« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

蒐集無残。

L1013926

岐阜市のはずれの、マニアには聖地のような場所だったが無残。

L1013931_2
まことに無残。

L1013930_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

すこし向こうまで。

L1013937

ひさしぶりに晴れたから、すこし向こうの方までブロンプトンで行ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

説教。

L1013908

なんど読んでも、よくわからない。  笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

シルバーとマザーオブパールのエドワーディアンなフレーム。

L1013337

さて、シルバーとマザーオブパールのインレイが、いかにもエドワーディアンな感じがしてイイのだが、アンティークではない。せいぜい2-30年くらい前の物だろう。

L1013342_3
こんな組み合わせも面白いと思うのだが、貴重なアンティーク絵葉書を切り刻むのもナニだ。

さてさて、我が王国のエドワード7世のアンティークコーナー、まだまだ進化を続けております。

L1013355

そして、もう暫らく続きます。

Ed77_2

                                ごきげんよう、さようなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

秋の気分。

L1013915

夏の間ずっと咲き続けた花なのに、秋の気分なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

2014 白鳥おどり おどり納め。

L1013742

さて、このあいだ始まったばかりだというのに、もう納めだという。

L1013712

奥美濃の2大盆踊りの一つ“白鳥おどり”が、昨夜、今シーズンの最終日を迎えた。

L1013717

“白鳥おどり”は、「郡上おどり」より一週間遅くはじまり、二週間早く終わるワケだが、郡上八幡より更に北にある白鳥は、すでに夜はTシャツ一枚では少し寒く、気温も踊り発祥祭の頃から比べると十度も低い。

L1013727_2

名古屋や岐阜では、お盆の徹夜おどりが終わると、おおかたの人は、もう郡上おどりは終わったと認識されるようで、踊りに行くと言うと、エッ?という顔をされて、すこし“ターケ”にされる、たわけ・・・・つまりバカにされるのが普通。

L1013766
昨夜も、岐阜を出る頃は、雷と強い雨で、いったいオイラいつまでバカやってんだ思ったりしたワケだけれど、踊り納めは、おどり助平の大晦日で紅白歌合戦みたいなモノだから、行かないワケにはいかない。

L1013796

昨夜思ったのだが、「白鳥おどり」は、踊り子の皆さんがとても上手くて、皆さんのレベルが揃っているんだ。つまり皆さんとても上手い。

L1013790

地元の皆さんが多い上に、ココへ来る他所の踊り助平の皆さんは、郡上を経験して更に極めに来るわけで、上級者揃いなんだ。

L1013734

だから、踊りも、浴衣のセンスも平均点は、とても高い。と、思う。

L1013819

あいかわらずの名人の美しさであります。

L1013804

こどもも可愛いが、お母さんの方がもっとカワイイのであります。白鳥おどりは、子供も安心して連れてこられる混みようです。

L1013738

さてさて、サタデーナイトボンダンサーのオイラ。通いつめているようだけれど、繰り出すのは土曜の夜のみで、徹夜おどりを含めて今シーズン、郡上へ二回・白鳥へ六回の参加。ようやく白鳥おどりを何曲か覚えたところでシーズン終了とは寂しいかぎり。

L1013843
今シーズン終了のご挨拶が終わると、拍手と同時にアンコールが湧き起こります。

L1013846

お約束通りでありますが、“さのさ”で〆ます。

L1013861

この、最後の“さのさ”が、粋でオシャレで良いのです。この終わり方、オイラとっても好きです。

そして、いよいよ、白鳥の「納め」の名物、下駄の「三本締め」であります。

L1013870

〆が終わると、花道を保存会の皆さんが退場します。

L1013885

ハイタッチのトンネルの中を潜り抜けます。

L1013886

今年は、人出が多かったせいか、ひときわ長いトンネルで大変だったようです。

L1013889

さてさて、白鳥おどりの夏が終わりました。拝殿おどりは発見でした。

とても面白い夏でした。

また、来年も、遊びにきます。

L1013898

おまけ。

L1013905

白鳥おどりは、これやでエエよ!

写真は許可なく撮って、ご本人の了承を得ずアップ致しております。不都合なものはメールを戴けば削除いたします。お許しください。よって、転載はお断りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

マリタイムのカップとエドワード7世。

L1013676

まだ届いていないエドワード7世の絵葉書のブログを構想していて、昔、書いた「海の上のカップ&ソーサー」というブログを思い出した。

maritimeをテーマとするなら、まさにこの時代のエドワード7世こそ格好のネタだったのだ。このテーマでもう一度編集してみたら面白いかもしれない。  と、どうでもイイことを・・・。

アンティークの楽しみは、マコトニ無限であります。

Ed77

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

エドワード7世 ウィンザー城での狩猟パーティの写真。

L1013338

King Edward VII & other Royals shooting party Windsor 1905

さて、まるでマフィアの集会のようだけれど、ウィンザー城でのエドワード7世の狩猟パーティの集合写真。エドワード7世の左は義弟のギリシア国王のゲオギルス1世であります。甥のロシア皇太子のニコライ二世、ドイツ皇帝に嫁いだ姉のヴィクトリアの名前もあります。ヨーロッパの王様というのは、みんな親戚なのです。これが戦争を防ぐ方法だったのですが、それでも戦争は起きて、この後、第一次世界大戦・第二次世界大戦とヨーロッパは戦火にまみれるのです。

老人が、この頃おもうのは、戦争はおこるもので、相手があることだから、戦争は「放棄した」と言って放棄できるものではなく。

残念ながら、戦争は、守りを固めつつ、しかし、戦争になるのは防ぐべきものだなと思うのです。

L1013406

ウインザー城つながりで、我が王国のウィンザーチェアの御自慢なんだがドウだろう。

どこかで何かが繋がっていて、これが、いわゆる、オイラのスタイルのテイストなんだ! なんちゃって。

この夏、オイラのコレクションルームは。すっかり、ウィンザー城キブンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

遅れてきた土用うなぎ。

Photo

徹夜おどりが終わると、なんとなく夏の終わりを感じて淋しくなる。おまけにこの天気だから体が重い。

昨日のお昼は、近場でうな丼。二段重ねのうなぎでおいしかった。うなぎまるけやった。

さあ、もうすこし頑張る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

郡上おどりの原形・前谷白山神社の拝殿おどりを観る。

L1013623

昨夜の、岐阜は警報が出る程の雨で、郡上おどりのクライマックスの徹夜おどりの最終日だけれど出かけるべきかどうか朝から“雨雲ズーム”とニラメッコしながら迷っていたのだ。

踊りの途中から雨が降るのは我慢が出来るが、始じめから豪雨と判っていて、遠くから高速を使って出かけるのもナニなワケで、しかし郡上おどりの徹夜おどりに一日も行かないなんて、お世話になった八幡の皆様にあまりにもナニではないかなんて思いつつ、考えてみれば、拝殿おどりなら屋根があるワケで、今夜は絶対、白鳥おどり・前谷白山神社の“拝殿踊り”だな、と決めたのだ。

L1013574
さて、「盆踊り」を拝殿で踊るワケで、つまり盆踊りを神社で踊るワケで、多少の知識があるとかえって違和感がある話だが、少し神仏混淆という歴史を齧っていると、これがそうなんだなと納得したりする面白いものなんだ。

L1013563
神社の由緒というのは、明治維新の廃仏毀釈という流れで書き直されたりしているから全て正しいとは言えない。簡単にいえば、宗教なんてイイカゲンなもので維新以前は、寺も神社も一緒にあったりして、坊主が、あるときは神主をやり、あるときは坊主をやったりしたわけで。寺に神社があったり神社に寺があったりして、たとえば神宮寺ってのがあるけれど、神宮の寺なワケで、神様がオマイリする寺なワケで、神宮のソバにあるワケで神様は仏様を信じている、つまり神様は仏教徒だったのだ、というから日本は面白い。

L1013572

前谷白山神社は、白山信仰の美濃側のメッカ・石徹白(いとしろ)の入り口にある神社。このコトは当ブログの“白山文化圏巡礼”のテーマだから、今日はスルーして。

しかし、面白いね。これが郡上おどりの原形なんじゃないか?

これだよ!オイラが観たかったのは!

おもわずオイラ叫んだね。

L1013580

神社の拝殿に、盆に精霊が降りてくる拠り所(よりどころ)となる“切子灯篭”が提げられ、その下に音頭とりが輪をつくる。お囃子もなにもなく、アカペラの生唄で順に文句を唄いつないでいく。

L1013657

拝殿は板の間だから、踊り子の下駄は拍子木であり太鼓でもあって唯一の楽器となってリズムを刻む。

L1013625

三味線も笛も無い、きわめてシンプルな構造なんだけれど、これがとても心に響くね。これが「日本だ」って。

これが本当の郡上おどりなんじゃないかな。つまり白鳥も含めて白山文化圏の土地の踊りじゃないのかって。

L1013579

マア、そんなコトを他所者のオイラが言うのもナニで。実は、こういう場でオイラの様な者が踊って良いものかどうか、すこし躊躇していたんだ。

だって、ここにいつもの他所から大挙押し寄せる、名古屋や岐阜のイツモノ踊り助平が、やはりイツモノ様に踊っていたら、よそ者のオイラとしても興醒めだからね。オイラのようなよそ者は遠くの木の陰から見ているくらいにするベキかなって。

L1013588
まあ、白鳥おどり保存会のイツモの美人さんはイイけれどね。

L1013589

そのわりには、図々しく、輪の中まで入っていって写真を撮ったりしてごめん。とてもカワイかったから。

L1013597

ピントが甘くて恐縮だけれど、こういう絵が撮れる世界って、ひとつの文化だと思うね。

L1013652

駐車場は充分あったし。トイレもキレイなのが向かいの集会所にあったし、屋根もあるし、いうコトなしだね。

L1013655

音頭取りの若い娘が、顔が真っ黒になっててゴメン、カメラの色調をビビッドにしたうえに現像でコントラストを付け過ぎたんだ。本当は色白の美人なんだ!と、思う。

今日は、おいら拝殿おどりをジャマしないような地味な夏大島の浴衣と、郡上の徹夜おどり用の派手な絞りの浴衣を2セット持って行ったのだけれど面倒だからTシャツのままで通した。そして、郡上八幡の徹夜は凄い雨でスルーしたんだゴメン。

今シーズンおいら、雨で浴衣を濡らしていないんだ。八幡は今夜も豪雨のようだけれどね。まだコノ時間、踊っているんだよね。風邪ひくなよ。

L1013120

白鳥の拝殿おどりもエエよ!

この写真、ワタクシではありません。念のため。

写真は許可なく撮って、ご本人の了承を得ずアップ致しております。不都合なものはメールを戴けば削除いたします。お許しください。よって、転載はお断りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

白鳥おどりの徹夜おどりに昨夜始めて参加する。

L1013472

さて、夏休みということで、たった二日だけ有給休暇をお願いして老人は「白鳥おどり」の徹夜おどりに出かけたのであります。

L1013434

皆さんの情報によれば、今年も郡上は雨続きで、サンザンだとオッシャッテいられるのだけれど、ワタクシ的には、今年は晴天続きで、白鳥四回・郡上八幡ニ回のお出かけで一度だけ少しパラパラときたけれど、浴衣を濡らすような雨の日は皆無なんだ。

L1013453

さて、今夜はお盆ということで、郡上八幡も、白鳥も同時に“徹夜おどり”が始まって郡上市長さんも大変。

L1013539

平成の大合併で、郡上八幡町も白鳥町も郡上市になったワケで、市長さんも、二つの徹夜おどりを平等に“ご挨拶”しなきゃならないワケで、挨拶だけならともかく、踊りも踊られるワケで、というコトは、八幡のおどりは十曲あって、白鳥のおどりも十曲あるワケで都合20曲の踊りをマスターしなきゃならないワケで、市民は皆おどり上手だから、市長さんの踊りもじっくり観察したりするワケで、市長さん八幡のおどりと白鳥のおどりのドッチが上手いかな?なんてコトが投票行動に繋がったりするワケで市長さんはツライと思う。と、オイラが思って、今夜よく観察してみたのだけれど、八幡のおどりも、白鳥のおどりも、どちらもホドホドに上手い。

L1013528
白鳥おどりは、八幡のような危険を感じるような混みようはないから、子供も安心して参加できるから、子供が元気でイイ。おかげで白鳥おどりは次世代が育っている。盆踊りは、やはり地元の参加が沢山ないと良くないね。

さて、先日の名人コンクールで優勝の名人もお出ましで。

L1013464
おっと!ブログの「はごろも」さんではないか!

L1013542

ずいぶん気合の入った練習ぶりでしたよ。

L1013478
さてさて、“白鳥おどり”は、ビートの利いた楽しいおどりだから若い人がとてもイキイキしていていい。

L1013469

跳ねて踊る踊りで、徹夜おどりということで音頭取りが更にヒートアップして、高速回転するから老人には少しナニだが、まちがいなく気が晴れて最高だ。

さて、土曜日は、ディープな「前谷白山神社の拝殿おどり」か、郡上おどりの徹夜の最終日に行くべきか。

悩むな。

L1013119
白鳥おどりは、エエよ!

写真は許可なく撮って、ご本人の了承を得ずアップ致しております。不都合なものはメールを戴けば削除いたします。お許しください。よって、転載はお断りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

ヴィクトリア女王と英国王室四世代のアンティーク絵葉書。

L1013331

Royalty " Four Generations" Queen Victoria, King Edward VII" etc

さて、ヴィクトリア女王と、息子エドワード7世、孫であるジョージ5世、ひ孫の「王冠を棄てた恋」のエドワード8世の幼少のお姿であります。

王家でなければ、「悲劇の家庭崩壊」とタイトルが付いてもオカシクない写真です。不機嫌なビクトリア女王を中心に、乳母に酷い虐待をうけ傷ついてしまったエドワード8世に至るまで悲喜劇の英王室であります。

さてさて、その悲劇を隠すように、ニギヤカなフレームで飾ってみた。

L1013335

ピューターにロイヤルブルーのベルベットのフレーム。

アンティークという程古くはないが。どうだろう。

L1013377

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

徹夜おどり。

L1013325_2

                     グラビール技法のガラス冷茶器。

お盆前のこの時期に台風で、夏の観光地はどこも大変だな。

昨夜は、さすがにオイラも郡上行きはやめた。

まあ、来週は、徹夜おどりもあることだし。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

シャビーなジャポニズムの額にエドワード7世の写真を合わせる。

L1013282

さて、19世紀のジャポニズムのフレームにエドワード7世の写真を合わせてみた。

19世紀中頃から世紀末にかけて、日本の美術品がヨーロッパを席巻した時代がある。ヴィクトリア女王の時代だ。梅の小枝がこんなにエドワード7世に合うとは・・・。

アールヌーボーのフランスより早く、イギリスでは日本ブームがあった。江戸幕府の1858年の日英修好条約の締結、1862年のロンドン万博への出展。1870年代の日本商品を扱うリバティ商会の開店。日本文化がイギリスに紹介されると一気に日本ブームが興ります。

話がそれますが、先日のシルバートーンのフレームの内張りに、日本の流水紋の絹が使われていました。日本的な物が高級でオシャレだと感じられていたのです。

L1012981
ジャポニズム、すぐれた美意識を持った日本商品は、イギリスから更にヨーロッパ大陸に輸出され、やがてアールヌーボーに発展していきます。

フレームのサイズが絵葉書には大きすぎるので、絵葉書をデジカメで撮って、サイズを大きくしてみた。

L1013305
これでは、遺影ではないかと、違和感があって、とりあえずの組み合わせだなと、部屋に置いておいたが、だんだんと部屋に馴染んできて、フレームのヤレた感じといいトテモよいオーラを発しはじめた。

アンティークって不思議で、置いておくと段々と良くなってくるものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

フォトフレームとアンティーク絵葉書の楽しみ。

L1013277

海外からのアンティークは、輸送コストが馬鹿にならないから、オークションで落札したものを現地で留め置いて、何点か纏めて輸入するサービスがあるから便利だ。

さあ、また、どう始末しようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

白い軍服姿のエドワード7世のアンティーク絵葉書とシルバートーンのフレーム。

L1012978

 

ROYALTY HM KING EDWARD VII IN UNIFORM & MEDALS CLOSE UP PHOTO CARD

さて、あいかわらずオシャレなエドワード7世であります。白い軍服も、きっとお仕着せではなく、彼のチョイスであっただろうと容易に想像できます。

厳格な父と母の元にあり、悩み苦しんだ青春の影が、どれだけ着飾っても写真に現れています。  心に傷も影も無いヤツなんて・・・。

L1012985

とてもコンディションの良いアンティーク絵葉書です。これを楽しむために、アンティークのフォトフレームを探してみました。

L1012981

ANTIQUE EDWARDIAN SILVER TONE PICTURE FRAME 
シルバートーンの、エドワーディアンスタイルのフォトフレームです。少し汚れもありますが、間違いなく20世紀初頭の物です。白い軍服のエドワード7世の写真に合いそうです。

L1012995_2

素晴らしい組み合わせだと思いませんか。

アンティークの楽しみは、まことに無限であります。

King Edward Ⅶ 1901-1910

L1013015

まだまだ、これからです。 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

平成26年度・白鳥おどり名人コンクール。

L1013266

さて、今年の白鳥おどりが始まってマダ四日目だというのに、いきなり「おどり名人コンクール」だという。出来れば、そういうコトはシーズンの最後にして欲しい。なにせオイラ、レッスンDVDで春先から練習したとは言え、現場で踊ってみると、とまどうコトばかりで“源助さん”と“猫の子”くらいしか踊れないんだ、“神代”なんか何度踊ってもステップが違うんだ。

L1013114

さてさて、コンクールなわけで、当然、受付でエントリーするのだけれど、オイラには関係ない。

L1013117
コンクールというワケだから、ヘタなヤツが踊っていたりすると前後の方には、とても迷惑をかけたりするワケで、オイラそういうコトには、気を使うタチだから遠慮して、カメラマンに徹した。

L1013140

今夜は、何時にもまして、踊り上手が大挙押しかけて来ています。

L1013145
おっと!平成19年度の、{踊り名人}のお姿ではないか。名人はテッキリ郡上のネイティブかと思ったらオイラと同じ岐阜市民ではないか!

L1012766

同じ写真を再度アップしますが、今年度の各部門の“白鳥おどり・おどり名人”であります。

L1013266_2

まず、ちびっこ部門の優勝者・おどり名人であります。

L1013234

何位かは、聞き逃したが、この子の踊りもとても上手でした。

L1013231

コンクールが始まる前に、この子の後ろでオイラ踊っていて、下駄さばきに感心して見ていたんだ。

L1013228

最初に表彰されたこの子。ユーチューブでこの子のヤンチャな踊りを観て楽しませてもらっているけれど、イキナリ出てきて、びっくりした。

団体の部。

L1013240

会場がイッキに華やかになります。

L1013180

あんたらカリブから来たのか?それともブラジルのサンバチームか?って感じだけれど、駐車場で随分熱心に踊りを合わせていたのをオイラ車の中から見ていた。

さて、最高の名誉、誰もが憧れる個人の部の入賞者であります。

まづ、三位。

L1013245

そして、個人の部。準優勝の方です。

L1013246

人生最高の夏ですか?

L1013271
そして、本年度の“白鳥おどり・おどり名人”です。

L1013254

たかだか盆踊り、されど盆踊り。この日常的な世界で、飛び抜けることは並大抵のコトではありません。

L1013257

私をはじめ、カメラマンのライトが、この方に集中していました。

L1013204_2

素晴らしいことです。「名人」です。おめでとうございます。

L1013227

さてさて、白鳥おどりの「ご重役」の皆様であります。楽しい仕掛けをありがとうございました。

そして、オマケを。

L1013119

白鳥おどりは、エエよ!

写真は許可なく撮って、ご本人の了承を得ずアップ致しております。不都合なものはメールを戴けば削除いたします。お許しください。よって、転載はお断りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »