« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

若い日のエドワード7世と弟のアルフレッド。

Photo

Young future King Edward VII & brother Alfred Edinburgh

150年も前の写真だけれど、このファッションの完成度はドウよ。ヘアスタイルときたら、まるで俺たちの青春時代、つまり40数年前と全く同じなんだ。

椅子のコレクターでもあるオイラ的には、この椅子もタマラナイ。ツイストの脚がイイね。

先週末は、色々と忙しくて写真が撮れていないんだ。こんなコピペでゴメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

エドワード7世の絵葉書をエドワーディアンスタイルのアンティークフレームに合わせる。

L1012619

さて、この組み合わせは、自分で自分を褒めてやりたいくらいのベストな組み合わせだ。

フォトフレームは、20世紀初頭の、明確なエドワーディアンスタイルで、素材はオーク。

ヴィクトリア時代の過剰な装飾がとれて、20世紀のスタイルが出来つつある。

100年以上の時間を経てビーズやモールが一部失われているが、それも含めて時代が見事に凝縮されている。

L1012577

面白い楽しみ方を見つけた。

アンティーク絵葉書も、こうして楽しむと、ちょっとした名画だ。

L1012617

目標地点は、映画「鑑定人」の、この世界かな。 

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

炎熱の郡上で、郡上おどりする。

L1013030

さて、昨日の日本列島は、太平洋高気圧に覆われて、猛烈な暑さに見舞われて、熱中症で八人が死亡なんて、大変なコトになっていたワケなんだけれど、老人は“盆踊り”に、暑いさなかに郡上八幡へ出かけたのであります。

L1013038

今シーズンは、郡上踊りから“白鳥おどり”に路線変更を宣言したのだけれど、昨夜の白鳥おどり(しろとり)は、「ちびっこおどり講習会」というコトで、ビギナーのオイラにピッタシなイベントなのだけれど、子供達に混じって子供達よりヘタなジイサンが踊っていても迷惑なんじゃなかろうかってコトで、高速道路を途中下車して、やっぱしオナジミの郡上おどりに出かけたのであります。

L1013020

それにしても暑かった。夕方6時を過ぎても温度計は34度であります。

街の中を散策していたら、こんな看板を見つけました。

L1013026

郡上は、長良川を擁し、鮎つりの本場です。釣り人は、釣れた鮎を料理屋に持ち込むのですが、「土用隠れ」といって間もなく釣り辛い時期に入るのですが、今年はどうやら調子が良いようです。

さてさて、昨日の郡上おどりは、暑いなか、更に熱かった。

“おどり免許状”であります。昨夜は、踊り上手20人に免許状が出たのでありますが、審査曲が「猫の子」。

郡上おどり10曲のうち、七曲に“免許状”があり、日によって審査曲が違うのですが、この「猫の子」は、なかなか懸からない曲なんです。オイラも全曲制覇の最後に戴いたのが「猫の子」の免許状なのです。

L1013070_2

ですから、皆さん必死です。みなさんの強烈なアピールに、審査員のボス・保存会の踊り部長も頭を掻いています。

さてさてさて、今夜(昨夜)のオイラの郡上土産は、今年売り出してイキナリの大ヒット。「郡上木履」の下駄。

郡上の若い人が今年やり始めたオリジナルの下駄で、オイラのは、あの藍染の渡邊藍染店の藍染の鼻緒。

なんでも、郡上おどりの開幕以来、売れすぎてココ数日、品不足で販売を休止していたみたいで、下駄の木が、まだ乾ききってないのはご愛嬌。

L1013101

それに、先日、買って帰って大好評だった、時代屋大國の「葉なんばん」。今回は辛さが更に上の“大辛”。

写真は許可なく撮って、ご本人の了承を得ずアップ致しております。不都合なものはメールを戴けば削除いたします。お許しください。よって、転載はお断りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

白鳥町に居たのか!ウルトラマン。

L1012761

なんだ、ここに居たのか。

帰れなくなってしまったのか?

3分で終わる“白鳥おどり”なんて無いからな。

                           郡上市白鳥町にて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

エドワード7世の絵葉書をアンティークフレームで合わせる。

L1013014_2

さて、アンティーク絵葉書は場所を取らないからコレクションとしては良いが、アンティークはデコラティブアートつまり装飾美術でもあり、部屋に飾って楽しむものでもあるから、思いついたのは、その時代のフレーム額縁とマッチさせたらどうかって。

こういうコトは、凝りだしたら徹底的に凝るべきで、その徹底的の度合いがコレクターのステイタスになるワケで、そのマッチングの才が問われるのは、美術商の世界と同じだ。ナンチャッテ!

