« 岐阜市内から見る伊吹山。 | トップページ | Bose SoundDock Series III speakerで愛フォンする。 »

2014年1月 7日 (火)

「英国王室・歴史記念品でみる戦争の世紀」エドワード8世の時代。

L1010412

エドワード8世のコトは、カワイソウなくらい何度も書いたから、ナニだけれど、イギリスの王様は、ヴィクトリア女王を最後に、王様になりたかった王様なんて一人もいなかったワケで、王室の子育ての失敗ではあるけれど、王制そのものがイビツな制度で、イビツという字は、「歪」と書くけれど、まさにユガンダ制度で、いちばんの被害者は、王様に成ることを運命付けられた王位継承者だったかもしれない。

King Edward Ⅷ  在位 1936(昭和11年)

第一次世界大戦1914-1918

第二次世界大戦 1939-1945

その時代は、まさにWW1とWW2の狭間で、第二次世界大戦の前夜だったワケだ。

L1008879

エドワード8世の皇太子時代は人気が高く、道徳的保守主義の父親ジョージ5世にくらべ近代的で、若さが魅力的と捉えられていた。L1010261

彼の進歩的な交遊は、保守派にとっては、見逃せないものであり、敵国ドイツのヒットラーや「全英ファシスト連合」に、漠然としてではあるけれど共感を示すに到って、ついに退位要求がなされ、彼を擁護する政治勢力は、共産党、全英ファシスト連合、一匹狼の保守党議員のチャーチルだけであったという。

L1010262

たった327日で退位した、エドワード8世は、その日のうちにポーツマスからフランスに向かい亡命生活を送る。ドイツは、彼を将来ファシストが占領した英国の「王」とすることを目論んでいたという。

L1010321

King Edward Ⅷ Coronation Handkerchief  Courtesy anne Minns.

この間、イギリスの諜報部は、彼の電話や電報を盗聴していたことが、去年、英国公文書館の資料で明らかになり、ニュースになった。

L1010207_3

|

« 岐阜市内から見る伊吹山。 | トップページ | Bose SoundDock Series III speakerで愛フォンする。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「英国王室・歴史記念品でみる戦争の世紀」エドワード8世の時代。:

« 岐阜市内から見る伊吹山。 | トップページ | Bose SoundDock Series III speakerで愛フォンする。 »