« オキザリス その2。 | トップページ | カラつゆ。 »

2014年6月12日 (木)

ベルエポック エドワード7世の時代風俗をアンティーク絵葉書でみる。

さて、エドワード7世(1901-1010)の時代にすっかり嵌ってしまったのだが、世紀末から20世紀初頭のベルエポック(Belle Époque 仏:良き時代)は、パリを舞台とした華やかな狂乱の時代をさすのだが、なんども書いたように、皇太子時代のエドワード7世は隣国フランスの悪場所に入り浸りで、多くの女優と浮名を流すという放蕩ぶりで、まさにベルエポックを体現した代表的人物と言ってよい。

その、エドワード7世の時代の女優の絵葉書四枚。エドワード期は絵葉書の黄金期。

L1012470

女優の服装がシャネル以前で中世のなごりを感じるが、修道院育ちのシャネルが数々の男の支援でファッション界に頭角を現し、やがてコルセットから女性を解放するファッションの大革命を起こすのはこのアトである。つまり女性がコルセットをした最後の時代で、あの、「赤毛のアン」の時代なんだ。

L1012473

絵葉書がそのまま栞になっている。

EDWARDIAN POST CARD BOOK MARKS / USED, ACTRESSES FROM LEFT TO RIGHT EVIE GREENE / MISS MABEL LOVE / OLGA NETHERSOLE / EDNA MAY. BOOK MARKS,

女優の名前それぞれを検索してみると面白い。

Edwardian musical comedies という面白いものも見つけた。

L1012474

消印 1903年 10月31日 PM6

切手 エドワード7世 ハーフペニー グリーン

まことに、アンティークの楽しみ方は無限であります。

|

« オキザリス その2。 | トップページ | カラつゆ。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルエポック エドワード7世の時代風俗をアンティーク絵葉書でみる。:

« オキザリス その2。 | トップページ | カラつゆ。 »