さて、まずエドワード7世の戴冠式の絵葉書だ。

L1012463エドワード7世の時代は、エドワーディアンスタイルといわれる明確なデザインの様式があるわけで、フレームもそれでいきたいのだが、この装飾過剰な戴冠式の衣装に、シンプルがとりえのエドワーディアンスタイルの額では合わないのだ。

L1012624

用意したのは、レイトヴィクトリアンスタイルのAntique Carved Wood Oak Picture Frame だ。つまり19世紀末の物だな。

エドワード7世の即位はエドワーディアンスタイルのはじまりでありヴィクトリアンスタイルの終焉でもあるから、即位の姿はレイトヴィクトリアンの額に飾られるコトは正しい。とも言える?

L1012622

オークに彫刻が施されているが、ヴィクトリアンの盛期に比べるとシンプルだ。釘もバックパネルもオリジナル。丁寧にブラシをかけて汚れを落とし、リベロンのアンティークワックスをかけたら見事に甦った。

これは、まだ、序の口に過ぎない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

梅雨明け。

L1012754

昨日は、当地の梅雨明けが発表されたけれど、もう数日前から、梅雨は明けていたような気がする。

梅雨明けならば、スッキリとキレイに、本格的な夏を迎えようと、昨日は踊り明けの疲れもなんの、庭の徒長した蔦を選定し、床のレンガにブラシを掛けて、サッシとガラスを洗い、一階の床を磨き、玄関のタイルもトイレの床も何度も拭き、磨いたのであります。

本当にオイラ、自分で言うのもナニですが、マメなヤツです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

白鳥おどり開幕から二日続けて踊る。

L1012932

さて、初日に続けて、いきなり、二日続けて白鳥おどりに通ったのであります。つまり三連休は大半、白鳥おどりで潰れたワケであります。

白鳥おどり二日目の会場は、国道沿いの物産センターの駐車場。オイラ、地域盆踊りに間違って混入した異邦人って感じで、やたらと元気な地元の中学生が目立ちます。

暗い会場で、イイ写真は期待できませんし、輪おどりですから、面白い写真が撮れません。

ですから今日はこの辺で。

L1012972

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

白鳥おどり発祥祭で初おどりする。

L1012769


さて、郡上おどりと並んで奥美濃の2大盆踊りの一つ「白鳥おどり」が昨夜から始まった。

L1012822

天気予報は、雨だ雷雨だ注意報だと囃すから、雨の白鳥デビューもナニだから、デビューは明日にしようかとも思ったのだが、あさから天気予報とニラメッコしたり、雨雲ズームレーダーで雲の動きを観察したりして、この調子なら降ってもタイシタことはないと踏んで出かけたのであります。途中、郡上八幡の手前ではカナリ降られましたが、白鳥は曇天ながら雨は全く降らず、暑くもなく、幸先の良いスタートとなりました。

L1012077

それもこれも昨夜私がアップした、白鳥駅前のお土産屋さんの“おじぎ福助さん”の祈りのせいでしょうか。

L1012793
さて、「白鳥おどり」の始まりは、宝暦義民太鼓の演奏と踊りからはじまります。素晴らしい始まり方です。正しい遣り方です。郡上一揆に立ち上がり、義に生きて犠牲になった農民の悲しみのおどりで追悼の踊りであります。

L1012782

盆踊りは、庶民の踊りです。封建時代は、百姓など虫けら同然ではありましたが、圧倒的に少数の武士が支配する時代では、百姓が集まって何かをヤルというコトは武士にとってとても怖いことでした。それがいつ暴動になるやもしれず、数で負ける武士は、百姓が数あつまるということは、恐怖そのものだったのです。

この、義民太鼓から踊りにツナガル、百姓衆の踊り始めが素晴らしい。これが見たかったんだ。これが郡上なんだ、これが郡上おどりなんだ!このまま踊っていて欲しかった。

L1012814_2

さてさて、かたい話は、このくらいにしておいて、オイラまさにカルチャーショックだったね。

「白鳥おどり」 とってもイイわ!! これはハマルね。

L1012921

百姓衆がどうのこうのといったアトに、この写真では落差があり過ぎだけれど。

「白鳥おどり」のこの盛り上がりは一体何なんだ。激しいビートはイッタイなんなんだ!まさにロックな盆踊りじゃないか!

L1012879

郡上おどりに負けず、みんなオシャレで、更にファンキーなんだ。

L1012863

この激しい踊りを、年寄りも良く踊るんだ、素晴らしい。

L1012883

この激しいビートを生み出す音頭とりは大変な技術だね。

おっと!郡上おどり発祥祭欠席の名人クロさんを見つけた。

L1012850

今年こそ、こちらに名前が載りますように。歴代名人。

L1012766

えっ!こんなところで!

L1012853

郡上おどり保存会の、三味線の美人師匠で、レンタル浴衣の女将さんが踊っているではないか。

L1012854

「わたしね、商工会の偉い様なんで、今日は郡上市商工会というコトでーす。」って。

あれーっ! もうこんな時間。

今夜も、行くつもりだから、そろそろ寝ます。

L1012925

ごきげんよう。

L1012918

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

白鳥おどりのカテゴリーを追加しました。

“白鳥踊り”は、郡上八幡から高速道路を二区ほど北に行った郡上市白鳥町(しろとり)に伝わる盆おどりで、白山信仰の美濃側のメッカ・石徹白(いとしろ)に隣接する地域でもあり、白山信仰やら仏教の浄土信仰の一つの形でもある、この地域の“盆おどり”の原形を感じさせる踊りで、歴史派の“おどり助平”にはタマラナク魅力にあふれている。

L1012100
郡上八幡は城下町で川にへばり付くような武士の町だけれど、白鳥町は拓けた農地を背景にもち、郡上一揆の拠点でもあった土地で、百姓が、貧しいながらも権力に反発する力を蓄える余力を持った土地でもあったワケで、郡上八幡の郡上おどりは、田舎なれど城下町の洗練がみられるが、白鳥おどりは、郡上一揆の立百姓の情念をいまに伝えるパワフルなもので、権力にヘツラウことのないヤンチャな踊りでもある。

L1012109

なんてコトを、未だ現地で踊ったこともないオイラが言うのもナニだが、とりあえずはナントカ踊れるようになりたいな。

L1012077
明日は、「白鳥おどり」の発祥祭。オイラの人生初の白鳥おどりでございます。

神様、お天気のコトどうぞ、宜しくお願い申しあげます。

Photo

雨の白鳥デビューとは・・・。トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

エドワード7世 海軍服のアンティーク絵葉書。

L1012578

H.M. KING EDWARD VII  c1910 Unused VG-EX, Rotary 2451 B

昨夜は少し遊び過ぎたかな、という虚ろな視線がイイ。王様はそれくらいがイイのだ。

エドワード7世、生涯に関係を持った女性は101人だったという。この百と一人というところが重要で、アバウト百人というのとは違って、こまかく数えて、キチンと数えて101人ということで、そんなことをシッカリと数えていたヤツがいたわけで、パパラッチの国イギリスの王様というお役目もつらい。

父親のアルバート公は脚が長くて極めて美男子だったわけで、不機嫌な婆さんというイメージのヴィクトリア女王も若い頃は、美しくてお姫様そのものだったから、その子、エドワード7世は、もちろん美男子だったワケだ。

Ed7_s

この可愛らしいセーラー服の子供こそ、後のエドワード7世で、多少のデフォルメはあるにせよ、美男子であることに間違いはない。テディボーイとは彼を元祖とするんだ。

さて、そんなプリンスであるが、色々あって、隣国のフランスの悪場所に入り浸ってロングステイしてしまったのだ。平和な時ならともかく、イギリスは世界に拡がる植民地を持ち、植民地では反乱の火の手があがり、他国はイギリスの権益を奪うべく軍拡の競争に躍起になっていたワケで、ナカナカ勇気がいる放蕩ぶりだったのだ。

Ked7

写真は、キング・エドワード7世級戦艦 (King Edward VII class Battleships)、1903年から1905年にかけてイギリス海軍により建造された準弩級戦艦。イギリスの帝国主義を支えたのは海軍力だったワケで海軍で男を鍛えるというのがイギリス王室の帝王学でもあった。

まさに、第一次世界大戦前の「戦争の時代」だったワケだが、王位に就くや、遊び人の社交性やら、人心掌握術で、外交に才を発揮し“ピースメーカー”と呼ばれ、「エドワード平和王」と呼ばれたワケで、人間というのは面白い。

L1012585

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

郡上の男。

L1012705

                     郡上おどり発祥祭にて

浴衣の男ってイイよね。

白鳥おどりについては、「白鳥おどり」のカテゴリーがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

郡上おどり発祥祭 奥美濃の踊りの夏の始まり。

L1012659

さて、台風が去って、雨の心配も全くなく、奥美濃の熱い夏の到来を告げる、郡上踊りの発祥祭が昨夜行われた。

L1012668

昨夜から、9月6日まで、32夜にわたるロングランの盆踊りの始まりだ。

L1012686

雨の心配がないというので、昨夜は大変な人出。主催者発表では九千人ということで、オイラ、写真は早々に撮って、カメラを納めに車に戻って、浴衣に着替えて、会場に戻ったら、踊り会場は人でビッシリと埋まり、とても踊りに入り込める状況ではないんだ。

L1012745

雨が降るのも困るが、晴れて人出が多すぎて踊れないのも、困るな。

昨夜は、スーパームーンで、お月様がとても大きくて、踊り会場をキレイに照らしてくれていて、オイラ橋の上から、月に見とれていたのだけれど、台風で悲しいめに遭った南木曽の中学生のコトなんか思いながら、彼が星になったのなら、ドノ星かなって探したのだけれど、スーパームーンで空が明るすぎて見えなかった。

ゴメンな、君が星になって、ジジイのオイラが盆踊りで。

さて、昨夜の郡上土産は、時代屋大国の「葉なんばん」

L1012750

あの、「行列ができる下駄屋さん」の西へ2~3軒おいたご近所なんだ。

L1012632

葉とうがらしの瓶詰めで、やさしい“おふくろの味”といった感じの煮物で、この季節、食がすすんでとてもいいんだ。一本は自宅使い、一本は差し入れを戴いてばかりの佐藤さんへのお土産。

さあ、来週は、「白鳥おどり」の発祥祭だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

郡上おどり始まりました。





この画像、iPhoneで撮ったものを、現場からアップしてみたのだけれど、やはり少し無理があったかな。

今回は、iPhoneとデジカメの二刀流で撮ったのだけれど、なんだか集中できずに、支離滅裂になってしまった。現場からiPhoneでアップってのもイソガシ過ぎて、肝心の踊って遊ぶってのがどこかへいってしまってダメだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郡上おどり発祥祭 まもなくはじまります。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

メンズファッションの神・エドワード7世コート姿のアンティーク絵葉書。

 

L1012577

His Majesty King Edward early PPC by Lafayette National Series. Smoking Cigar Unposted

PPC Printed Post CardL1012583

まことに神々しい、神・エドワード7世の私服、いや至福のお姿であります。

インバネスのコート、そうシャーロックホームズと同じです。日本ではトンビといって男性は、着物にこれを着ていました。

カンペキなお姿であります。手には葉巻で、何から何まで見事であります。こういうお年寄りになりたいものです。といってオイラもうその歳なのだが。

写真家は、James Lafayette

L1012584

我が西洋陶磁史研究所、このところ陶磁研究からはハズレっぱなしではありますが、今、エドワーディアンなアンティークフレームを蒐集中で、絵葉書より額縁の方が立派なお値段なのでありますが、それなりに整えてエドワード7世のアンティーク絵葉書コーナーを開設するつもりであります。

アンティークの楽しみは、まことに底なしの沼であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

神様。

L1012571

12日(土)が晴れますように。台風が逸れますように。

L1012570

                                                       神様!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

王様の缶バッジが消えた。

L1012598

イーベイから、ROYALTYの缶バッジがほとんど消えてしまった。めぼしい物はオイラが買い占めてしまった。とまでは言わないが、あれは有る様で無い物ではなかったか。意外とレアな物だったのかも知れない。どなたかが現地で買い占めているのかも知れない。

L1011806

以前のココログのアクセス解析では、英語圏からのアクセスが、アクセスの三分の一くらい有る日もあったけれど、イギリスのコレクターもブログを読んでくれているみたいだ。だから検索で引っかかるように、英文を貼る子したりしているワケだけれど、イギリス人の、ロイヤルティに限った缶バッジのコレクターのサイトを見たことがないから、してやったりだ。

L1011782

でも、コレクションで訪ねてくれた外人さんが、当ブログの郡上おどりの写真を見たら、今でも田舎へ行くと日本人はみんな浴衣を着ていると思わないかしら。

L1010902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

郡上おどり発祥祭までアト一週間。

毎年、雨に悩まされる郡上踊りだが、12日(土)の、踊り始めの発祥祭までアト一週間。

さっそく、郡上市の週間天気予報をチェックしてみた。

Gujo

降水確率30%、微妙だな。

ちなみに、去年の、郡上おどり発祥祭の当ブログをコピーしてみた。

「今年も雨の郡上おどり発祥祭。」

L1007775

さて、雨がドウのコウのと言っても、始まらないんだ、郡上おどりに雨はツキモノなんだ。

郡上踊りは、雨でもヤルんだ。全天候型盆踊りだけれど、ドームが無いのが野球とは違うんだ。なんて強がりを言ってみつつ、しかし今年は空梅雨だったのに、やはり郡上踊りが始まると・・・雨が。

