は一切ない。“陛下のお顔が手垢にまみれるなど畏れ多い”という菊タブーがあるためであるとか、明治天皇が自身の肖像を切手や硬貨に載せることを嫌ったからだといわれるが、正確な理由は明らかではない。

明治維新以降の日本の天皇制のヴィジュアルがイギリスのパクリであったことは、当コレクションを見るだけでも明白だけれど、江戸三百年のあいだに忘れ去られていた天皇の存在をイギリスを手本にリビルドし、更にそれ以上の神格化に成功したのは明治新政府の成果でもあったが、西洋列強の帝国主義に抗する、我が国の帝国主義の核入れ作業でもあった。

L1015595

なんてことを言ってみつつ、まあ、オイラのやってることは、筋肉マンの消しゴムを集める子供となんらかわらない老人のお遊びなんだけれどね。

窯は、バーレイ社。

A pair of beautiful Dame Laura Knight cups. One celebrating the coronation of King Edward VIII and the the other the coronation of King George and Queen Elizabeth. Both May 1937.

Burleigh Pottery (also known as Burgess & Leigh ltd) is the name of a pottery manufacturer in Middleport, Stoke-on-Trent. The business specialises in traditionally shaped and patterned domestic earthenware of high quality.

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

ヘタな直訳の。

L1015587
正月は、どこへも行かずに静かにしていたら、ますます声が出なくなってしまって、仕事始めに出られず、いきなり三日間の休みをいただくことにした。

秋口から年越しの風邪だが、熱もなく症状としては軽かったのがイケナイ。こんなことくらいで休むのもナニだからと無理していたのがイケナイ。声が枯れていても無理してなんとかやっていたのだけれど、お客さんの車を誘導していて、とつぜん声が出なくなった時は事故になるところだった。さすがに、ここでしっかり治さないとと休みをお願いした。本当に面目ない。

おかげで、読書がすすんだ。

ヴィクトリア朝のロンドンがとても面白いのは、時代もさることながら、この時期、写真が発明されて、さかんに記録が残されるようになったことだ。

でも、直訳の下手な文章はホントにつらいな。途中から写真だけ読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

お正月実感。

L1015567

あんまり、寝てばかりというのもナニだから、カメラをブラサゲテ正月の街に出て見たけれど、なにやらまことに不景気な感じ。

我が家的には、なんにもイイこともなく、なんにも悪いこともなく、餅もオセチも充分にあって、しかし平和というのは、かくもツマラナイものかと。

いやオイラ的には、健康状態はドンゾコで、秋口に引いた風邪が少しよくなったとおもったら、寝てばかりいたらマタひどくなって、声がでない、声がでないでは、仕事にならないワケで、必死にイロイロ試しているのだが、それがまたますますイケナイようで、ほんとうに声がでなくなってしまったから、大変なのだが、今日は薬をやめてみたら、のどの痛みはやわらいだけれど、あさってからどうしょうか?なんてことだけれど、どうしょうもない。

L1015579

退屈な正月は、ゆっくりアンティーク三昧と思っていたのだが、イギリスからの荷物がクリスマス休暇と新年で十日以上遅れて、まだ届かないワケで、淋しいから更にマタ、オークションに入札して、オイオイ歳の初めからまたクレジット地獄かよって、あいかわらず子供じみた散財。

クリスマス前は、アンティークショップも書き入れ時とみえて、客の呼び込みに面白い物が沢山オークションに出されるが、オイラがはまっているイギリスの歴史記念品のカテゴリーでも、エドワード8世の物のコレクターの放出があって、かなり稀少な面白い物が沢山でた。12月の予算を使い切ったアトで厳しかったが、オイラも数点とても面白い物を手に入れた。といいつつ、実はオイラの興味は今、ヴィクトリア期の宝飾品に関心が移っているのだが、ヴィクトリア期というのは知れば知るほど面白い。

L1015568

でも、今年は、ひとには言えないが、物よりカネをコレクションしようといのがオイラのテーマで、アンティークはもうイイから、リタイアに向けて少しばかりお小遣いをためておかないとイケナイわけで、小遣いの無い老人ほど哀れなものはない。

リタイアして、五年十年たつと、ほんとうにアンタどうしてしまったんだというヤツがいて、俺に近寄るな!という危険な光線を発しながら道の隅っこを歩く不機嫌な老人やら、つねに世間に喧嘩を売りながら道路の真ん中を逝く危険な老人がいて、それもこれもカネがないからで、カネといったって世の中の人たいがいが金がないわけで、しかし老人の場合、子供の小遣い程度のカネさえないから不機嫌なワケで、それもこれもみんな自分が悪いのだけれど、自分が悪い、そんなことは人にいわれなくてもわかっているワケで、だからマスマス不機嫌なんだ。

まあ、そんな老人にならないために、ことしは少し諭吉の印刷物なんか集めたいとおもうが、歳の始めからオークションでクレジットクランチ気味のオイラの今日この頃みなさまいかがお過ごしでしょうか。

L1015580

ことしは、雪で出鼻をくじかれたこともあるけれど、初詣の風景がいつになく不景気なかんじだと思ったのはオイラだけだろうか。

予定していた年金は、予想以上に減っているし、介護保険とやらがドーンと引かれるし、物価は上がり始めたし。

なにより今年三月は、個人商店の消費税破産が続出だとか、年商二千万なら160万の消費税、あたりまえのことだけれど、消費税は預かり金だから、儲かっていようと居まいと払うわけで、そんなカネ使ってしまっているのが個人商店なんだな。

TPPは、すでに決着済みで、発表されれば日本の農業は壊滅だとか、アベノミクスの本当の姿がまもなくアラワニなる混乱の春。

愚民の愚民による愚民の選挙のもたらしたもの、老人にはもうドウでもイイことだが、ザマーミロって。

L1015576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

初撮り。

L1015555

元旦の岐阜市は、夜明けからの雪で静かな幕開け。

岐阜駅前のタワー43からの眺望。

雪景色の金華山もイイ。

雪雲で白山は見えないから南の名古屋方面を展望。

L1015565

名古屋駅前の高層ビル群も。

L1015559
北側に戻って自慢の長良川も。

L1015562

JR岐阜駅前の広場。

L1015561
ことしも、この街から、ああだこうだと書いていきます。

よろしくお付き合い願います。

L1015563

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます。

L1015552

New Year's Day is every man's birthday.

元日はすべての人の誕生日である。     

イギリスのチャールズ・ラム Charles Lamb(1775-1834)の格言

数え歳とか満年齢とかという考え方があって、簡略化の為に元旦を加齢のポイントとする数え歳という考え方は、世界共通であったようだ。しかし、いまではほとんどの国が誕生日を基点とする満年齢である。

新年よりクリスマスを盛大に祝う西洋でも、やはり新年は新年であるワケで、元日をもって生きるということを更新しようという考え方は、なかなかイイものだ。

今年も良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »