« ミルトニア (パンジーオーキッド)。 | トップページ | エドワード7世 戴冠式記念のカフスボタン。 »

2014年5月23日 (金)

憲法前文。

Img_9969

福井地裁の「大飯原発再稼動差し止め」の判決は、普通の市民の感覚として、ものすごく当たり前のコトだけれど、「三権分立」なんて勉強したことのない、すこし足りないお坊ちゃま君は、カエルの面にションベンで。憲法より“総理大臣”の方が偉いと思っているから、憲法は変えなくても“解釈を”変えればいいという、すこし足りないボンボンの“ヤリカタ”で、日本を戦争する国にしようという、安倍チャン戦争へまっしぐらの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

しかし、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」と憲法前文にあるが、共産党独裁という現代にあっては既に否定された、あってはならない体制の中国が暴力的思考を隠すことも無く他国への軍事侵略を進めたり、捻じ曲がった感情でしか日本に対抗できない韓国というお困りの国は、ボロボロの兵器とはいえ自衛隊の何倍もの軍隊を抱えて、北と戦うより本当は日本にガッーンと一発やってやりたいなんて思っているワケで、とても憲法前文のいう「平和を愛する諸国民」という皆様は、この国の近隣には見あたらないワケで、戦争を止めることが出来るのは戦力ではないか?なんて思って、左翼を標榜するオイラでさえ「改憲」なのだけれど。

「解釈の変更」などという中途半端な覚悟で「戦争」するなんてとんでもなく危険で、やはり戦争というのは“死も覚悟”することで、やはりキチンと憲法を改悪するという国民の圧倒的多数の意志を確認しないと、戦争を始めるワケにはいかない。改悪と書いたが、もちろん改悪で、改悪は承知で、必要悪で、しょうがないから改悪するんだが。

しかししかし、現憲法に違反して集団自衛権を行使して「あの韓国」を守ろうという安倍チャンの支離滅裂、軽薄な口先平和主義でアジアの民族感情など全く認識のない、期待ハズレのオバマにウカツに乗るわけにはいかない! が、集団自衛権をキチンと議論し、憲法を変えて、集団自衛することこそ「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」というコトではないのか。 

北が南の艦艇を砲撃し、ウイグルで中国共産党の植民地支配に人民が蜂起し、タイで軍がクーデターの夜に。

                                       なんちゃって。

|

« ミルトニア (パンジーオーキッド)。 | トップページ | エドワード7世 戴冠式記念のカフスボタン。 »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法前文。:

« ミルトニア (パンジーオーキッド)。 | トップページ | エドワード7世 戴冠式記念のカフスボタン。 »