今日も、カメラをぶら下げて郡上八幡をブラブラしていたら、こんな物を見つけた。

L1007727

雨が降っても、ようこそ、なんて・・・・・いかにも郡上八幡だな。

しかし、もし郡上踊りが、「雨天中止」だったらドウだろう、32夜の踊りがジューゴヤくらいになってしまったりして、踊り助平の皆さんは消化不良で悶々とするなんてコトになるのは必定で、雨でも踊るというのが郡上おどりをヒートアップさせるんだ。

L1007768

さてさて、いよいよ開幕というコトで、今のところ少し余裕の保存会の踊り部のお姉様方、ことしもどうぞヨロシクお願い致します。

L1007771

さあ、提灯にビニールを被せて、粋な脚おどりをみせとくれ。

L1007781
踊り流しが、始まって、さあ!本当の郡上の夏の到来です。

L1007804_2

郡上のみならず、他所からも郡上おどりのグループが参加して、踊り流しを盛り上げます。

L1007827

さてさて、踊り流しが、今夜の会場に着くころには、頭に手ぬぐいが・・・。

L1007828

そして、こんな団体も。まるでカルトの集会ではないのか? 確かに郡上おどりは、その熱さにおいて宗教に近いものがあります。踊る宗教です・・・なんてことを本気にしないでほしい。

さて、踊り流しが広場に入ると、郡上市長の開幕宣言です。

L1007835
市長さん、雨にもめげず、一生懸命おどってみえました。市長が踊り助平と一緒のココロでいるナンテ、とても嬉しいことです。

L1007858

さてさて、そんなコンナだけれど、雨はマスマス激しく降りだします。

L1007860

思えば、去年もコンナでした。

L1007857

時折、雨は小降りになるのですが。

L1007877

踊り助平は場外でストイックに踊って極めます。

L1007864

おっと! ノーマルバージョンのカ○ヤさんではありませんか!今年もヨロシク。

さて、カメラはこの辺にして、オイラもこのあと浴衣に着替えて、滝のような雨のなか、ヒタスラ濡れて踊ったのであります。

今日も、準備万端で出かけたのでありますが、一つだけ忘れ物がありました。

バスタオルです。

バスタオルは、郡上八幡水中盆踊り大会の必需品です。

というコトで、あくまで去年のコトですがね。

さあ、一週間、天に祈りますか。

L1012569_3

それにしても、去年も空梅雨だったのに、郡上おどりが始まったら雨だったのだな。

でも、今年は、台風一過の青空になると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

空梅雨。

L1012544

当地は、七月に入って、ようやく少し雨が降って梅雨らしくなった。

しかし、壁面の緑が、梅雨の間にコントロールできないほど蔓延る(はびこる)ってコトを期待したのだが、思ったほどの雨量ではないから。

L1012591

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

エドワード7世 戴冠式記念のアンティーク絵葉書。

L1012516

KING EDWARD VII CORONATION SOUVENIR POSTCARD POSTED 1902 BUCKINGHAM PALACE

さて、このエドワード7世の即位の頃は、昨今の携帯メールのように、絵葉書がブームで、ことあるごとに人々は、絵葉書を送った時代で、毎日何通もの絵葉書を送った。需要はシステムを作り上げるもので、当時のロンドンでは、一日六回も郵便の集配があり、前日の夕方パリで投函されたハガキは、翌日のロンドンのお宅に届いたというから素晴らしい郵便の時代だったのです。

L1012520

この絵葉書は、子供服のお店の販促品だったようだが、いかに絵葉書がブームだったかが伺われる。

L1012522

その後、電話の普及により絵葉書のブームは廃れ、郵便のシステムも後退する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

ピンクのビル。

L1012558

まったく、アノ時代といったら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

梅雨の長良川。

L1012567

岐阜市の長良橋から見た長良川なのだが、とても梅雨の時期とは思えない水量だ。

毎年、同じことを書いている気がするが、当地は今年も空梅雨で、もう、梅雨についての常識を変えたほうが良いかもね。

L1012574

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »